もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無自覚なまま 生きてゆくのを しあわせと呼ぶなら 痛みを選ぼう

 
 また珍妙な事を言い出したな!(挨拶)
つか"非実在青少年"ってワードかっこいいな!w セカイ系ラノベっぽいよ! この法案でいくと金朋せんせぇは非現実青少年だな……もともと珍獣幻獣みたいな幻想種ではあるがw しかし主観でしか決めれない事柄だけど、誰が非か実かを決めるんだ? アグ●スか? 実在してねぇーんだからいいじゃんよ! とか言うわけにはいかねぇーんだろなぁエライ人にとっては。こういった話題が上がるたびに文化革命やら思想の自由やらのワードが上がってくるのだけど、もうなんか疲れたw そもそもが穴だらけの法案なんでどーともならないと思う。つか18歳以上だったらいいんだw


・【感想】【ラノベ】バカとテストと召喚獣7.5
バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 い 3-1-10)バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 い 3-1-10)
(2010/02/27)
井上堅二

商品詳細を見る

 .5とあるように、短編集ですが、7巻直後から8巻への布石のエピソードが挿入されていたりするので読んでおかないと今後話がつながらない可能性があるのでご注意を。この作品は短編ぐらいのエピソードの方がネタが凝縮されていて面白い気がしてきた。脱衣トランプ、本音を喋る召喚獣、闇鍋大会と大まかなネタを聞くだけでワクワクしてくるのはキャラが立ち過ぎてるバカテスならでは。

 "僕とダウトと男の尊厳"は、巻を重ねるごとに、どんどんと強かになってきた姫路さんを楽しもう。

 明日からは、身近だった明久君が、ネット界のアイドル「アキちゃん」になって、遠くに行ってしまうなんて・・・・


 私は、自分が最後の一枚になっても、このゲームを途中で終わらせる気はありませんから


 大変力強いお言葉です。こーゆう決意を不退転と言うのでしょう。これが脱衣トランプで一方的に相手を搾取中という異常事態でなければ惚れそうです。もう、かつての病弱設定なんて確実に吹き飛んでるな。翔子もたいがい変だし強い(物理的に)けど、基本乙女なんで強かってイメージではないのに対して、姫路さんは強かってイメージだなァ。彼女も乙女には違いなんだけど思い切りがいいというか度胸が据わってというか。見た目に反して、バカテス最強女子は姫路さんだと思う。工藤さんはアレだ…別格というか……バグキャラっぽいのでノーカン(あれはハルヒにおける鶴屋さんみたいなモン)。

 "僕とホンネと召喚獣"は召喚獣が召喚者の本音を代弁しまくる実にバカテスらしい話。秘め事は心の中にあるから美しいなんてのは、この世界に通用しない。普段から結構あからさまに本音をダラダラと垂れ流してるバカテスキャラ達ですが、こうして改めて本音を垂れ流すと、美波でなくても錯乱するわな。というか、あの手この手で本音を聞き出そうとする姫路さんが実に怖いw 本当にかわっちまったなぁ……姫路さん(遠い目)。それにしても美波の召喚獣の「やーっ」って台詞が可愛らしすぎるな。というか、深層心理で明久のことを好き好きすぎるだろ美波w

 "僕と福引きと闇の鍋"は闇鍋=料理、料理といえば姫路さんがバカテスの不文律。ちょっと料理を作ったら副産物に王水を発生させてしまうような必殺料理人姫路瑞希の本領発揮。このDEAD OR ALIVE闇鍋大会を生き残るために、普段はバカな明久と雄二がどうすれば最低限の被害で済むか? あわよくば相手に致死量の毒姫路さんの持ってきた具を押し付けることができるかを高速演算する様がなんとも言えない。ここら辺のインテリジェンス(知識)は低いけど、ウィズダム(知恵)のパラメーターは高いのがバカテスキャラ。そしてそんな二人をあざ笑うかのごとくのバイオハザードなのが姫路料理。このエピソードは7巻直後の物語であり、このエピソード直後が8巻の導入っぽい。玲さんが居るとはいえ、ひとつ屋根の下でしばらく一緒に暮らすことになる明久と姫路さんとの関係の進展が楽しみ。そしてそれを黙ってはいられないであろう美波の動向も。

 "ウチと日本と知らない言葉"は今巻エピソードの中でもとりわけハートフルなエピソード。ドイツ育ちの帰国子女である美波が、日本に来たばかりの頃のお話であり、明久達と出逢った頃の話。実に美波がなぜにこんなにも明久の事を好きなのかの片鱗がうかがえるエピソード。ドイツの帰国子女である美波の一人称がなぜ"ウチ"なのかの理由が実にバカテスらしくバカでハートフルで、明久のバカかっこよさと優しさがよく顕れてるエピソードだと思う。ほんと美波は内面乙女過ぎて可愛らしい。ガンバレ美波!負けるな美波! このライトノベルがすごい! 2009年度版女性キャラ部門26位なんて気にせずにガンバレ!(ちなみに秀吉は男子部門1位、女子部門7位)w


スポンサーサイト
[ 2010/03/01 13:30 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)
し主観でしか決めれない事柄だけど、誰が非か実かを決めるんだ?

その記事見た瞬間から、

「ありがたいことに私達の狂気は君達の神が保障してくれるというわけだ。
 よろしい、ならば私も問おう。
 君らの神の正気は
 一体どこの誰が保障してくれるのだね?」


って俺の中の少佐が囁いて延々とリピートしてくれてる。
毎回思うんだがこういった無根拠過ぎる考え方を持った自称健常者連中を、ノイローゼに追いやるまでボッコボコに論破してやりたくて仕方ない。

[ 2010/03/01 23:26 ] [ 編集 ]
 最終的に僕の神様と君の神様どっちが強いか勝負だ!って事になるわけですが、その実オタクの神的強度は実に脆いです。ただしステルス能力には優れているのでデコイを巻いて潜行するのが吉。

論破もクソも同じ言語を使っても異世界の法則論と価値観で話し合うだけなんだから会話にならないと思うよ。お互いw
[ 2010/03/02 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。