もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

永遠の少女でいる うたかたの夢を見た君は 夢で見た景色 叶えたね

 
 二つ名メーカーをやってみる!(挨拶)
例によってHNとネトゲのキャラ名で……

ふきにゃ:残滓(イミテーション)
吹き矢3級:無限予言者(アンリミテッドスネイク)
海冥寺ルリエ:根絶(イグジット)


 ……イタタタタタw
中二全力全開ですよね。このツールの使い道としてはDXなどのTRPGをプレイする際のコードネーム作成に使用すると良い感じ。

 とりあえず手間を省く意味でもFC2blogコミュ"変態紳士"(今とっさに作った)の仲魔であるところの、弐號さん加奈香さんの分もやっておいてあげよう。感謝するように(頼まれてもいないのに恩着せがましく上から目線)。

加奈香:撃墜解体(トラッシュブレイカー)


 自分が撃墜された上に解体されるのか、相手の事なのかで意味合いが凄く変わってきますが、どっちにしろもう少し手心を加えてやれよって二つ名です。

弐號:混沌兵器(スラップスティックアームズ)
ジーク花音:失踪静脈(サイクルリサイクル)


 うわぁ…名は体を顕しすぎてるだろ……。まあ、アヘ顔チン皮TENGA眼鏡マイスターな人なので混沌としてないはずがない。つかリサイクルなんてせずに環境保全的な意味で鉄格子の付いた病院に隔離するべきだと僕の中のエコロジストが叫んでます。

 つか失踪じゃないけど居なくなった人って意味では花音なにやってるんだろうと思わなくもないけど、弐の人と違ってどちらかと言えば、アンチ花音な人種なので捨て置きます。なぜこんな敵対関係を煽るがごとき事を大人げなく言うのかといえば、人生は敵が多い方が楽しいからです♪


・【感想】【漫画】少女素数 (1)
少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/03/12)
長月 みそか

商品詳細を見る

 ああ、少女って素数だよなと実に思う。1とその数自身以外に正の約数がない素数の孤高さと、少女がもつどこか幻想的で不可侵なイメージは実に似ていると思う。加えてこの作品では二卵性の双子の少女が主人公ってことで素数的には2なわけですよ、自然界で唯一偶数の素数である2ってあたり、シャレっ毛に溢れている。きっと元長柾木風に語ると象形文字ではなく楔形文字のイメージで散文的。捕らわれず縛られず、あるものがあるがままの美しさ。なにを言ってるのか自分でもわからないw

 さて、少女である。あくまでこの物語は少女なのです。女の子でもなく、女性でもなく、もちろんのこと幼女でもなく少女なのです。僕たちはこの少女というワードをこよなく愛します、崇拝に近い感情すら抱いています(たぶん単なる変態なのだと思います)。なぜ少女というワードにこれほど憧憬を抱くのかと考えると幻想的で蠱惑的だからでしょう。赤ん坊を前に、まるで妖精のようだと形容する人は居ないかと思います。なぜなら赤ん坊は無垢だからです。もし赤ん坊に対して形容すべきものがあるとすれば、天使でしょうね。逆に少女を天使と表現する人は居るでしょうけど、どちらかと言えば妖精でしょう。その内に無垢さを内包しているので、天使と表現も出来そうなものですが、少女を構成する霊的物質は無垢だけではないと思います。可愛らしさ、無垢さ、小悪魔さ、訳のわからなさ、残酷さ、あどけなさ、恐ろしさ、面倒臭さ、天真爛漫さ…etc.、故にイメージとして挙げられるのは蠱惑的な妖精が最適なのだと思います。これら全てを内包しているの存在が少女という男には理解不能な生き物であり、多感な年頃の刹那の時間だけしか存在することが許されないある種の幻想種。この幻想的な存在の輝きに僕たちは瞼を灼かれるほどの憧憬を抱くわけです。花は枯れるから美しく、花が最も美しく輝くのは蕾から開花する刹那の瞬間なわけです。この理屈じゃない純然たる美しさと儚さに畏敬の念を抱くと同時に、理屈でわからない美しさに恐怖を感じるわけです……とりあえず自分の性癖を正当化しようと言葉を弄する自分が可愛らしくも惨めに思えてきたのでもう止めますorz

 というよりも、僕ごときが少女について延々語るよりも作中で引用されてるようにマザーグースのナーサリーライムが力強く語ってますね。

おんなのこって なんでできてる?
おんなのこって なんでできてる?
おさとうと スパイスと
人造蛋白質分子!すてきな なにもかも
そんなものでできてるよ


 なんか一部、打ち消し線で消してある変なワードが混じってますが、気にしない方向で。この詩を聞くとついつい入れたくなるワードなんです。このこのために、せめてきれいな星空をなんですよ。デイジーデイジー。まあ、おさとうとスパイスとすてきななにもかもで出来てるんじゃしゃーねぇーなと。

 閑話休題。不思議なことにこれほど世の中に作品があって、"少女"自体をテーマに絞って描かれた作品というのは驚くほど少ないかと思います(単に自分が知らないだけの可能性もありますが)。強いて挙げるなら、白倉由美作品とか、130cmの『彼女たちの流儀』かな?(カノギの場合は、作り手の持つイメージのかっこいい女の子を描くにあたって、少女の持つ成分をヒロイン数に合わせて大別し、それぞれに割り当てたって印象ではあるので極端な例のようにも思える)。あとは映画のエコールもまあそうなんだけど……ちょっと官能的すぎる。監督のルシール自体が女性ってこともあり、女性として少女の魅せ方自体を熟知しすぎてる感覚がある。僕たちが憧れを抱くのはあくまでも僕たちの視点が入った少女という理解できない幻想種なのですよ。現実的なのではなくもっと概念的なもの。そーいった意味では白倉由美作品も同じだけど(こっちはこっちで精神的すぎる)。

 まあ、そんなわけで少女だけをテーマと言うのはドラマを生むには大変難しい素材だと思います。故にこの作品では大枠の少女ってテーマ以外は自然体として描かれてる。大きなドラマが在るわけでもなく、牧歌的な日常がほんとにゆっくりと進んでいくだけ。どこかノスタルチックな街を舞台にしてるのも少女性の表現する上で考え抜かれてるなァと思います。振り返ればそこにある懐かしい思い出である郷愁や懐古といった感覚と、いずれは失われる少女性は実に相性がいい。そんな限られた時間、女になるまでの猶予期間で放たれる少女達の輝きは実に美しい。健康的であり耽美であり、エロティシズムを感じるかと言われれば、感じもするような感じもしないような……。こんな二律背反が相克するのでは相生するのが少女であり、実にそこら辺の追求ができてる作品だと思いました。まあ、きっと百万言を弄するよりも、可愛いは正義であり、可愛いは真理なんだと思います。


・【感想】【漫画】はじめの一歩(91)
はじめの一歩(91) (少年マガジンKC)はじめの一歩(91) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
森川 ジョージ

商品詳細を見る

 議題:なぜボクシング漫画は物語後半にさしかかると野生児を登場させるのか?

 21世紀も10分の1終わろうかとする、この時代にですね、あしたのジョーのハリマオと同じ展開なわけですよ。変わり種の対戦者を登場させることで読者を飽きさせない、精神論としてボクシングに必要な野生を再認識する儀式である。ここらあたりではあるんでしょうね。そんなわけでボクシング漫画ではないけど、作品に原始人を登場させた板垣先生はありだと思いますw

 しかし、それにしてもウォーリーは強すぎるだろッ! パウンドフォーパウンドなら、この作品で5指に入る強さじゃないだろうか? 鷹村、マルチ(リカルド・マルチネスの愛称)、宮田に続くぐらいのチートさですよ。本誌だとようやく突破の糸口がみえたところだけど、伸びしろって意味では他の追随を許さないキャラだし、もし再戦したとしたら本気で勝てなさそうなイメージすらある。それ故にこれを破れば、そろそろ頂点への入り口が見える頃なのかなとも思いますね。


スポンサーサイト
[ 2010/03/17 16:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(5)
わあい。かわりにやってくれてありがとう。(棒読み)

つか「名は体を表してる」じゃないだろ!
俺の自身のHNはKENZENであって、その「二つ名」が体を表しているだけじゃないか!
しかし『混沌兵器』とか本当に的確すぎる二つ名過ぎて、ちょっとマジに感心した。
しかも中二病としても、第三者にも実に分かりやすいイタイ病名。
その名を人前で名乗ったら100人が100人とも哀れみの目を俺に向けることウケアイ。大衆の注目の的だね。


そして花音=失踪も的を得ているというかなんというか。
とりあいず泣きたくなりました(´;ω;`)

[ 2010/03/18 11:26 ] [ 編集 ]
弐さんはやっぱり変態さんなんだと改めて教えて頂けた良い日記だとおもいました、まる
ついでに私の二つ名は、飛んでる間に自分の機体を自分で解体して勝手に墜落していく意味での撃墜なのであしからず。
[ 2010/03/18 13:23 ] [ 編集 ]
これからお二人をお呼びする場合は、中二的にトラッシュブレイカーとスラップスティックアームズとお呼びしますので、その際には「俺をその名で呼ぶんじゃねぇッ!!」と嫌悪感丸出しの中二返答するように。

ちなみにKENZENの場合の二つ名は…
血塗られた蹂躙(デッドリービースト)ですw
流石ですね……弐さんはやっぱりどーあっても手遅れですねw
[ 2010/03/18 16:12 ] [ 編集 ]
ルシール監督が女性だという事を初めて知った(何
てっきりエコールはパヤオ監督みたいな変態紳士が撮ったものだとばかりw
[ 2010/03/18 21:16 ] [ 編集 ]
まあ確かにあの足フェチっぷりは誤解されても仕方がないが変態淑女ですよw
[ 2010/03/18 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。