もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛にはぐれ 愛を憎み 愛を求める わずかな安らぎさえ うち捨てた誓いだけど

 
 牙狼が3D立体映画化で2010年公開決定とな!
3Dってとこが微妙に不安だけど、これは是非とも観に行きたい。大人のダークファンタジーでありながら特撮作品としての少年の心を忘れてない牙狼は素晴らしい作品だと思うんだ。
……だけど白夜の魔獣みたいな展開は勘弁な!


・【感想】【ラノベ】ケモノガリ
ケモノガリ (ガガガ文庫 ひ 1-3)ケモノガリ (ガガガ文庫 ひ 1-3)
(2009/07/17)
東出 祐一郎

商品詳細を見る

 全開の東出裕一郎。
ほとんどの言いたいことを奈須さんちの菌糸類さんが書かれれているので割愛しますが、ほんとに筆者の好きなモノとやりたいことを全力で書いた印象。
しかし……ホステルやろうとしたらセガール混じってたって説明は的を得すぎていてワロタ! あと、バトルランナー好きな人にもお薦め。
覚醒した主人公の異能さもそうなんだけど、敵側も中々の異能っぷり。なにこのマルドゥック・スクランブルの畜産業者みたいな連中(特にハリウッドスターはやり過ぎだろ!)w
基本的には七夜志貴や吾妻玲二のような生まれついて潜在的に人を殺す才能に長けた男の子が異常事態にその才能を開花させ、狩りをしてる側が狩られる側に変わるB級映画テイスト漂う作品であり、その覚醒した異能を愉しむエンターテイメントではあるんだけど、骨子としての主人公とヒロインの精神的交流が素晴らしい。ひとたびその才覚に身を任せて目覚めてしまえば、もう元の世界には戻ることを許されない恐怖。そんな自分の中の鬼を封じ繋ぎ止めてくれる一番大切な人。その大切な人を守るために少年は己の中の鬼を解き放つ、二度と暖かな世界には戻れなくても彼女が微笑むことが出来る場所のためにケモノ達を狩る。そんな別れを約束されたボーイミーツガール。同氏の代表作であるあやかしびとのラストシーンで"大切な人たちの暖かな日常を守るために、己が己で在ることを捨ててまで、単身九尾の鬼に挑んだ如月双七"を彷彿させられて目頭が熱くなった。願わくば彼女がラストに抱いた決意が彼の決意に追いつく日を幻視して。


スポンサーサイト
[ 2009/07/24 19:42 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。