もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

呼吸と同じ数だけ泣いたその後に 待ち受けてたのはこの先永遠に続く 君なしの世界

 
 まさかのレディー立体化!(挨拶)
これは予想できなかった! とりあえずキン肉バスターとかのポーズより、"裏切りの本多、人工飛び道具"とかのポーズで飾りたいので、机とかの小道具プリーズ! あー、なんだか速攻生徒会読みたくなってきた。


・【感想】【ラノベ】紫色のクオリア
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る

 噂に違わぬ傑作。00年代SFライトノベルの総決算とか言っても嘘じゃない。
自分以外の人間がロボットに見える少女・毬井ゆかりと、その友達の波濤マナブの女の子同士の友情・愛情を描いた作品であったらSF(少し不思議)な物語で終わったのだけど……第二話の「1/1,000,000,000のキス」から物語が天元突破する。

 物語中盤において、まるでシュヴァルツシルト半径に近づいた光のごとく、回避不能な死という運命に捕まってしまう毬井ゆかり。そのゆかりを助けるために、フェルマーの原理のように、その名のごとく波濤のように、ゆかりが助かる世界を模索するマナブ。いくつものパラレル・ワールドに存在する自分の知識・経験を吸収してトライ&エラーを繰り返し、ついには過去までを作り変え、そのパラレルワールドに存在する自分の知識・経験を吸収してトライ&エラー。しかし、どこまでやってもゆかりが助かる世界を創り出すことはできない。自分という存在が存在する限り、ゆかりの助かる世界を導き出すことはできないと悟ったマナブは、アプローチを変えて宇宙そのものを創りなおすことを決意する。パラレルワールドを操作して、万物の理論を完成させて世界の波束を収束。霧のように確定してなかった世界を確定させ、自身は絶対観測者として宇宙の外側へと去る。ブレイクスルーした波濤マナブとは、別の波濤マナブが存在する世界を創り出したことにより、やっとゆかりの死なない運命の宇宙を創り出すことに成功する。

 皮肉にも、人間がロボットに見えるクオリアを持つゆかりよりも、哲学的ゾンビに近い存在となり、ついにはそれすらもブレイクスルーして神のごとき領域に到達したマナブは、ゆかりを守りたい故に、ゆかり自身の心を顧みることを忘れてしまった矛盾。あの日、ゆかりと出逢い、ゆかりの目の事を知り、ゆかりの能力を知ったとき、彼女を受け入れ共に歩んでいこうと誓った気持ちを忘れ、一人で彼女を救おうとしたマナブには、百万回宇宙の終わりと始まりを繰り返そうと、ゆかりを救うことは出来ない。ゆかりを蚊帳の外にして、遠大な回り道を経て手にすることが出来たのは、ゆかりにとって、この先永遠に続くマナブの居ない世界。ゆかりにとって真に望むものは、逃れられない運命であろうとも、共に手を取りあい歩んでくれる、本当の友達。百万言、億万言を重ねようが人は自分のクオリアを他者に完璧に伝えることはできない。自分の感じるリンゴの赤さを完全に他者に言葉で伝えられないように、自分以外の人間の心の内を理解することはできない。それはきっと神のごとき存在であろうとも超えられない事なのでしょう。この相互不理解があるからこそ、人は歩み寄る。神のごとき孤独な永遠の存在者には得ることのできない喜び。

 だからマナブはやり直す、これまで得たものを全てを失っても、本当に欲しかった、この隣にいる小さな女の子の手を取る。この物語の素晴らしきかなは、これだけマクロでありながら、結局は人と人の心の物語であり、女の子同士の友情・愛情の物語であるところ。多元宇宙のマクロさを人の心のミクロさで包む込む優しい優しい物語。迷い、苦悩し、狂いそうになるほどの長い長い距離を、光の指し示す道を、最短距離で駆け抜けた少女に贈られる癒しと許しの物語。ここから始まるガール・ミーツ・ガール。

 もう一度言うと、この物語の素晴らしきかなは、良質なSFであるのみだけでなく、ガール・ミーツ・ガールでありSFでもある、SFライトノベルとして確固たる矜恃を持つからこその傑作。それこそ人は自らのクオリアをどれだけ言葉を重ねたところで伝えきることができないように、ならばこの作品に贈られる言葉は百万言を繰り返すよりも、ただ単純明快に"面白かった!"のひと言が、どの言葉よりも相応しいでしょうね。


スポンサーサイト
[ 2010/02/24 20:30 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。