もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

叶わないものなんてないと 誰もがきっと何処かで信じてる

 
 ふぅ!!白スクだったらやばかった!(挨拶)
しかしコトブキヤは高確率で限定白スクver.を発売するから油断はできねぇ!(例:ののさん白スク)。つか白くない服ってスク水ぐらいしか持ってないんじゃないか穹さん? そのファンションセンスはある意味ないわ!と常々思っていたのだけど顔がそっくりな双子の兄にべったり依存で、ひきこもりのネットマニアって時点でファッションセンスなんて拘りが吹き飛ぶ廃スペックなので、言ったところで無駄ってことに気づいた。穹さんパネェ!w


・【感想】【ラノベ】絶対女王にゃー様2
絶対女王にゃー様2 (ガガガ文庫 し 1-5)絶対女王にゃー様2 (ガガガ文庫 し 1-5)
(2010/01/19)
J・さいろー

商品詳細を見る

 今回あらずじ:にゃー様の妹としてふたなりのネットアイドルでデビュー。リアル妹も登場、痛い系歪み女子。欲しいものを与えてあげて、あとは殴りたい放題だと思ったひきこもりの幼馴染みだけど殴ろうにも殴り方が判らなかった。どーした柑橘系? 影が薄いぞ。

 んむ、まったく意味が判らないですね。虚構と現実、虚構の中の現実と現実の中の虚構。どっちも現実での出来事なんだから不可分に考える必要はないべ。裏か表かぐらいの差ですかね。幼年期に足場にしてる主義主張価値観なんて、容易に変容致しますデス。大絶賛調教中の輪玖くんの視点を借りて語られる、このぐにゃっとした足場が不確定な不安定感がなんともいえない感覚を醸しだしてるなァ。ネットでのにゃー様と臣民のヴァーチャルセックスもそうなら、リアルでの関係もそうで、正体を追求しようとすればするほどに正体が霧のように拡散していくにゃー様も存在なんかはまさに象徴的。僕が猫の夢をみてるのか? 猫が僕の夢をみてるのか? そんな箱の中の猫の夢。

 次巻あたりで、リアル妹交えて柑橘系の逆襲というか……柑橘系が堕ちていく話かなァ? イミテーションが本物に劣るなんて道理はないッ! こんな道理が通用するセカイじゃないので酷いことになりそう。


・【感想】【漫画】“文学少女”と美味しい噺(レシピ) 第1巻
“文学少女”と美味しい噺(レシピ) 第1巻 (あすかコミックスDX)“文学少女”と美味しい噺(レシピ) 第1巻 (あすかコミックスDX)
(2010/01/26)
日吉丸 晃

商品詳細を見る

 文学少女の感想でもなんでもないのだけど、日吉丸晃でコミカライズするなら……さよならトロイメライしてやれよ!と思わなくもいw
「キャッチフレーズは!」『ラブ!』
「合言葉は!」『ラブ!』
「変わらぬ魂はここに生きている!」

……さよなら富士見ミステリー文庫orz

 まあ、表紙と中身みてたら……心葉がトーマスに遠子先輩が八千代タンにしか見えなかったぐらいにはトロイメライ脳だった。早く新刊でないかなァ…トロイメライ……。

 トロイメライだけしか語ってないのもなんなんで、美味しい噺(レシピ)についてちょっとだけ。基本パターンは文芸部で心葉くんと遠子先輩がイチャラブする話。いつも通り、遠子先輩のおやつの三題噺を心葉が書くといったおなじみに日々を、後の心葉が思い出して懐かしむといった構成。故にメインは心葉と遠子先輩であって、琴吹さんや芥川くんや美羽といったキャラはほとんど出てきません。この追想という工程を踏むことにより、実にせつない感覚を表現できてるのですが、この漫画単体で読むには少し厳しいかなァ。これは小説版の“文学少女”と神に臨む作家【ロマンシエ】下まで読んだ人でないと、ちと敷居の高い物語ですね。


・【感想】【漫画】月の彼方、永遠の眼鏡 2
月の彼方、永遠の眼鏡 2―磨伸映一郎TYPE-MOON作品集 (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル)月の彼方、永遠の眼鏡 2―磨伸映一郎TYPE-MOON作品集 (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル)
(2010/01/22)
磨伸 映一郎

商品詳細を見る

・【感想】【漫画】氷室の天地Fate/school life 3
氷室の天地Fate/school life 3 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)氷室の天地Fate/school life 3 (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
()
磨伸 映一郎

商品詳細を見る

 二冊同時刊行……ムチャしやがって!w
ここ最近岐阜県の山奥で教師の仕事を営んでいたカレー好きの眼鏡が帰ってきました。それぐらしか、月の彼方、永遠の眼鏡と氷室の天地の内容に違いはありません……わざわざ区分を区切る必要ねぇーじゃん!って思うぐらい内容に差はないですよ。猫アルク嘘付かない。

 まあ、いつも通りニッチすぎるネタを楽しむ磨伸映一郎作品です。それ以上でもそれ以下でもないのでご安心をw つかこの作品の立ち位置はどこら辺なんだ? いや……公式とか非公式とかどーでもいいな。。。磨伸映一郎だしw

貴様は著しい勘違いをしている
「ワラキア」はルーマニア語で
「夜」は日本語だ!!


 ああ、もうダメだ……このネタのせいで俺の中で『ワラキアの夜』の声が小野坂で固定されてしまった!!!ビババババ!



 なんか観てたら楽しくなってきたので設定年齢19歳蟹座のB型も貼っておこうw


スポンサーサイト
[ 2010/01/22 18:19 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。