もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボクの背中を押す 愛しきぬくもりに 希望のウタで応えたいよ

 
 僕らのテスラガール全死たんが帰ってきた!(挨拶)
1、2巻同時発売であり、飛鳥井全死、荻浦嬢瑠璃といった元長ファンにはなじみ深いキャラ達がついに全面戦争に踏み出すとなれば期待せずにはいられないッ!
全人類を巻き込んだ見えない戦争の始まりを、断絶の祈りの果て、最後のGenesisを越える思いで待ちたいと思う。


・【感想】【エロゲ】Trample on “Schatten!!” ~かげふみのうた~
Trample on Trample on "Schatten!!" ~かげふみのうた~
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る

 今年のエロゲ業界は元気があって大変喜ばしい限りなのですが、熱さが足りないと思っていました。そんな折りにこの作品に出会えたことは僥倖。2009年暫定No.1熱血作品であり、細けぇことはいいんだよ、とにかく滾れよ!と、潔いぐらいカッコ熱いモノをストレートに作ってる姿勢には敬意を称したい(まあ問題がないかと言えば、良く言えば熱いんだけど、悪く言えば大雑把ではあるんですけどね)。

基本的には変身ヒーローものであり、主人公である愛作の成長物語。様々な壁や悲劇による消失に挫折して絶望しても最後には立ち上がる。タイトルのかげふみのうたのごとく心の影を踏みしめて前へと進む人の強さと決意。それこそがヒーローをヒーローたらしめる条件であり、昨今の特撮作品ですら見失っている本質をまさか18禁の本作で魅せてくれようとは思いもせなんだ…これだけでもこの作品は拾いものだったと思います(挫折からの脱却を丁寧に描けているのも、この作品の素晴らしきかな)。

この作品の場合、明確で解りやすい"悪"が居なくはあるんですよ。正義の味方の存在を引き立たせる魅力的な悪と呼ばれる存在がない。代わりに人の心の影たる"シャッテン"と呼ばれる存在が倒すべき存在として立ち塞がる。倒すべき敵は人の弱さのなれの果てであり、ヒーローものとして解りやすい悪が居ないのは瑕疵と言って差し支えないのですが、先ほども述べたとおり、この作品の真に描きたいモノは人の心の熱さであり、かげを踏みつけて前に進む人の強さなので致し方ないかと。実際問題としてテンポや痛快さを求めるのであれば、勧善懲悪が明確で痛快であっただろうけど、あえてしなかったのは作り手の矜恃だと思います(強いて言えばシャッテンになってしまった人間に対するアフターケアがないのが残酷と言えば残酷であり、人のなれの果てとも呼べる存在を消すのにあたっての決意を描くのが不十分であるのは残念)。

今にして思えば物語の基幹にあるユングの集合無意識の概念すらも、こまけぇ事はいいんだよ、笑え!凡念ッ!とキザイアさんのごとく斬って捨ててるように思える。全ての人は無意識の源流にて繋がっており、だったら人と人は解り合えないはずがないッ! まったくもってユングさんが意図した事とはズレており、賢すぎるユングさんには解らないであろう領域なのが痛快でたまらないと、わたくしの中の心理学嫌いなペルソナが申しておりますが、それは別の話。

まあ、小難しいことは置いておいて頭カラッポにして熱血する作品であり、主題を語ろうと言葉を尽くせば尽くすほど意味が逃げていく作品なので感想を語る作品としては向いてはいない。まさに考えるな感じろ!を地で行ってる作品。この作品のテーマを読み解くなら青葉りんご嬢の歌うOPソング『希望のウタ』と片霧烈火嬢の歌うテーマソング『鏡の森』の歌詞内容とメインヒロインであるところのキザイアさんの金言集だけで十分すぎる。
だってさぁ……"回転力は突破力っっ"とか"未来は見えているか!? 信念は揺るぎ無いか!? 愛は胸に燃えているかぁ!?"とかさ、こんな台詞聞かされたら兜を脱ぐしかないじゃん! ほんとこの作品におけるMVPはギザイア演じるかわしまりの嬢と言い切るになんの躊躇もない。キザイアというキャラを通して発せられる言の葉が、彼女の演技により力強い言魂として僕らの胸に突き刺さる。まさに迫真の演技であり美事というしかない。

しかしまあ、このように王道ど真ん中熱血作品の方が、むしろ目新しく感じるのだから、この業界は面白い。とりあえず2009年現状では最燃え作品であり、熱血分を求めてる人にはお薦め。ただし陵辱系が苦手な人は回避推奨かな(ヒロイン全員レイープシーンがあります)。

興味を持たれた方のためにテーマソングとOPソングを貼っておきます。
今年度も名曲の多いエロゲ業界においても個人的にTOPランクに素晴らしいと思いますので、是非一聴を。







スポンサーサイト
[ 2009/09/18 17:40 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。