もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞い落ちる 花雨の歌よ 本当の言霊咲かせて 導く光を 両手で包むよ 遠く儚い願いも 叶える奇跡掴もう

 
 光速で予約!(挨拶)
実写版ほどではないものの、ここまで古いと別にBDでなくていいべ? つかBDにいつなるのかもわからないしね。鬼太郎シリーズはソフト化されてるけど、悪魔くんアニメ版は初めてだしな! 極めてコレクション価値は高い。しかし、パケ絵の鳥乙女の優遇具合にワロタ。でもってなんでメフィスト2世とこうもり猫が居ないの? 裏面なの? サシペレレはカッコつけてコケるの?


・【感想】【ラノベ】レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い
レンタルマギカ  銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)
(2010/02/01)
三田 誠

商品詳細を見る

 第三部開幕。京都での戦いで、螺旋なる蛇(オピオン)のフィンとツェツィーリエを拘束することに成功したアストラル。しかしその代償は大きく協会との取引により穂波と猫屋敷は協会に無期限の出向、いつきは妖精眼から生命の実を引き剥がされたことにより、その能力の大部分を失う。一時的とはいえ協会の封印指定を受けた結社の首領と立場上懇意にするわけにもいかず、また自身の魔法使いとしての在り方"一生を魔術に捧げる"という誓いのもと、自らの結社ゲーティアに戻るアディリシア。アストラルに残った基本メンバーは、いつき・オルトヴィーン・みかん・ラピス・黒羽の5人。最大戦力といえる穂波と猫屋敷とアディリシアの援護を失い、最大の武器である妖精の眼の力の大半を失った、いつきとアストラルの成長と新しい戦い方というのが、今回の話の基軸ですね。

 実際のところ、いつき・オルトヴィーン・みかん・ラピス・黒羽というメンバーは、全員が全員精神的にも能力的にも伸びしろが大きく、成長の速度が目に見えて著しく映るので物語的に最適のチョイスだと思う。5人の中で比較的、実力が飛び抜けているオルトヴィーンもポスト未熟な猫屋敷ってイメージで引率の新任先生みたくていい感じ。いつきもいつきで生命の実を抜き取られたことにより、妖精の眼は激しく弱化したものの、前まで乱用できない一発逆転の秘密武器だったのが、制御が可能な汎用武器に変わったことにより、前戦への参加が可能になったのは大きい。なにより穂波、猫屋敷、アディリシアと離れたことにより、自分の足で魔術といった世界に立ち向かわなくてはいけないと自覚したのは重畳。その新生アストラルの成長を魅せるのに、組織戦に特化した結社:銀の騎士団との魔術決闘(フェーデ)は絶好のシチュエーション。銀の騎士団のクロエ・ラドクリフのレギュラー化もうれしい出来事ですね。

 物語的には第三部に入って、レンタルマギカという物語も終盤が見えてきた感じがしますね。奇しくも、魔法使いがまっとうに幸せになれるか? 魔法使いの味方でありたいと語るいつきの言葉は、彼が越えなければならない最大の壁、螺旋なる蛇(オピオン)が掲げる目的と言葉面は一緒。しかし中身も、それに至る過程も交わらない平行線の夢。この同じ理想を掲げる両者が、どのように対立をしていき、その平行線を詰め寄るかが、今後の見どころじゃないですかねぇ。また、いままで沈黙を保っていたアストラル創業時のメンバーで穂波の祖母でもある魔女の中の魔女のヘイゼル・アンブラーに、消息不明だったアストラルの創業者でいつきの父、伊庭司の登場も物語の加速に拍車をかけそう。


スポンサーサイト
[ 2010/02/05 16:21 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。