もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ごらんよ 壁に掛けられた セピア色の一枚の写真 今では その笑顔もその言葉も かけがえのない宝物

 
 湯豆腐に熱燗しか、ぬ!!(挨拶)
そして肉を食いたいと思っても食えないので--そのうちカーズは、考えるのをやめた。鍋……それは弱肉強食のバトルフィールド。


・【感想】【ラノベ】サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL
サクラダリセット2  WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)
(2010/02/27)
河野 裕

商品詳細を見る

「貴方は、貴方の未来を知りたい?」
能力者が集う街、咲良田。記憶保持の能力を持つ少年・浅井ケイと「リセット」能力を持つ少女・春埼美空は、管理局の要人に呼び出される。名前を持たず、「魔女」と名乗るその初老の女性は、30年近く隔離され、窓一つない部屋に住んでいた。彼女の能力は、未来を見ること。その役割は、咲良田の未来を監視すること。そして魔女は、自身の死期が近いことを知っていた――。待望の第2弾!!


 物語が一気に加速したと言うよりは、この巻の終了を持って物語が始まったという印象すら受ける。

 咲良田という能力者が集う街。その類い希なる能力"未来視"故に、能力者を統率する管理局という組織のシステムとして組み込まれ、ついには形骸化してしまった名前すらも失った魔女の物語。彼女の最期のささやかな願いを叶えるためにケイと春埼が能力を駆使するわけですが、今巻は前巻で敵だった村瀬が大活躍ですね。ケイと春埼のつかみ所のないキャラクター性が、この物語の透明感と不思議な読感を醸し出してるとするならば、村瀬や今巻の岡絵里なんかはわかりやすいぐらい人間でホッとする。この緩急の付け方は実に巧みで、実にコントロールして創作されてる印象を受けます。

 前巻の話の鍵がマクガフィンだとしたら、今巻の鍵はスワンプマン。マクガフィンが文字通り、物語を構成する上で登場人物たちの動機付けのガジェットだとすれば、今巻のスワンプマンはもう少し精神的な象徴ですね。スワンプマンに秘められてる、同一性への疑問は、次巻以降の大きなテーマ。今巻のラストでケイが手にした一つの可能性は、この物語を大きく変化させる鬼札。確定している未来として、ケイがその鬼札を切ることを選択するのは間違いないのだけど、問題はどのタイミングで切るかだなァ。この魔女の物語は、これからケイ達が辿るifの未来の可能性で、このタイミングでこの物語をケイに体験させることすら、二年前から決まっていた作為性を感じる。マクガフィンによって都合のよい能力者がケイの元に集っていること、マクガフィンがきっかけで魔女とケイが邂逅したこと、全てが計ったかのように都合良く一つのベクトルへと収束している。魔女以外で唯一の未来視を持っていた"彼女"の計画通りなのでしょうね。次巻以降、ケイが手にした鬼札を切ったとして、ケイと春埼の関係にどのような変容をもたらすのかは、今後の注目のひとつ。あとは、岡絵里と協力関係だった管理局上層部らしき謎の男の動向も気になる。次巻も実に楽しみ。


スポンサーサイト
[ 2010/03/04 17:20 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。