もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よるべない心二つ寄り添う頃に 本当の悲しみがほら翼広げて

 儲として購入は義務ってことで(挨拶)

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】
(2008/05/21)
坂本真綾、鈴村健一 他

商品詳細を見る


上映館の少なさから劇場では鑑賞できなかったので、周囲の反応から内容やデキを想像するしかなかったのですが、これでおいらもやっと劇らっきょについて語れるぜ!

実を言うと一番好きな奈須作品がらっきょなわけで、劇場作品化の報を喜び半分。不安半分。それこそ俯瞰視点で傍観してたわけですが、今回視聴して不安は消えましたね。

まるで魚眼レンズで覗いたようなビル郡とかは素直に息をのむ美しさで、空の境界って作品の持つイメージに恐ろしくマッチングしている。しかも文字通り俯瞰風景なのだから恐れ入る。この背景だけでも今回の劇場化は価値があったと断ずるわけです。儲ですから。

武内絵の再現って意味ではアニメ版Fateの方が再現度が高いんだけど、劇場版にカスタマイズされた印象って感じで、これはこれで好き。むしろ、らっきょの世界観にはこっちの方があってるかもしれない。(橙子さんなんかはその顕著な例だな)

あと、限りのある時間枠の中でエピソードや台詞の取捨選択が異常なほどに巧い。残念な点は巫条霧絵と橙子女史が語り合うシーン。あのシーンは心理描写を含めて、もっと長くやって貰いたかったんだけど、まあ許容範囲かな。(絵的に動きのないシーンなんで長くなりすぎるとクドくなるって危惧からでしょうし)

本を読んだ時は、気づかずスルーしてたけど、ラストで幹也が語る"多くの人を敵に回すのが怖いから死を選ぶ"みたいな台詞は、矛盾螺旋の荒耶が全人類を敵に回しても勝とうと宣言するシーンの対比なんだね。こういった新しい発見があるのも劇場版の楽しさだなぁ。

もう完全に捕まってしまったので、全7章余さず楽しみたいと思います。彼と彼女が雪の降りしきる公園で邂逅を果たし、永遠に離別するその瞬間を幻視しつつ。



クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-クロノベルト -あやかしびと&BulletButlers クロスオーバーディスク-
(2008/05/23)
Windows

商品詳細を見る


クロスオーバー作品と言えば東出祐一郎氏を思い浮かべる人は相当数いると思いますが、本作は東出祐一郎作品である、あやかしびと&Bullet Butlersのクロスオーバー。つまり100%の東出祐一郎なわけです。
お値段フルプライス作品ではなくボリューム的には小粒なものの、あやかしびとの九鬼先生、Bullet Butlersのアルフレッド・アロースミスの後日談?を皮切りに、けっして交差するはずがない神沢市とオセロットシティの両世界が巻き込まれていく様はまさにクロスオーバー。
作品的なイメージは、東出版アタラクシアをイメージして貰えば、わかりよいかと。
本来あり得ない邂逅により変わっていくアルフレッドや、これ以上ないぐらい完璧に復讐を完遂した九鬼先生の姿が見れただけでも幸せ。まさに交錯した世界でしか成し得れなかった奇跡。クロスオーバーならではの醍醐味。

ヒロイン的にはルダ・グレフィンドの可愛らしさが異常。おまえはほんとにノーライフキングの欠片か?あと、トーニャたんのネタキャラっぷりには爆笑。ロシアン・ジョークにもほどがあるだろw

これからプレイされる方であやかしびと&Bullet Butlersを未プレイの人はプレイ必須(そんな人はいないと思うけど)、併せて小説版Bullet Butlersを読んでおくと少し幸せになれます。
スポンサーサイト
[ 2008/05/29 23:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(5)

もう夢も終わる 星くずが消える頃 ねえ、生きていると分かるほど抱きしめて

 めーめーメーデーですよ(挨拶)

とりあえずは愛ちゃんの聖水で乾杯といこうか同胞たちよ。
感涙に咽び泣き嬉ションを漏らすのはそれからでも遅くないぜ!(人としては手遅れチックだが)

まあその前に、ついカッとなって買った11eyes -罪と罰と贖いの少女-をクリアせねばならんのだが……いまだFESTA!! -HYPER GIRLS POP-で、子安キャラにカマを掘られた挙げ句、菊座を褒められるといふ、悪夢のような出来事のトラウマが抜けきらず足踏み中。哀しいけど人は過去を引きずるものなんだよね。


村上隆氏のフィギュアに16億円
 とりあえず造形から受ける感想は、すごく…おっきいです…(性的な意味で)
世間というか海外における村上隆氏のフィギュアの評価については、お化けが働いてるというか、ひとり歩きをしてる感が個人的には否めないんだけど……そんな事より、このフィギュア1体でアルターのリインフォースⅡが262725体買えてお釣りがくるわけで、それこそ安価にリインⅡを手にすることができる日本に生を受けたことの喜びを僕たちヲタは噛みしめるべきだと思うんだ。

[ 2008/05/16 11:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

どんな言葉も剥がれ堕ちて 煩脳だけに費やしてる 悲しみさえも 怠惰にかけて

 CHAOS;HEADコンプ(挨拶)
主人公きめぇーーーー!→あれ?でもこいつの発言……普段の俺と変わらなくね?→つまりは俺もきめぇーーーー!→今日は死ぬにはいい日だ(←いまここ)

しかし、まさか宮崎羽衣キャラにハァハァすることになろうとは、なんだか負けた気分だが、ナナにおにぃって呼ばれるなら負けでもいいや。その目だれの目。
[ 2008/05/09 22:24 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
04 | 2008/05 [GO]| 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。