もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

散っていった 命の葉拾い集め 燃えるような 夕空見上げ 歩き出そう

 
 極限まで発達した打撃筋肉がッ!(挨拶)
ねじり切られそう以前に入らないとかなんぞwww 使用者にオーガ並みのチン力を要求するかと言うことかッ! 個人的には戦わずに素直にゴミ箱に捨てる事が賢い選択だと思います(武の勝利ッ!!!)。
それでもチャレンジする人はお供にコレを使って妄想の足しにするとよい!(無理無理無理無理人では勝てんのメソッド)。


・【感想】【ラノベ】アイゼンフリューゲル2
アイゼンフリューゲル2 (ガガガ文庫)アイゼンフリューゲル2 (ガガガ文庫)
(2009/12/18)
虚淵 玄

商品詳細を見る

 御大みずから修正パッチ公開中w
なぜ空を飛ぶのか? なぜ挑戦するのか? おそらくそこには意味はない。ただ純然にやりたいから、この欲求に突き動かされるままに人は挑む。意味は別の人間が後から考えればいい。ただ、心のままに何処までも行けるところまで……。だからこれはやっぱり冒険小説の類なのでしょう、未知を既知とするべく挑戦をする物語。不可能を可能で踏破し版図を広げる貪欲な人の業の物語。挑戦に善悪の有無が入り込む余地のなく、そこにどのような意味を見出すかは、人類という種の本質次第。それが善かろうが悪しかろうが変わらず人は挑戦を繰り返す事でしょう。種として滅びない限り。

 たまたまこの物語は空だっただけで、なんでもよかったのでしょう。ただ人には生物として羽がない、だから空に憧れる空を飛びたいと願う。だからこの物語の主人公・カールは空に焦がれ空を目指した、それだけの本質。戦争という不純物がそこに混ざろうとも、何よりも速く空を飛びたかった、その一点においてなんら不純物はない。そしてこんな簡単な事だからこそ、人は気づけない。簡単に受け入れる事が出来るように人という種は出来てはいない。それこそが人を人たらしめる業だから。その軛から解き放たれ、純粋に帝鳳龍と速さ比べをするカールの姿はまるで純粋な子供のようで美しい。出来る事なら彼には始めから純粋に空を飛ぶことだけを考えさせてあげたかった……だけど彼は有翼種ではなく人間として生まれた。そして人間として生まれたからこそ、今この瞬間に星の意志とも言える帝鳳龍と対峙できている。そして受け継がれていく意志。貪欲に更なる高みを目指して挑戦を続ける人間……これを業と言わずになんと言うのか。故に自分はこの物語を、なにかを目指しひたすら前に進んでいく冒険小説と断ずるのになんの躊躇もしない。

スポンサーサイト
[ 2009/12/22 17:52 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。