もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

繋いだ手は離れるけど信じて きっと大丈夫 もいちど巡り逢えるまで自分らしく生きていける

 
 性暴力ゲーム規制強化へ、与党が流通歯止め検討チーム!(挨拶)
具体的な施策が発表されないとなんとも言えないけど、なにを基準にどこまで規制するかによっては大変なことになりそう。表現を規制されてすぎた創作の行き着く先は死だぜ。
そもそもがゲームだけの問題なのか?つか、規制を厳しくしたらアングラに沈むだけなので、まだ目の届く現状の方がマシなんじゃない?とか思わなくもない。まあ、今後の動き待ち。


CUFFSスタッフ日記(Gardenについてのご報告)を更新
 ようやく進展が。トノイケ氏の"あと二ヶ月、お待ち頂けたらと思います。" この言葉を信じておしっこを我慢したいと思う。


ハイクオソフトさくらさくらマスターアップ
 これ以上、流通を止められないって理由による一応のマスターアップって事じゃないことだけを祈るのみ。好きなソフトメーカーなのでサクラチルとかの感想は書きたくないから。。。


6月3日発売のSPA!6月9日号に孤独のグルメ新作掲載
 キタコレ!相変わらず五郎ちゃんは食べてるときとアームロックを極めてるときが一番輝いているな!w
しかし単行本化される機会はあるんだろうか?今回のエピソード。

スポンサーサイト
[ 2009/05/30 20:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

手にした自由で 解き放てるなら 過去も現在も恐れないから

 
 先達としてご尊敬申し上げまする候(挨拶) 
○十年後、自分もこんなカッコいいヲタでありたい。

マイナーエロゲー発掘企画「わたしが知らないスゴエロゲは、きっとあなたがプレイしている」紹介作品発表 Part1 
マイナーエロゲー発掘企画「わたしが知らないスゴエロゲは、きっとあなたがプレイしている」紹介作品発表 Part2
 僭越ながら自分も参加させていただきました。(ネトゲ友達の加奈香さんを巻き込んでまでw)
参加うんぬん関係なく、他の方の紹介作品をみて、気になっていたけど未プレイの作品や自分も紹介したかったけど、泣く泣く今回は見送った作品があって企画として大変興味深いものになってると思いますが、やはり企画発起人のへなへなさんの、"作品をプレイして、そして「お、けっこう面白いじゃないか」という感想を持った方が出てきて初めて、この企画は成功したと言えるのです。"この言葉通りだと思います。この企画が皆様のなんらかの指針になれば、参加者にとってこれ以上はない幸いかと思います。


・【感想】【ラノベ】
にこは神様に○○(ナニ)される?〈2〉 (ガガガ文庫)にこは神様に○○(ナニ)される?〈2〉 (ガガガ文庫)
(2009/05)
荒川 工

商品詳細を見る

はるはろ!マダー?(冠詞的なものなのでスルーしてください)。
年に一度周期ぐらいでたまらなく荒川工テキストが読みたくなるので、このタイミングで2巻が発売されたのは僥倖。たくみん生存確認的な意味でもw

1巻が起承転結の起と承の話だとすれば、今巻はまさしく転と結びの話。
大切な人と共に創造の力を失い、破壊の力だけを振るい続けてきた神様・あいん。同じく大切な人を失ってしまい、神様が破壊した世界の後に自らが望む世界を求めるアングルモア教団の面々。親友と思い人を失った、にこのお隣さんの城優。突然父親を失ってしまったにこ。メインキャラのほとんどが消失を経験しており、その穴を埋めようと必死に藻掻く。みんながみんな愛おしい存在の消失を受け入れ難いから、不条理に対して不条理な力を求め、失った力に愛おしい人の面影を求め、いまはもう居ない父親の背中を求める。これはそんな円環から抜け出すきっかけのお話。前に向かって進むための一歩を踏み出すお話。
それにしても、一巻ではおちゃらけキャラを爆進していた神様・あいんの心情が切ない。自分の癇癪でにこの父親・舞久を消してしまった贖罪から、にこの成長を見守る道を選ぶ。贖罪と書いたものの彼女に取っての贖罪はこれからであり、やっと自らの罪に罰が与えられるスタートライン。にこの父親の舞久が消えてしまったのはあいんの罪ではあるものの、いつか誰かが神様をこの孤独から救わなければならなかった。たまたまそれを選択したのが、この世界のにこの父親だった。泣いてる子供に手を差し伸べることに理由はいらないように、にこの父親には当然のことだったのでしょう。その父親の選択を娘であるにこが受け入れることの出来るようになるまで見守ることが、あいんの矜恃であり、彼女自身が新しい一歩を踏み出すために必要だったのでしょう。

おバカな設定におバカな日常会話かと思えば、にこのエレクトラコンプレックスに近いファザコンな心理描写やアングルモア教団面の心理描写がしっかりしており、やはりたくみんは緩急の付け方が巧い。もう普段のおちゃらけた会話すらもテレ隠しかよ!って勘ぐってしまうほど、繊細ですね。キャラクターも作者もw

[ 2009/05/24 16:02 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)

掻き消えてしまう前に わたしは誓おう 永久の愛 「ふたりで」「ふたりで」

 
 これはよいおにんにん!(挨拶)
準にゃんのせーえきだったら俺飲めるね!と軽くカミングアウトするぐらい素晴らしい。


『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン「~あなたの郵便箱にそっと恋文を~」
 そんなわけでうちもペタリ!ゆかり様の声で名前を呼んで貰えるならば……行かねばなるまいよ。だって、ゆかり教育世代だもん。


・【感想】【エロゲ】死神の接吻は別離の味
死神の接吻は別離の味死神の接吻は別離の味
(2009/04/24)
Windows

商品詳細を見る

 おるごぅる氏引退作品。まだ、ましろ色シンフォニーワルキューレロマンツェが残っているけど、メインライターのソロとしてはこれが最後。実に引退を惜しいと思わせる作品でした。
ミドルプライス作品って事もあり、全体的にコンパクトで必要最低限にシェープアップされており、それがむしろこの綺麗な物語に実によくあっている印象を受けました。そしてそれ以上に必要最低限に絞られた登場キャラの個性が素晴らしく、もはやキャラゲーと言っても過言でないでしょう。三人いるヒロインの全てが凶悪なまでに可愛いのですが、もう妹の雫の可愛らしさが異常!妹強度で言うなら56億7千万シスターぐらい。ほんと平穏だった妹業界に衝撃が走しったよ!w
自分の中ではいままで、けよりなの麻衣、さくらむすびの、Clover Pointの夜々が三強だったのですが、それを上回る妹力の前に完全にノックアウト。もう一生雫ってキャラを忘れられないぐらいのインパクトはあったね。彼女の口から紡ぎ出される言葉という言葉の全てが名言。"兄って妹で童貞を捨てるものじゃないの?""自信がないなら練習させてあげてもいいけど?""なんで?妹に童貞を奪われるのが、そんなに恥ずかしいことなの?""お兄ちゃんに女にしてもらいましたって親にも言えるし"などなど、もう雫金言集を作れる勢いですよ。シナリオ内容とか妹力で吹き飛ばしちゃってる。ほんと、どうしよう?この凶悪なまでに可愛らしい生き物w
このままいくといつまでも雫の魅力について語り続けてしまいそうなので、ここら辺で真面目にシナリオを考察。

 話の導入を簡単に語ると、"不慮の事故により、想いをよせていた幼なじみの女の子と死別してしまった主人公。年月が経ち、主人公は少女との思い出が残る土地で、"いつ死んでもいい。"そんな気持ちで日々を淡々と過ごす。そんな彼の前に死神と名乗る少女が現れる。"一見テーマ的に死生観を扱っているように見えますが、それを期待してプレイすると肩透かしをくいます。死生観を語る上では、美しさも醜さも合わせた清濁が不可分でどちらかに偏りすぎるとリアリティのなさから薄っぺらい印象を受けてしまいがちになりますが、この作品の場合はあえてリアリティを追求していないと思います。極力世俗的な生臭さを排除して、物語り的美しさを追求することに重を置いてる作品。それこそお伽噺のように。そこら辺を特化してるのが琥珀シナリオで、ほのかと雫シナリオは死者に縛られている生ける死者のような主人公を救う方向のお話。もう居なくなってしまった大切な人を忘れなくても人は幸せになれることに気づく話。生者が生者を救うお話。対して琥珀シナリオはというと、以下完全ネタバレなので隔離で。
[ 2009/05/19 13:50 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

届け、さあ 背伸びして うたった歌は ほら みんなを結んでる

 
 マビノギ四周年イベントのダーツばっかりやってる(挨拶)
景品でイベント限定の装備が入ってるかもしれない箱を貰えるわけですが、運がないのか何個開けようとも一向にゲットできません。ギルチャでギルメンからレアをゲットしたといふ報告を聞くたびに、おめ~と言いながらはらわたが煮えくり返ってる自分の狭量さに自己嫌悪……するわけねぇーよ!俺にもレアよこせよ!ゴラァ~!(最低人間)
まあ、ここの人も似たようなものなのでよしとしよう。


RococoWorks『airy[F]airy (エアリィフェアリィ) 』ページキャラクター紹介(2)
 笛氏のキャラ絵は置いとくとして、ストーリー紹介の戦いに大敗すれば世界から火曜が奪いさられてしまうってなにがなんやら全然わからない。つーか奪われてもあんま困らなくね?w


・【感想】【アニメ】
紅 kure-nai3巻アニメDVD電波的な彼女付予約限定版(DVD付) (ジャンプコミックス)紅 kure-nai3巻アニメDVD電波的な彼女付予約限定版(DVD付) (ジャンプコミックス)
(2009/05/01)
原作/片山憲太郎・漫画/山本ヤマト

商品詳細を見る

 まあ紅の単行本の感想は置いておいて、電波的な彼女の感想を。
原作を読んだのが大分前なのでけっこう忘れてることも多かったけど、概ねイメージ通りのデキかと。つーかOVAって媒体なこともあるけど、紅のTVA版よりもクオリティは格段に上だと思います。展開的に多少駆け足なところがあるものの、押さえるところはキッチリと押さえてる作りだし、背景などの美術関連にしても、電波的な彼女全体に漂う退廃的なイメージを巧く表現出来ているのが好印象。
キャラ的にはちょっと雨が可愛らしすぎるかなと思わなくもないけど、広橋涼嬢の好演もありこれはこれでいいかなと(個人的には前髪でバッサリと瞳を隠してる野暮ったいバージョンの雨が好き)。ひとつ残念な点を挙げるとしたら紅香ママンのシーンが丸ごとカットされてることかな。まあ、代わりに短いながらも雨の妹、光が素晴らしいシスコンっぷりを披露してるし、これは久々に続きを期待できる作品。12月に発売される続きが実に楽しみ。

[ 2009/05/10 21:59 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

いつか叶える物語 映し出す 二人を結ぶプリズム

 
 いつの間にやら一ヶ月ほど時間跳躍をしてしまった。(挨拶)
まあなんだネトゲとエロゲばっかりしてる。GW?ネトゲとエロゲばっかりしてた。つまりいつもと変わらないルーチンワーク。


マイナーエロゲー発掘企画「わたしが知らないスゴエロゲは、きっとあなたがプレイしている」
 そんなわけで自分も紹介してみようかなと思う。どちらかと言えばマイナーってほどの作品ではないかもしれないけど、不思議と企画を聞いた時に思い浮かんだのがこの三作品だったので、本能にしたがって挙げてみました。


ワンコとリリー 通常版ワンコとリリー 通常版
(2007/03/23)
Windows

商品詳細を見る

 これ以上長くても短くてもダメな気がする絶妙なバランスで作られており、ロープライス作品としても実に素晴らしい作品だと思う。
端的に物語を説明すると、"幼馴染みのお姉さんと一緒にペットを散歩させる1日"。この一行で書ける内容でありながら、きちんと作品として成立している。エロゲの通常構成が日常の積み重ねによる物語の構築だとすれば、これは日常だけを切り取った物語。たまたま幼馴染みのお姉さんとペットと散歩して、たまたまお互いが抱いていた好意が溢れて、たまたま結ばれる。何気ない日常の中での、何気ない特別な出来事。シナリオライターであるトノイケ氏特有の見えないところで蠢いている怖さ(さくらむすびにおける桜のお化け)みたいなものは、なりを潜めて、ほんとにふわふわと甘い綿菓子のような作品。まあ、ペットの犬たちが人の姿をしてる歪みはライター的矜恃なのかも知れませんが、そんなことを考えながらこの箱庭世界を堪能するのも一興。


とっぱら ~ざしきわらしのはなし~ 通常版とっぱら ~ざしきわらしのはなし~ 通常版
(2008/11/20)
Windows

商品詳細を見る

 比較的最近の作品でもありマイナーってほどマイナーな作品ではないかもしれませんが、もっと評価されてもいいんじゃないか?と思い、挙げました。
エロゲで妖怪というモノを民俗学的な見地からみてもしっかりとした設定で描いてるのは珍しいと思います。この作品の評価が分かれるところは、導入時の主人公の言動とかにムカついてプレイを止めてしまう人が多いからかもしれません? 事故により両親を失い、導入当初は鬱病に近い主人公が、妖怪たちと触れ合うことにより立ち直っていく、主人公の成長物語としても素晴らしい作品だと思います。少しもったいなくも思いますね。きっとこの作品は離別と再生の物語で、新しい一歩を踏み出すための話なんでしょうね。主人公と彼女らのような関係、あり方が、きっと後世で伝承とかの形で語り継がれていくのでしょうね。それこそ親が子に語る御伽噺のように。
それはさておき、登場ヒロイン(一名を除き妖怪)みんながみんな可愛らしいのが素晴らしい。特に 佐本二厘嬢が演じる影女の美影さんの可愛らしさが異常。こんな影女ならやもめ暮らしの自分のところにも来てくれよ!と切に願ってしまう。キャラクター的に魅力的なのもこの作品をお薦め一因。


ネコっかわいがり!~クレインイヌネコ病院診療中~ネコっかわいがり!~クレインイヌネコ病院診療中~
(2006/02/24)
Windows

商品詳細を見る

 すでにロットアップしてる作品でいまから入手しようと思ったら、若干辛い作品かもしれないですが、埋もれてる名作って意味では、個人的に一番押したい作品ではあるので挙げさせてもらいました。
……と、言ってもお薦めな理由を書いてしまうと、ネタバレ無しには語れないので扱いが難しい作品ではあるんですねどね。とりあえずはALLクリアをしてくれとしか言えない。イメージから受ける印象と、実際プレイした後の感想では、甚だしく一致しない作品なので、ある意味詐欺ゲーだと言えますが、精一杯の優しさに包まれた詐欺だと思います。ほんとにやさしい幸福の王子とツバメの物語。

参考までにプレイ前にはオスカー・ワイルド幸福な王子を読んでおくと幸せになります。またニコ動などでED曲を聴くとネタバレ食らうので、注意した方がいいです。
そしてプレイ後には、必ず後日談の『WHAT A WONDERFUL WORLD』を読まれることをお薦めします(注:極めてネタバレな内容なので未プレイ者は読まれない方が絶対にいいです)。むしろネコっかわいがり!と言う作品の本編はWHAT A WONDERFUL WORLDに集約されてる言っても過言ではありません。
もしこれを期に気になったアナタがプレイされて、いい意味で欺された!と言ってくださるのなら、これに勝ることはない幸いだと思います。


[ 2009/05/08 17:20 ] ゲーム | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
04 | 2009/05 [GO]| 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。