もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)
月別アーカイブ  [ 2009年09月 ] 

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

縛られ囲われ飼われて喰まれて 抗う切なる自由よ

 
 重大発表はxbox360版Phantom~Requiem for the Phantom~のようで(挨拶)
TVA版キャラデザでTVAの内容をコンバートした内容になる模様。虚淵氏インタビューでTVA版EDを救いのある形に変更したEDを挿入したいとのこと。。。

                         `i=i"
                   , ィ''"´ ̄`丶、
                  ,イ'′      ゙ti、
                  ,'::'           l::',
                 ,'::j 、 ,, _,_ ,, 、 t::l
                ミ:::l 丶、 、,i i ノ  ,ィ l:ヒ=
                7^il! 、=。ゝ,ソ ヒィ。´ァ,リ^l
                 {Ul、 `゙゙゙ソ'i トヾ゙゙´ juノ
                    ゙iフi::..  ,, ,、_j〉,, ..:Hフ
                 , - ト、''"7'-‐-ヾ`''/ l}`丶、__
              , -''"  {} l丶 `'=ェ='´,イ l {}   ,, -`'ーrrァッ'^ミヽ、 __,,ィ彡丶、
          _,∠.:' ‐-、 {} j `'; ‐┸ ;'´/ l.{}    '⌒,ィシ"   `` = "  `ヾ
         ,ィ"´_, ''"^`'" ゙7 ヽ{}   ヽ    /  {}  ,ノィfr''"
       /=キ=    ili /  `{ト- 、〉、 ,〈_,, ィi}''"´  ||||
      ,/   _,,  --く、_,ノ} ヾ、、    _,..ィ″  ..||||   `フ   ┼ ゝ
      ハ /       ヽイ   丶ニ二ニ ,ノ      ||||   '"て`  く!⌒)
      l У ,        ',ヽ   ''::..、   ..::...     ||||   _l_,、  ,   、
      ∨ /  .:.    ::.ヽ`ヾ、、 ':::..、 .:: :'''"    ||||   ,/| し  レ  ノ
       {ノ :. i     ::..丶  ヽ、、   .:: '     ヾゝ、   _、   ┃
       ヾ::./ l,  ,Lr=     ヾ ''         ///   ん    ・
         l l  Vァ'´     ,r-、 ヽ、_       ///   ┃┃
 _, z==ミミ、,ヽ! ,メヽ   ,r┬- ' l l``ヾ、、   ` '' ::::〈〈〈     ・ ・
"´      `ヾミ三三三〈 l !  /' ', ヽ `ヽ、`X, ,ィ ヾ.ヽ、
              ヾヽl, ', Y     l .: 、`ヽ、-メ、.:: ヾ.ヽ、
              ヾヽ   l ,、  , l.:/ 丶、, \ jヒ ,.::ヾ.ヽ、   _,, -- 、、
        〉      ヾヽ  l }=三={ l::.:.:.:.:.,ッ'" ヽiL .:'  l>ミ彡三== '^' ==ミ
        /        ヾヽ ', 〉  〈 l::.:.:.:./   ,}リ .: x l{、 ヽ、
      _/          ヾヽ,l     l―┴ 、  ,' .:.:i:.: ノノ>―ゝ、
                //-イ      l:.:   i,  l  _,r=ァノ'"フ亡) >、、
      ヽ   /      //、:./゙i ,ィ=v l:.:    l, l二ニ彡"  /´ O ゚ 。\
        /       //__/ l l___j ,!:.:    'l_ノ三彡'ry '"(フ (} (ノ,rァ'"Jヽ、
      `゙´       〈〈,-/  ヽ _ ノl.:     l, しイ>'"r') r:、 ,-vケ (ノ,ィi"__ヽ
                ヾV    l::: ::::l      l, x'´0 "ο`"イ´rュ‐'" , -'ー'´
      ┃ ┃      ヾヽ     l::: ::::l      l,{ノ , ィラ-くア!TT~´Yフ /´),ィ
      ┃ ┃       ヾヽ    l::: ::::l       'i, `"(__ノ  /^i ,.. 、 し' (_
       ・  ・        ///    l::: .::::l       'i, fヽ (コ ヽノ {_)r-、 rt
               //     l:::. :::::!       'i, lノ r=ュ (ニ) ,、`ニ、ヽ)
             //       l:::...::::l        'i,  r`、ー' ィーヘLl く_ノ ,r
ミミ、_,,. -=三=‐ .、__//      l:::::::::::l         i, ヾ_) ○ヽ.ノ  (> r、ヾ
 o  ヒフ (二)   ,{三三三三三'`ー一'三三三三三三},  〈⌒) O o 0 ,ニ、、
)  ゚  y^ヽ ο   ,{三三三三三三三三三三三三三三'},    ̄ ο,、  {  `
  Y⌒ヽ`ー"     {,三三三三三三三三三三三三三三,}  (_) ⊂)ヾX),べ' ―'
ー、`'―'′rァ_,,ノ  { 三三三三三三三三三三三三三三 }  tぅ (フ (ヽ rュ ,:'")
  ``ー-くフ て)    ' ―────┰::::┰────── '  {  ) O r、 くフ(二)
      `丶(二ゝ、         `― '              rュ  し' r-、 r、


思わず南蛮語でダメ出ししちゃったよ…そんな気遣いするぐらいなら最初からTVAでやれよと……
今更そんなこと言われても、納得出来ないなら、納得できる材料を提供するから、お金出しなさいと言われてるようにしか思えない。。。


映画「私の優しくない先輩」ティザーサイトオープン。
 どうしてこうなった!どうしてこうなった!(AA略)
いや…こっちが聞きたい。なぜ日日日で、なぜヤマカンで、なぜはんにゃで、なぜ高田延彦なのか?
迷走してる企画といえば企画だけど…ヤマカンは自主映画制作の経験があるみたいだから、どんな絵になるか出来には興味はあります。


舞子海岸迄五分さんベン・トー漫画 009
 「槍水×佐藤」なら断然「著莪×佐藤」派なわけですが……個人的に本命は「美乳茶髪狼×佐藤」派なわけです。ど本命は筋肉刑事w


指で口をこじ開けながら「おしっこ飲ませて」と女児に懇願
 活動地域も性癖も一致するからと言って……俺じゃないから!!! みんな裏で口を合わせたように自首しろッ!ってメールを送ってくるのは止めるようにorz


スポンサーサイト
[ 2009/09/30 14:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

でも そんなんじゃ だーめ もう そんなんじゃ ほーら 心は進化するよ もーっと もーっと

 
 うふふふ……もはや俺たちとCUFFSとの我慢比べ!(挨拶)
さあ僕たちが根をあげるのが先か、CUFFSが根をあげるのが先か勝負です。それにしても数週間ってまたえらいアバウトな……9週間でも数週間ですよと(箱庭世界の時間は揺らいでます)。


ラブプラス同人誌 「吹き出しに名前を書いて、自分だけの同人誌に!」
 鬼才現るッ!!!!
ちなみにエロゲプレイが忙しいので、愛花とは別れましたw(さよならラブプラスw)


・【感想】【漫画】ユーベルブラット 10
ユーベルブラット 10 (ヤングガンガンコミックス)ユーベルブラット 10 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/09/25)
塩野 干支郎次

商品詳細を見る

 古今東西復讐劇というジャンルは多くの作品があり愛されているジャンルのひとつである。復讐者といってもパターンはいくつかあり、もう怒りしかない修羅道タイプ……初期ベルセルクのガッツ、鬼哭街の孔濤羅(コン・タオロー)、Dämonsのヘイトなどがそのタイプ。対して怒りと同じぐらい悲哀が混じっているタイプが本作の主人公であるケインツェルであろうか。
復讐心に突き動かされているとはいえケインツェル自体は復讐者となるには優しすぎる人物。復讐の対象は自分と盟友達を裏切った憎い敵であると同時に、かつては同じ目的の元に苦楽を共にしたこれまた盟友。かつての友に復讐をするという相反する思いの狭間で揺れながらも、その心を押し殺して復讐を遂げようとする。この心の機微が復讐モノとしての、この作品のキモであり面白さであると思う。そしていつの時代も僕たちはこの復讐者の憤怒に悲哀に魅せられる。
で、この前置きを持って10巻ともなる長編になってくると、復讐だけではなく色々なしがらみや人間関係が産まれてくるのですよ。復讐を果たすまでは死ねない、だから今を生きる。今を生きるということは復讐というソリッドな感情だけでは成り立たない。どれだけ他者と断絶しようともしても人は一人では生きてはいけないのだから。今巻におけるケインツェルとイクフェスとの闘いがその極みといえるエピソードといえるでしょう。ケインツェル同様に盟友の罠に嵌り非業の死を遂げたクファー。ケインツェルはクファーの仇を討つためにも復讐をしているのに、その息子であるイクフェスと闘わなくていけない複雑な胸中。息子を頼むと言った友の遺言、そしてそれ以上に次期刃匠と称えられるほどの剣士と闘えることに対する、純粋な剣士としての喜び……それこそケインツェルから一瞬でも復讐を忘れさせるほどの昂揚。この愛憎が複雑に絡まる展開はダークファンタジーの名にふさわしいと言える。

最大の復讐相手であると思われた、グレン侯が前巻であっさり死んじゃったので(ホントに死んだかどうかは怪しいけど)、ちょっとケインツェルの復讐心が薄れてきてる感じはあるのだけど、状況としてはまだまだ一波乱も二波乱もあるだろうからテンションを下げずに読み続けていけそうである。


[ 2009/09/29 15:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

邪に魅入られたら  真っ逆さまに 堕ちよ 蛇の谷深く 悦びはうららに

 
 ファントム最終回視聴……誰得?(挨拶)
積み上がった積み木の城を崩すのが愉しいのは崩す人だけあり、積み上がった城の完成が見たかった鑑賞者にとっては残念感しかない。

作品誕生から10年、もはやファントムという作品は関係者だけのものではなく、多くのファンの血肉となって昇華された作品なのに、お構いなくの凌辱である(これは他の原作あり作品にもいえるけど)。
つかカタルシスを得たいなら一人でドミノでも作ってひっそりと過ごしていただきたい……他を巻き込むなと。

まあこれはゲーム版の翻訳としてのTVAというメディアにおいてのひとつの解釈ですって言えばそれまでですけど……ヘボ翻訳だなと言わざる得ない。ファントムのテーマはそんなところにはない。世間の意見をみても圧倒的批判しかないってことは、皆さん思ってることは一緒であり、この最大公約数的意見に逆らう展開を魅せたいならば覆せるだけ説得力をもって挑まなければならなかったって話。安易に玲二を殺して驚かすなんてやり方は稚拙としかいいようがない。つか単にKYとしか言い様がない。
一ファンとして悲しくて悔しくてやるせなくてならない出来事でした。


[ 2009/09/28 21:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ひそひそふわふわ きらきらどきどき 指きりしてね ささやくおはなし

 
 伝奇系触手バトルADV…すいませんわかりませんw(挨拶)
タイトルと雰囲気からサイコ系の触手凌辱系かと思ってたけど、どうやらバトルロイヤル系伝奇バトルな模様。八組の≪触手姫≫ってことはオーガスト以外にもいるということで、ネーミングが気になるところ。流れ的には著名なクトゥルー作家かな。


・【感想】【ラノベ】絶対女王にゃー様
絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)絶対女王にゃー様 (ガガガ文庫 し 1-4)
(2009/09/18)
J・さいろー

商品詳細を見る

 あらすじ
●にゃー様のプロフィール●おしごと:絶対女王様/出身:ないしょ/年齢:12さい+?/必殺技:けつバット/第一武器:スパンキウスの杖。
『にゃー様の宮殿』は、にゃー様のお言葉をいただきたい奴隷たちの集う宮殿です。チャットルームの目的外使用、およびリアルでのお誘いはご遠慮ください。
宮殿には三つの掟があります。厳守してください。一、にゃー様の前では絶対敬語。二、にゃー様の御意には絶対服従。三、にゃー様の前では絶対全裸。
ゆうことを聞かない奴隷さんのおしりには、にゃー様必殺のけつバット炸裂です☆


 はい、このあらすじのくだりだけで勘の良いJ・さいろーファンならお気づきでしょう……すなわちなにも嘘のない、いつも通りのJ・さいろー作品だと言うことがw
とりあえずガガガ文庫じゃなくて二次元ドリーム文庫棚に並べた方がいいね。直エロはないけど仮想セックスみたいなもんだし。いやエロいのも、いつものJ・さいろーだけどw
ストーリー的には不登校の幼馴染み(香苗)の日常を調べていくうちに、にゃー様というネットアイドルがいるHPに辿り着いた主人公(輪玖)。絶対女王であるにゃー様に翻弄される日々を経て、自分でも接しかねてた幼馴染みである早苗に対する接し方を決意する様を描いているのですが……やっぱりJ・さいろー氏の書くティーンエイジは生々しいというかなんというか…座りの悪い感覚と青い春的清涼感の混じった清濁を併せ呑む作風だなぁ。この濁の部分が若干増すと、きづきあきら作品みたいな感じになると個人的に思っていますが、それはまた別の話。

個人的にはラストの輪玖が早苗に対して行った公開処刑は屈指の名シーンだと思う。相手を殺すつもりなら自分も殺される覚悟で挑まなければならないとは、刃牙がアライJr.に対して言い放った名台詞の意訳ですが、それを地でいってる素敵エピソードです。
どうやら二巻もあるみたいなので、この先の展開が楽しみでではある。今のままだとちょっと甘酸っぱいローティーンモノなわけですよ……あくまでJ・さいろー氏の真骨頂はジュブナイルポルノだぜw
1巻にて早苗の欲しいモノは与えてあげたので、さあ、あとは殴りたい放題です。虎眼流奥義"星流れ"の口伝にもこうあります……

もし弱めんと欲すれば
まずは強めるべし
もし奪わんと欲すれば
まずは与えるべし
而して
もし開かんと欲すれば
まずは
蓋をすべし!


二巻に登場するとあとがきで言われてる物語に欠かせない歪み女子共々、にゃー様、輪玖、早苗、結華といったキャラ達がどこに着地するのか全く展開が読めないので、実に展開が愉しみであり、久しぶりにJ・さいろー氏の抜き身の刀ようなケレン味が味わえて満足。


[ 2009/09/27 22:08 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)

そう ニーソの上から スカートの下まで あなたのものだよ

 
 今日でSWも終わりとか……(挨拶)
気づけば……エロゲとネトゲしながら漫画・ラノベを読むだけで終わってしまったのは、いつものルーチンワークすぎて予想通りすぎる。
といってもエロゲ消化の方は進んでるわけでもなく、eden*が終わりDistance -ディスタンス-に取りかかってるところ。恋文ロマンチカそらいろはまだ手も付けてない……今週末にはハルカナソラ夏ノ雨Nega0があるのにどーしよう。タスケテ~落とし神。


・【感想】【ラノベ】Re:SET 想いと願いのカナタ
Re:SET 想いと願いのカナタ (GA文庫)Re:SET 想いと願いのカナタ (GA文庫)
(2009/09/15)
月島 雅也

商品詳細を見る

 ふむん…ループモノにみせかけた平行世界モノ。
読み始めて速攻オチが読めるのは、ちょっと正直に書きすぎだと思う。序盤の仕込みはもう少しボカして書いた方がラストのカタルシスに繋がるんだけどねぇ。オチに対してのヒントがあからさま過ぎて、そのわざとらしさが文体そのものに違和感を与えてしまってるのは失敗しちゃってるとしか言い様がない。

"恋には二タイプあるそうだ。
 気付いたら落ちているタイプと、出会った瞬間、一発で落ちるタイプ。"


この文句から始まる2パターンの恋をヒロインを変えてやる、ある意味ギャルゲ・エロゲ攻略の様式美。そして2キャラのルートが終わったら解放される真ヒロインルートである解決編、ほんとにゲーム的展開だと思う。ループモノ・平行世界モノ自体は新しいものとはいえないけど、恋愛ゲーム的な感覚って試しみは面白いし、ゲーマー受けもいいとは思う。実際のところ主人公が恋に落ちてヒロイン達を攻略していく過程は巧みでヒロイン達も実に可愛らしい。特に二章のヒロイン御影の可愛らしさは異常で、その神速のツンデレ展開に、御影かわいいよ!かわいいよ御影!といわざる得ない。構成的に一冊の本に三つエピソードが入ってるといえるこの尺で、それなりに納得できる恋愛展開を描ける手腕は素直に賞賛いたします。

それ故に真ヒロインであるところの3人目の彼女のシナリオがもっとも薄いのが残念でならず、画竜点睛に欠く片手落ちとしか言い様がない……典型的な尻すぼみ作品。終わりよければ全てよし!とまでは言わないけど、やっぱりトゥルーエンドにはそれなりのモノを求めてしまうのが人の世の常ですよ。

まあ苦言ばっかりを言いましたけど、デビュー作って事もありますし、1・2章の恋愛展開は個人的に好きなので、次作に頑張って欲しい作家さんですね。
この作品の場合、一応は完結してるけど、お姉ちゃんやメロディアと言ったキャラを使えば舞台を変えて続編を作れそうですし、素直にSF(少し不思議)系恋愛モノを書いても面白そうな作品を書いてくれそうな予感はあります。


[ 2009/09/23 09:08 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)

誰かのために生きる 逃げの口実(いいわけ)したくなかった

 
 冷静になって考えてみると、コレ文庫版ってことか……(挨拶)
どうも自分は元長柾木と聞くと居ても立ってもいられなくなり冷静さを欠く…もっといっぱい仕事してくれればなぁ……元長せんせぇorz


・【感想】【ゲーム】eden* They were only two, on the planet.
eden*eden*
(2009/09/18)
Windows

商品詳細を見る

 元々、鏡遊氏は淡々とした文章を書く方で(御影氏もそうだが)、efなんかもそんな印象を受けましたけど、eden*の場合はミドルプライス作品って尺的なこともあり極まったかなと。もちろん尺だけではなく意図してのこともあるだろうけど、恐ろしくプレイヤーに行間を読むスキルを要求する作品。へうげものの古織様の言葉を借りるなら、目を凝らさなければわからない恐るべきわび数寄の要塞。額面通り淡々と読み進めれば、美麗なグラフィックにムービー、心地よいBGM、無駄を廃したテキスト、あっという間に雰囲気ゲーの完成ですよと。

基本の展開は難病モノ作品の亜種と言える。滅亡が約束された地球を捨てて脱出する計画の要となった少女(シオン)とその護衛の任につくことになった青年(亮)との物語であり、死期の近づいたシオンの外の世界をみたいという最期の願いを叶える物語。難病モノの亜種と言ったのは、シオンに寄り添い続けることは、滅亡する地球に残るということで亮にとっても死を意味するということ。
それらを下敷きにテーマは死生観なんだろうけど、死生観って言い切ってしまうにはなにか憚られる気がする。んじゃ何よ?と言われたら解らないので今後の課題ってことでw(むろん死生観には違いなんだけど、narcissuシリーズのような死生観の中にある自己愛みたいなものをeden*の中に見つけ出すことが出来なかった己に対するもどかしさ)。

淡々と言いましたが、ほんと今作は極まってると言いますか……ぶっちゃけやり過ぎ感はある。骨子にある地球滅亡もほんと滅亡するの?ってぐらい実感がなく、軍や宇宙移民反対派なども名前は出てきてもストーリーにさほど影響を与える展開でもない。まさに地球で最後の恋物語という謳い文句であるシオンと亮の物語を魅せるために設定として存在してるだけの妙。ここら辺は高橋しん氏の名作である最終兵器彼女に似てるといえますね。作中で人類は何と戦ってのかもわからないし、なぜ滅びなければならないのかもわからない、全てはちせとシュウジの恋物語を描くことだけに終始してる。最終兵器彼女の最終巻巻末の作者コメントで高橋しん氏は"二人の恋だけが、全てです。正しい正しくないなどは、意味を持たないし、リアリティーなど、ただ、それのためだけにあればいい。"と、述べておりましたが、eden*の場合もそうなんでしょう。そこにプレイヤーの想いや意志が介入する術はなく、受け入れるか受け入れないかだけである(もしこの作品がフルプラス作品としてリリースされていたとしても、これは変わらなかったと思います)。
もちろんeden*と最終兵器彼女は違う作品ですし、最終兵器彼女と違いeden*はこの先も人類は存続し続ける。終わりを約束された二人の蜜月も、生きて宙へと飛び出す人達の想いがあってこそ。その象徴がラビィであり真夜の存在。亮と精神的・設定的に近しい人物として、贖罪を抱えて宇宙という新天地が広がる未来に進む象徴がラビィであり、シオンが護った人類の未来の象徴としての存在が真夜。もう居なくなってしまった大切な人達と、未来へと進んで行く大切な人達の想いが交差して生まれた場所があの楽園であり、それらの想いが昇華され、二人の胸の中にある決して消せない思い出の風景こそがタイトルの示すエデンなんでしょうね。(極めて神的存在が語られないこの作品において、アダムとイヴのエデンの園伝説を当てはめると……神に見捨てられエデン(地球)を追い出された人類みたいな妄想が頭をかすめて怖くなったので以下検閲w)。

まあ、そこら辺の設定の淡々さは個人的には問題にはなりませんでした、どちらかと言えば物語的な精神的交流の淡々さの方が問題と言うか……ぶっちゃけ描写不足ですね。特に研究所編は駆け足すぎて感情移入できない。かつて失ったものを取り戻そうと軍隊に入り、自らの手を血に染め、いつしか目的を見失い、手段が目的になってしまったのが冒頭の亮の姿でしょうか。そんな彼が孤島の研究所任務でシオン、エリカ、ラビィ、少佐といった登場人物とふれあい、無くしてしまったもの取り戻したかったものを思い出す描写が決定的に少ないので、いくら死を間際にしたエリカの願いであり時間的余裕が無かったとはいえシオン脱走を積極的に推し進める姿に唐突感を感じる。たしかに展開的にはこれっきゃないと言えば無いんだけど、もう少しねぇ……。同じくラビィの心情や精神的なモロさを語るにも尺的なものが圧倒的に足りてない。欠落をわざと作って行間を読ます手法にも限度ってものがあるよねぇw

エリカと少佐については、これで良かったというか…二人とも終わりを約束されてしまったいたキャラなので。些か悲しくはあるけども、エリカには時間が、少佐には取り戻す彼の物語というべきものがもはや無い。故にシオンと亮は二人にとっての希望であり、為し得なかったものに対する願いだったのでしょう。

それらの事を踏まえて、二人が辿り着いた先である亮の故郷での暮らしは大変に美しい。シオンにとっては夢見た世界、籠の鳥として飛ぶことを許されていた研究所とは違う広大な世界。机上だけではけして知ることの叶わなかった本当の世界。亮にとっては、かつて護れなかったものの代わりだったものがいつの間にか代用品ではなく、本当に大切なものへと変化していく日々。緩やかに流れていく変わり映えしないけど、どれ一つ同じではものはない大切な毎日。依然として滅びの影は迫り来てるし、離別の瞬間も刻一刻と近づいてきている。だけども此所だけは永遠であり楽園であるような錯覚すら覚えるほどに美しい。

さて、この作品の中核である"地球で最後の恋物語"というキャッチフレーズを決定づけることになる起承転結の転にあたる出来事が、蜜月をすごす二人の元に現れる真夜の存在。個人的にゲーム発売前の事前情報をまったく仕入れてなかったこともあるんだけど、情報規制されてたのもあり、まるでefの羽山ミズキを彷彿させる(ミズキほど無敵で手に負えないトリックスターではないけど)真夜というキャラの存在には意表を突かれた。なにかしら魂的なものが摩耗してるところのあるeden*キャラ達の中で真夜だけが瑞々しい。その明るさと圧倒的な未来への可能性の姿はある意味白々しく、それ故に眩い生の息吹を感じる。なんだろうねぇ、このエグイ対比は……minori作品のツインテキャラにかけられた祝福という名の呪いか?失礼ながら、もんどりうって爆笑してしまった(たしかに対比としては効果的だけどエグすぎるわ)w
閉話休題……真夜はシオンにとって自分が護ったこれからの未来を生きていく人類の象徴であり、100年をかけて己がやってきたことが決して間違いではなかったと教えてくれた存在。亮にとっては地球脱出のタイマーであり、シオンと共にこの星の最後まで寄り添う決意を固めるための起爆剤(彼女の真の役割は未来において、その物語を語り継ぐことではあるけど)。

真夜の登場はシオンに護るべき人の中には亮も含まれており、自分の願いを叶えてくれて、ずっと傍に寄り添っていてくれる愛しい人を自分につき合わせて死なせてしまっていいのか? 彼は未来を生きていくべきだという思いと、離れたくないずっと一緒に居たいという相反する思いを自覚させる。その思いから一度は亮に地球脱出を促すほどで、シオンの願いを叶えることが最優先プライオリティである亮はそれに同意する。この時点では亮にとってシオンの願いを叶えることは、幼く無力だったが故に護れなかったものに対する後悔、命を賭けてこの穏やかな時間を作ってくれたエリカや少佐の想いに対する義務、それに自分が殺めてきた命への償いからもあったのでしょう。いや、とっくにその思いは変容しているのだけど、気づけてないだけであり、その証拠が夢でエリカに叱咤激励されるシーン。夢とは願望であり、本人すら自覚できていない心の奥を映し出す鏡。エリカの口から紡がれる言葉は亮自身の言葉であり本音。シオンの願いでもなく、他の誰の願いでもない、亮自身が最後までシオンと共にありたいと願う。この瞬間でしょうね、この物語が"地球で最後の恋物語"となったのは……。

この亮の行為を自殺と咎めることはできない、生きていればきっと…なんて誰が決めたことか? 誰が保証してくれることか? 大切なのは今この瞬間に抱いている想い。彼女の最期の瞬間まで傍で寄り添うこと。そして彼女が居なくなってしまった後も、彼女が愛した楽園で最後の瞬間まで精一杯生きる。シオンが死んだ後に、鶏が卵を産んだエピソードに代表されるように、まだこの惑星は生きているのだ。だからこそ彼は彼女に対してそうしたように、この惑星と最期まで寄り添い生きていく、自分と彼女の愛した楽園はまだ生きているのだから。それこそが彼が己の人生でようやく見つけた本当に守りたいもの。彼女と過ごした日々と場所が楽園であり続けるための彼にとって唯一の方法。
プシュケ(魂)の象徴たる蝶が乱舞するこの作品のOPムービーは、鎮魂の様相ではなく、いかように魂が流転しようが決して消えない楽園の記憶の象徴だと思いたい。

18禁の方のPLUS+MOSAICの方を少し語ると、ぶっちゃけ要らないともいえる。要らないと言うよりはシオンはあった方がいいけど、分割販売するほどのものでもない。個人的に亮とシオンの結び付きに、より精神的強固さを求めるならば、肉体的結合は効果的だとは思うのだけど必須とまでは言わない。他の三キャラについてはねぇ……この作品でそんな生臭さを醸しだされても困るって感じはなくもないw

若干長くなってしまったけど、最後に最終兵器彼女の最終巻巻末で高橋しん氏が語った言葉で締めたいと思う。(この作品を顕す上で、これ以上に最適なものが浮かばなかったので)。

ハッピーじゃないけど、不幸せじゃない。
正しくなんてないけど、間違ってない。
救いはないけど、記憶とその先だけはちゃんと、ある。


まさにこれが全てだと思う。


[ 2009/09/22 06:00 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ボクの背中を押す 愛しきぬくもりに 希望のウタで応えたいよ

 
 僕らのテスラガール全死たんが帰ってきた!(挨拶)
1、2巻同時発売であり、飛鳥井全死、荻浦嬢瑠璃といった元長ファンにはなじみ深いキャラ達がついに全面戦争に踏み出すとなれば期待せずにはいられないッ!
全人類を巻き込んだ見えない戦争の始まりを、断絶の祈りの果て、最後のGenesisを越える思いで待ちたいと思う。


・【感想】【エロゲ】Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~
Trample on Trample on "Schatten!!" ~かげふみのうた~
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る

 今年のエロゲ業界は元気があって大変喜ばしい限りなのですが、熱さが足りないと思っていました。そんな折りにこの作品に出会えたことは僥倖。2009年暫定No.1熱血作品であり、細けぇことはいいんだよ、とにかく滾れよ!と、潔いぐらいカッコ熱いモノをストレートに作ってる姿勢には敬意を称したい(まあ問題がないかと言えば、良く言えば熱いんだけど、悪く言えば大雑把ではあるんですけどね)。

基本的には変身ヒーローものであり、主人公である愛作の成長物語。様々な壁や悲劇による消失に挫折して絶望しても最後には立ち上がる。タイトルのかげふみのうたのごとく心の影を踏みしめて前へと進む人の強さと決意。それこそがヒーローをヒーローたらしめる条件であり、昨今の特撮作品ですら見失っている本質をまさか18禁の本作で魅せてくれようとは思いもせなんだ…これだけでもこの作品は拾いものだったと思います(挫折からの脱却を丁寧に描けているのも、この作品の素晴らしきかな)。

この作品の場合、明確で解りやすい"悪"が居なくはあるんですよ。正義の味方の存在を引き立たせる魅力的な悪と呼ばれる存在がない。代わりに人の心の影たる"シャッテン"と呼ばれる存在が倒すべき存在として立ち塞がる。倒すべき敵は人の弱さのなれの果てであり、ヒーローものとして解りやすい悪が居ないのは瑕疵と言って差し支えないのですが、先ほども述べたとおり、この作品の真に描きたいモノは人の心の熱さであり、かげを踏みつけて前に進む人の強さなので致し方ないかと。実際問題としてテンポや痛快さを求めるのであれば、勧善懲悪が明確で痛快であっただろうけど、あえてしなかったのは作り手の矜恃だと思います(強いて言えばシャッテンになってしまった人間に対するアフターケアがないのが残酷と言えば残酷であり、人のなれの果てとも呼べる存在を消すのにあたっての決意を描くのが不十分であるのは残念)。

今にして思えば物語の基幹にあるユングの集合無意識の概念すらも、こまけぇ事はいいんだよ、笑え!凡念ッ!とキザイアさんのごとく斬って捨ててるように思える。全ての人は無意識の源流にて繋がっており、だったら人と人は解り合えないはずがないッ! まったくもってユングさんが意図した事とはズレており、賢すぎるユングさんには解らないであろう領域なのが痛快でたまらないと、わたくしの中の心理学嫌いなペルソナが申しておりますが、それは別の話。

まあ、小難しいことは置いておいて頭カラッポにして熱血する作品であり、主題を語ろうと言葉を尽くせば尽くすほど意味が逃げていく作品なので感想を語る作品としては向いてはいない。まさに考えるな感じろ!を地で行ってる作品。この作品のテーマを読み解くなら青葉りんご嬢の歌うOPソング『希望のウタ』と片霧烈火嬢の歌うテーマソング『鏡の森』の歌詞内容とメインヒロインであるところのキザイアさんの金言集だけで十分すぎる。
だってさぁ……"回転力は突破力っっ"とか"未来は見えているか!? 信念は揺るぎ無いか!? 愛は胸に燃えているかぁ!?"とかさ、こんな台詞聞かされたら兜を脱ぐしかないじゃん! ほんとこの作品におけるMVPはギザイア演じるかわしまりの嬢と言い切るになんの躊躇もない。キザイアというキャラを通して発せられる言の葉が、彼女の演技により力強い言魂として僕らの胸に突き刺さる。まさに迫真の演技であり美事というしかない。

しかしまあ、このように王道ど真ん中熱血作品の方が、むしろ目新しく感じるのだから、この業界は面白い。とりあえず2009年現状では最燃え作品であり、熱血分を求めてる人にはお薦め。ただし陵辱系が苦手な人は回避推奨かな(ヒロイン全員レイープシーンがあります)。

興味を持たれた方のためにテーマソングとOPソングを貼っておきます。
今年度も名曲の多いエロゲ業界においても個人的にTOPランクに素晴らしいと思いますので、是非一聴を。







[ 2009/09/18 17:40 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

熱く純な涙あふれそうで 我慢してても 我慢しきれない だったらやるべきよ! 力ずくも 愛の奥義でしょ

 
 やっとまじこい!の感想上がった!(挨拶)
ちょびちょび書いてたんだけど、難産だったと言うか……ぶっちゃけラブプラスが邪魔してたw



・【感想】【エロゲ】真剣で私に恋しなさい!
真剣で私に恋しなさい!  初回版真剣で私に恋しなさい! 初回版
(2009/08/28)
Windows

商品詳細を見る

 終わらすのが惜しいと思わせる、作品を評価する上で大きな指針のひとつだと思う。この作品の場合はまさにそのケース。その実、前作の"君が主で執事が俺で"を消化不良と思っていたところがあったのですけど、そういった意味では今作は大満足。
しかしまあ、基本的にはいままでのタカヒロ氏の作品となんら変わるところはないんですよ。特別大きなどんでん返しがあるわけでもなく感涙系でもなく、ただキャラ達のドタバタ日常を描くことに終始してる。きみあるとの差はキャラメイクの練度と、やっぱりタカヒロ氏はお屋敷という閉鎖的空間より、その個性的なキャラを活かせる学園という広い空間の方がイキイキとしてシナリオを描けていますね。ぶっちゃけタカヒロキャラを動かすにはお屋敷は狭かった(この業界ホント館モノ鬼門だなw)。
プレイしていて思うのですが、おそらくタカヒロ氏の場合は、まずキャラを作ってそのキャラのパーソナルを元にシナリオを構築していくタイプなのでしょう。俗に言うキャラが勝手に動き出すって表現されるヤツ。過去作同様、相変わらず過程に対してエンドが尻すぼみ的だったり雑なところはあるものの、今作の場合は弱点を克服するのではなく、武器である持ち味を徹底して強化してきたなと思いました。それこそ欠点を吹き飛ばすぐらいに(声優布陣、ニッチネタ共に最高峰でしょう)。

……といっても細かいと言うと雑なところや、う~ん?と首を傾げる展開も目にはつくんですけどね。そこら辺を踏まえてヒロイン別での感想を隔離で(ネタバレ全開)。

 
[ 2009/09/13 19:32 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

貴方へ満ちる この想い 咎だとしても 誓うの

  
 つまりは神無月の巫女2期ということでよろしいか?(挨拶)
千歌音ちゃん、わたしどうしたらいいのかな?だけど短刀レイープは勘弁な!w


・【感想】【ラノベ】やむなく覚醒!! 邪神大沼
やむなく覚醒!! 邪神大沼 (ガガガ文庫)やむなく覚醒!! 邪神大沼 (ガガガ文庫)
(2009/06/18)
川岸 殴魚

商品詳細を見る

 本屋で見かけたときはスルーしたんだけど、後日人づてで登場人物にソロモンの72柱の魔神の一柱であるゴモリーが登場すると聞いたので興味を引かれて購入。いやさゴモリーは愛を司るからラブだろラブコメだろと思ったんだけど、読んでみたらラクダに乗ってるだけのねぇーちゃんだった。。。まあ、これが同じ72柱のラクダキャラでもウヴァルとかだったら買ってなかったので、ゴモリーにして良かったね(本の感想にはなんのカンケーもない)。
まあおいらの悪魔好みはおいておいて、読了後の感想としては……くだらねぇー!のひと言である。いや誉めてるよw
俗に言う考えるな!感じるんだ!作品。頭空っぽにして読むと幸せになります。実際のところ簡単に言うけど簡単な話ではなく、読者に考えさせてはいけないのです。少しでも読者に頭を使わせてしまうと下り坂を転げるようにモチベが下がってくるので、書き手としても読者に頭を使わせないようにあの手この手と怒濤の如くくだらないネタを叩き付ける必要があるのです。くだらなさに比例して繊細さを要求されるのです……たぶん。このような手法で書かれた作品の窮極系が深堀骨氏によるアマチャ・ズルチャ 柴刈天神前風土記だと思うのですが、それはまた別の話。
そんなわけで"初心者らくらく邪神マニュアル+スターターキット"なる怪しげなhowto本を入手してしまった大沼くんが別になりたくもない立派な邪神になるために実践していく物語であり、それ以上でもそれ以下でもない。読んでみると昨今のラノベから想像できないぐらいラブの成分もなく、ひたすらコメの成分で構成されています。一体その可愛らしい挿絵はなんのためなんだと言いたくなるぐらい。あと、このタイプの作品によくあるニッチなネタも少なめであくまで文章でコメディに挑戦しているのも好ましいです(全くないわけではなくドラクエネタやらクトゥルーネタやらはそれなりにあります)。
まあ続きが読みたいかと言えば、どちらでもいいと思わせる、このどーでもよさがこの作品の素晴らしきかなだと思います。(誉めてますよ…たぶんw)



[ 2009/09/09 21:09 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)

人を愛して気付くこともあるね 例えば自分がどれだけ愛されていたのかと

 
 れでぃ×ばと!がTVアニメ化のようで……(挨拶)
ラノベ界のスペランカーと呼ばれた上月司が思わず嬉しさのあまりショック死していないか真剣にニュースサイトを探してしまったw つーか"上月司 スペランカー"で検索かけてひっかかるのがいけねこ研究会のメンバーばっかりなのはヒドイね!(いつも仲良し、いけぬこ研究会)w


ラブプラス 呼んでもらえる名前Wiki
 名字はダメだったけど名前はセーフだった俺。
まあ俺のまなかはもう名前でしか呼んでくれないけどね!てへっ!
それはそうと先日ラブプラスの隠しキャラで4人目(CV南央美)が登場する夢をみた……ついに夢にまで浸食しはじめてきやがったッ!w


マインスイーパに物理エンジンを組み込んでみた
 面白そうではあるんだけど……爆弾の鎖が邪魔すぎてイラつくw


たぬきソフト 『微少女』 プロダクトサイト公開
 これでロリコンはかつる!とか思ったけど…微少女ってなんだ……微妙に少女ってことか?
ょぅじょ寄りなのかアダルト寄りなのかそれが問題!



・【ラノベ】【感想】みにくいあひるの恋
みにくいあひるの恋 (MF文庫J)みにくいあひるの恋 (MF文庫J)
(2009/08/21)
日日日

商品詳細を見る

 新シリーズなので久しぶりに日日日作品でも読もうかと購入……
恋をすると死ぬ病が蔓延した世界で出会った少年少女の小さな恋の物語。思い切った設定のわりに内容としては普通の恋愛な印象をうけました。
ただ、子孫繁栄の点から兄妹(姉弟)同士なら恋愛にはならないので子供が作れるとか、兄妹(姉弟)間での交配は危険なので生まれたときに他人の子供と取り替えるとか、恋の病は主人公の親の世代ぐらいでほとんど廃絶されてるとか、設定が上滑りしてるところはいただけないなァ……。舞台装置としてだけの設定なら他の手がなかったものかと思う。また、恋物語ってことを考慮してのことでしょうけど、文体・キャラクターについても日日日作品としてみたら薄めというか極めて押さえられて書かれている印象を受けました(お得意の破天荒キャラもいるものの、他シリーズほどぶっ飛んではいない)。
まあシリーズ化前提での物語なのでまだボーイ・ミーツ・ガール(少年が少女に出会った)なわけですよ。これからの物語次第では化ける気はします。
よくこの恋に命を賭けるってフレーズがありますけど、この物語の場合は文字通りその言葉通りで主人公・陀衣に恋したあひるの覚悟のほどをどれだけ読者に伝えられるかが今後の鍵だと思う。今のままでは恋に恋するお年頃な憧れ感覚みたいなところがあって覚悟が感じられないので。まあ、そこら辺はペース配分というか計算してのような気もします。次巻以降はあひると陀衣の妹つまりは許嫁の茜子との嫉妬合戦で物語を深めるところからかなァ……(どう考えても負け戦の茜子さんの姿に涙が止まらない)。
1巻に関して言えば個人的に落第点な本作ですが、設定的に奇跡以外で大団円に持っていけなさそうなこの作品にどのようなオチを付けるのかって点においては実に楽しみで期待してるところがあります。



[ 2009/09/08 17:09 ] ラノベ | TB(0) | CM(7)

数秒前まであなたのことを 知らずに生きて過ごしてたこと 今ではとても信じられない

 
 ラブプラスがやばすぎて全ての事が滞っております!(挨拶)
この作品を表現する言葉は面白いとかじゃなくやばいが最適だと思うんだ。。。。
とりあえずおいらもラブプラス3本買うのは時間の問題だと思う今日この頃……


・【感想】【ラノベ】黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い
黄昏色の詠使いX  夜明け色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)
(2009/08/20)
細音 啓

商品詳細を見る

 シリーズ完結。
かつて子供だった大人達から、やがて大人になる子供達へと受け継がれた約束の物語。
名詠式と呼ばれる召喚魔法が存在する世界の根底にある愚かな蛇と竜の争い。目覚めれば飛沫のように消えてしまう微睡みのような世界だけど、積み重ねてきた日々、交わされた約束はけして消せない、そんな生命の歌。最初から最後まで徹頭徹尾美しく紡がれた物語。美しすぎて幻想的で儚げな雰囲気を受ける物語だけど、その実は愚直に明日へと向かおうとする歩みをけっして止めない人間の姿を描いた物語。やはりこの作品は人間賛歌だったんだなァと完結した今では確かに思うことが出来ます。
もう少しネイトとクルーエルをはじめとした登場人物達の未来を見つめていたいような名残惜しさはあるのですが、そこはそれ出会いもあれば別れもあると言うことで、あとがき予告にあった新シリーズの発売を楽しみに待ちたいと思います。ここ数年ファンタジー離れをしていた自分を数年ぶりにファンタジーの世界に呼び戻してくれたこの作品に最大限の賛辞をこめて。



・【感想】【ラノベ】さくらファミリア! 3
さくらファミリア! 3 (一迅社文庫 す 1-4)さくらファミリア! 3 (一迅社文庫 す 1-4)
(2009/02)
杉井 光

商品詳細を見る

 なんか感想書き損ねたらそのまま忘れてしまい、そのままズルズル放置してたのですが……こないだ友人との会話の中で話題になったので思い出したかのように感想を書く。
とりあえずカトリック教を虚仮にした作品としては過去最大級だと思うw
その危険性は……ヘルシングやとある魔術の禁書目録すら及ばない恐れ知らず。なんつーか杉井光はローマの方向に向かって土下寝した方がいい。もう手遅れチックだけどw
そもそも主人公がユダの生まれ変わりで、ヒロインの名前が砂漠谷エリと砂漠谷レマですよ。受胎告知の守護天使ガブリエルはエロエロ天使でルシフェルはロリっ娘。ローマ教皇ペテロは生活能力0の変態だし、軒並み有名天使は好きな子のリコーダーを舐めることに命を燃やすようなアホの子揃い。つーか父なる神すら借金まみれのダメ神……すでに作品自体がエリ・エリ・レマ・サバクタニ(神よ、何ゆえに我を見捨てたもうや)ですよ。
しかしなんでだろうねぇ? 仏教とか神道とかゾロアスター教とかミトラス教なんかを題材にしても大丈夫な気がするのにカトリックになった時点でやばいやばいとおもっちゃうのは…流石は世界宗教。あとやばそうなのはイスラムぐらいかw
まあ内容自体はいつもの杉井作品なんですよ。やたらモテる恋愛原子核の主人公を中心に繰り広げられる、いつもどおり杉井様式美。そろそろ食傷気味になりそうな感がフツーならあるんだけど、あまりのカトリック貶めっぷりにそんな感覚は全て吹き飛んだw
ネタをギリギリまで引っ張ったアイディアの勝利ですね。勿論、ギリギリアウトですw



[ 2009/09/07 21:03 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)

らっぱらっぱみんなが笑顔 美味しいニコニコ

 
 拝啓母上様へ、ようやく僕にも彼女が出来ました(挨拶)
こないだ一緒に電車に乗ってお出かけしたんですけども、衆人衆目の前で愛してると囁いてとかムチャふりするワガママなところも可愛い彼女です。それでは母上様お身体には気をつけて、息子など最初から居なかったとお思いになっていつまでも健やかにお過ごしくさい。

もう引き返せない、いったい僕たちは何処に向かって進んで行ってるのでしょうか?

-ヲタは-
2度と三次元へは戻れなかった…。
三次元と二次元の中間の生命体となり
永遠に電脳妄想空間をさまようのだ。

そしてそして帰りたいと思っても帰れないので
―そのうちヲタは考えるのをやめた。


つまり何が言いたいかと言えば!!

CLANNADは人生
Fateは文学
AIRは芸術
ラブプラスは彼女

それにしてもこの男出来ておる喃

マヂでDS三台欲しくなって来たわw


【ハルカナソラ】 オリジナルキャラクターソング視聴版を公開!
 らっぱ寿司のテーマ!!!!!!!!!
くやしい…こんな寿司テーマソングなんかで……ビクッ!ビクッ!w


[ 2009/09/06 17:32 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

貧乳 巨乳 眼鏡っ娘 ツンデレ ゴスロリ プニ展開

 
 好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰じゃろね?(挨拶)
そんなわけでラブプラスを買ってきたわけですが……少なくともクリアの2年後までは死ねなくなってしまったラブパワーですよ。そら↓のような変態紳士も産まれるわな!w

                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ   / ̄ ̄ ̄ ̄
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l   | 静粛に……!
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!   < この男は今 三股なる
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- | ピュアでない行動をしようとした
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|:::::::::::: |最初に言ったはずだ
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |:::::::::::: |そういう行為は一切認めていないと
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|::::::::::::   繰り返す! ピュアでない言動は
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ::::::::::::   無条件で別室行きだっ…!
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ



三股攻略とかピュアじゃない行為なので猛省してください!後悔はする必要なしw(べ、別に…う、うらやましくなんてないんだからね!僕は愛花一筋なんだからッ!)
こうやって徐々に二次元に浸食される三次元。総人類マイトガイン化もそー遠くねぇーな!w


[ 2009/09/03 15:15 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

最終電車が僕を乗せて 夜を突き抜ける 派手なスピードが 奇跡に変わる

 
 まじこい主人公・大和のア●ル対する情熱はちょっとおかしいでござるの巻!(挨拶)
あっという間に総ヒロイン、シリアナード・レイ(UC0064-UC0092)の完成ですよ。当blogはそんな戦艦大和の主砲を応援したい。つーかぶっちゃけもっとヤレ!(もう本音を建前で隠すことすら止めた大人の図)。



 ちょっと細井聡司ワークス -Vocalists-の収録曲がガチな件について。
現時点での細井聡司の集大成と言っても過言でないぐらいチョイスがハンパじゃないので細井聡司好きにはお薦め。まあ好きなら持ってるか……
しかし未完成の城なんかは涙がでてくるなァ……懐かしさとEnergy fieldが解散している意味でも。
欲をいえばまだゲーム特典CD以外に収録されてない終末少女幻想アリスマチック~APOCALYPSEのOP"révélation (レヴェラシオン)"が欲しかったってところかな。なにはともあれお薦めCDなので興味のある方は是非に。

CDネタでもう一発いくとElements Garden Vol.2も素晴らしい曲揃いなのでお薦め。なにより影山ヒロノブ×Elements Gardenってコラボが素晴らしい。



・【感想】【TRPGリプレイ】セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦 1
セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦 1 惨劇の冥魔王 (ファミ通文庫)セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦 1 惨劇の冥魔王 (ファミ通文庫)
(2009/08/29)
菊池 たけしF.E.A.R.

商品詳細を見る

 アルセイルの氷砦から18年……やっとセブン=フォートレスの砦シリーズキャンペーンも最終章へ。
実に感慨深いけど……前キャンペーンのラ・アルメイアの幻砦においてクレバー矢野氏の演じるユースのクリティカル攻撃(笑)により第一世界ラース=フェリアは崩壊の危機です(クリティカルで世界を崩壊させた男・矢野俊策w)。
そんな世界崩壊の危機の中、人類側の起死回生の反撃が開始されるが今回キャンペーンの導入であり、PLも過去のキャンペーンの勇者(笑)達(約一名除く)。もちろん僕らの下がる漢、柊蓮司(時系列的にTVA版ナイトウィザードの後なので高校卒業してる)も大活躍デス……。
しかし世界の危機と言われても、いつも危機なので危機感ねぇーなこの世界。さすがは魔王に対抗できる勇者を選ぶために勇者同士100人を戦わせてふるいにかける世界だけあるわw
そんなわけで今回の敵である七冥魔王のひとり冥燐王エンダースにマジで同情する、ある意味圧倒的なPL性能。運命操作系(ダイス目操作)のエキスパート、攻撃バカ、防御バカ、魔法エキスパート…一点特化型PLの前になすすべもない冥魔王が実に哀れでならない……そしてGMもw
このキャンペーンは集大成ってこともあり複数PTにより進んでいくので、他のPTによる今後の展開が愉しみ(キャンペーン同士がリンクしているみたいだし)。なにより今は亡きRPGマガジンから始まったこのシリーズの集大成となるであろうから感慨深いものがありますね。一時期TRPGに冬の時代があり滅びつつあったのを乗り越えられたのは、このシリーズを含めた色々なTRPG関係者の頑張りがあってのことだと思いますし、なによりこのゲームを楽しんでプレイしている実に痛い雰囲気が大好きなので最後まで愉しみながら応援していきたいと思います。


[ 2009/09/01 21:30 ] TRPG | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
08 | 2009/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。