もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋も 夢も 花も 虹も 風も ぜんぶ掴もうよ

 
 地味に末代まで!を読んでる最中なのですが…(挨拶)
まあ感想は後日上げるとして……末代まで祟られるべきは間違いなく作者だと思うw 昔からお岩さんと鬼は題材にするとやばいと聞くけど、これお祓いに行ってないと呪い殺されるレベル。ターボばーちゃんの背中に乗ってするババァレースってなんだよ一体……つーか落婆ってw


・【感想】【漫画】よくわかる現代魔法 2
よくわかる現代魔法 2 (ジャンプコミックス)よくわかる現代魔法 2 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
桜坂 洋宮下 未紀

商品詳細を見る

 原作小説も荒唐無稽ではあるのだけど、文字媒体だったので誤魔化されていたというか、欺されててもいいかみたいな感じだったけど……いざビジュアルになると、よくわからない現代魔法だなw

 集英社の凄いところは、原作イラストレーターにそのまま漫画を描かせるって事なんだけど……この場合良いのか悪いのか、とても宮下未紀漫画です。原作者の桜坂洋氏も監修はしてるだろうけど、なんか他の宮下未紀作品を読んでるような感覚。 つか実に微妙と言わざる得ないかなァ。 この微妙さはなんだろうと思ったところ、実にメインキャラクターの個性が強調されすぎてる事かなァ。美鎖は快楽主義者、弓子はとにかくパンツはいてない、嘉穂は不思議ちゃん……まあ此所まではよくはないけどいいとして……こよみのキャラがヒド過ぎる。たしかに原作でもドジっ子のダメ娘ちゃんではあるんだけど、物語の大半は彼女が中心に回っており、頭の良すぎる美鎖や弓子のような魔法使いが出来ない、簡単なようで難しく難しいようで簡単な事を、その純真さからポンとやってしまうところが彼女の魅力であり立ち位置。まさに彼女の能力のタライ落としのごとくのドリフオチ担当のデウス・エクス・マキナ。対して漫画版はというと……ただのコンプレックスの固まりのネガティブ少女ですよw まったくもって、こよみの魅力が活かせてないのが残念すぎる。まあ小説にはない日常生活を描いた短編といえば、これはこれでアリと思えなくもないけど、もう少し頑張ってもらいたかったなァってのが本音。


・【感想】【漫画】NARUTO (巻ノ48)
NARUTO (巻ノ48) (ジャンプコミックス)NARUTO (巻ノ48) (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
岸本 斉史

商品詳細を見る

 その実、青年編からは楽しく読めてるのは、ある程度少年漫画主人公としてのナルトの強さに説得力がでてきたからだと思う。仙人モード然り九尾の力然り、ただ螺旋手裏剣完成版はいただけない……あまりに必ず殺す技と書いて必殺技すぎる。喰らった敵が微細塵になる技を主人公が使ったらイメージの悪さから躱されるか掻き消されるか跳ね返されるかしかないジャマイカ。折角編み出した技だけどサスケに使えないだろあの技。早く右を見ながら左を見ろ理論でもっと汎用性に富んだ新術を開発してくださいw

 ペインも倒れ、本格的にマダラの計画も始動しつつある今巻はラストに向けてのターニングポイントと言えますかね。ナルトとサスケのダブル主人公のザッピング方式もいままでのジャンプには無かった面白い試しみだと思えますし、ラストに向かって今後の展開が実に楽しみなジャンプ漫画ではあります。今更だけどw


スポンサーサイト
[ 2009/11/04 15:48 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。