もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鉛雲 吼える犬 祝福は臨終絵図 生誕に呪いの炎 雲の切れ目から 終ノ空

 
 調子にのって仕事しまくったら、疲労がやばい(挨拶)
若い頃はリポDとか飲んだら全然平気だったんだけど、いまは徹夜とかすると身体がダイレクトに疲労をみせるなァ……これがゲームで徹夜とかなら、全然平気なんだけど不可思議だ。


・【感想】【エロゲ】素晴らしき日々 ~不連続存在~
素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る

 端的に言えば、新約終ノ空。なにを書いてもネタバレになるし、考察なんてしようものなら延々と長大なものになるので割愛して、ここでは雑感を。

 6編(実質的にはEDを除いて7編)の物語で語られる、この物語は1編だけのプレイでは全貌は見えない。各編を進めていき、その章のEDを迎えると共に、一つずつ新しい物語のキャプが外れていくシステム。その中での伏線回収は美事なもので、1編ずつみると意味のわからなかったものも、クリア後に再プレイすると深い意味をもってくる。実に緻密に計算された物語。無意味な音がいつの間にか旋律になっているような感動すら覚えた。

 最初に言うべきだったけど、このゲームは最後までプレイすれば万人受けするテーマであるものの、過程においてとてつもなく人を選びます。もしプレイを迷っている貴方が"終ノ空"を過去にプレイしており、なにかしらの感銘を受けたのであれば問題ありません、大手を振ってお薦めします。ただそれ以外の方に薦める場合、"凌辱"、"レイプ"、"イジメ"、"暴力"、"クスリ"などのワードに嫌悪感を感じる人は敬遠した方がよろしいかと。あと、後に語りますがメインテーマは至極単純で真っ当なものではあるのですが、それを説明する過程において哲学的な要素が大変に多く、人によっては説教臭く感じるかもしれません、それらが苦手な人も敬遠するとよろしいかと。

 個人的には大変面白かったし、今年のベストに入る作品だったのですが、なんにせよテーマが純粋であるが故に難解ともうしますか、それこそプレイヤーの数だけ解答がある感じの作品なので、自分でも咀嚼しきれていないところがあり上手く言葉にできないところがあります(そんな状態で感想を書くなよ!)。以下追記に記すことはネタバレ全開の戯言であり、人によってはこの作品の事を甚だしく勘違いしていると思われる内容かもしれません(自分の中では真実ではあるのですけど)。

 それではaaな感じで以下隔離w

ビックハザードこっちくんな
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ  


 
 この作品のメインテーマを語るとすれば"幸福に生きよ"というウィトゲンシュタインの思想であり、プレイした殆どの人は異論はないかと思います。ここでメタな話をして申し訳ないと思いますが、初回版の同梱特典「素晴らしき日々オフィシャルアートワークス」のすかぢ氏インタビューで言われてる、「現実が辛いのに、ゲームの中までなぜ辛くて嫌な思いをしなければならないのか?」 この命題に対する一つの答えであり、すがち氏にとってこれから先も創作するにあたって、なさねばならなかった禊ぎが"素晴らしき日々"という作品だったのでしょう。この作品は各章にHappy EndとBad Endがそれぞれあります。物語の構成上、Happy Endを迎えたシナリオはそれ以上は進みません。Bad Endを迎えた時のみシナリオロックが外れ、次の章をプレイ出来るようになってます。絶望を越えて、更なる絶望を重ねなければ先へと進むことはできない。作中に高島ざくろが語っていたように…

次の一歩が奈落であるかもしれないと疑えば、そこで歩は止まる


 一度懐疑を抱けば歩みは鈍る、恐怖を感じれば歩みは止まる。それでも歩みを止めずに進まなければ、"素晴らしき日々"へ辿り着くことはできない。だけれど人は何かを信じなければ歩くことはできない生き物なのである。そんな人間を水上由岐の言葉が許す。人は神と共にあると、本当に辛いとき神が足となって歩ましてくれると。神は言葉、神は美しさ、神は祈り、三位一体のもの。神が共にあるからこそ人は懐疑の先を踏み出せる、先に向かって進むことができる。たとえその正しいと思った道の先が地獄に通じていようとも、更なる悲劇の入り口だとしても。

「死は想像……いつまで経っても行き着くことの出来ない……」
「人は死を知らずに……にも関わらず人は死を知り、そしてそれが故に幸福の中で溺れる事を覚えた」
「絶望とは……幸福の中で溺れる事が出来る人だけに与えられた特権だな」
(中略)
「人よ、幸福たれ!」
「幸福に溺れることなく……この世界に絶望する事なく……」
「ただ幸福に生きよ、みたいな」


 メメント・モリ、人は死を体験できない故に死を想像する。そして生の意味を考える。人という種が複雑化した故に死を想像するようになり、知らないままに死を知る。生もまた同じ。世界の中ではすべては、あるがままにあり、起こるままに起こる。そんな中でこの物語は"人よ幸福に生きよ!"と言う。作中でも言われているとおり、強いて言うならば"生きよ!"と命令系なところが大切なのでしょう。死を想像し、死を知らないまま死を知り、死を知ったが故に生について想像をし、生を知らないまま生を知る。その中で人は絶望を手に入れ、それ故に幸福を求めて、溺れ微睡む事を望む。幸福になりたいがために、絶望を恐怖するが故に。人はその進化過程において魂が複雑化してしまい、生命に刻まれた"幸福に生きよ!"という根源的な命令を見失ってしまった。幸福は求めるものではなく、"なる"ものであり、"なれ!"ということを。生きる意味も、人生の目的も、全ては幸福になることであり、幸福に生きた人は、生きる意味も、人生の目的も手にした人。ウィトゲンシュタインの言葉を借りるなら"幸福に生きよ!、ということより以上は語りえないと思われる。"なのでしょう。そして、この"幸福に生きよ"という命題は、物語が語るように……

「誰でも知ってる事だよ…それこそ近所の八百屋の親父でも、スーパーのレジ打ってるおばさんでも、タクシーの運ちゃんでも…」


 本当は誰もが知っている事。見失いがちになり迷走することもあるけども、魂が知っている原初の命令。呪われた生を授かり生まれ出で、祝福の生を生きる命の本質。実際のところ"幸福に生きよ"と言われたところで、漠然としすぎてるし、そもそも幸福ってなによ?って話になる。結局のところ、全ての鴉は黒いという全称命題は1羽でも黒くない鴉が居れば覆るが、全ての白鳥が白いことを証明するのに、何羽白い白鳥を捕まえてこようとも証明にはならないみたいに、幸福の中身は人それぞれなので、どれだけのケースの幸福を集めてこようとも、それこそ全人類分の幸福の数があるだけである。そも具体的な幸福論を語りたいならば、ウィトゲンシュタインを引用するのではなくラッセルの幸福論を引用すればいいと思う(自分なら七鳥未奏作品やDIO様の"人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる"って言葉を引用するなw)。あえてウィトゲンシュタインの言葉を、この作品がメインテーマにしたのはあくまで概念とか根源の話をしたいからなのでしょう。ウィトゲンシュタインの"幸福に生きよ!、ということより以上は語りえないと思われる。" ,"およそ語られうることは明晰に語られうる。そして、論じえないことについては、人は沈黙せねばならない"の言葉は思考停止ではなく、言葉にならない悲鳴なのでしょうね。だから人は直向きに生きて、言葉にならない悲鳴を明晰化しようとする。生きる意志で幸せを明晰と化し、人生へという器を満たしていく。結局、"幸福"という概念は"幸福"でしかないのでしょう。この物語はあえて幸せの中身を語るのではなく、幸せという外枠,大枠を語った物語であり、その先にあるものこそが"素晴らしき日々"という内側にも外側にも普遍的に偏在する日々なのでしょう(気づければの話ですけどw)。なんかここまで書いてなんだけど、僕らはみんな生きている生きているからうれしいんだ♪の"手のひらを太陽に"歌詞でいいじゃん、もう。とか思い始めたw

 さて、ある意味本命のラストエピソードにして最後の最後の顕れるED"終ノ空Ⅱ"である。このエピソードに至っては、ほんと賛否両論でしょうね。なぜならこの"終ノ空Ⅱ"は、既存の全てのEDを否定してしまうから……(個人的には、否定ではなく全てのエピソードを包み込んだと表現したいのだけど、便宜上否定という言葉を使う)。

 音無彩名……ケロQが1999年に発売した"終ノ空"同様に、彼女の役割はトリックスター。ある程度、今風に改変されたり、大幅ではないにしろ何かしらの変更があったキャラクター陣の中で、彼女だけがブレもなくそのままの役割。全てを知り、キャラクターを導く導師のようでありながら、その実なにもなさない。彼女の言葉を借りるなら……

「我は門……」
「門にして鍵」
「全にして一、一にして全なる者……」
「原初の言葉の外的表れ」
「外なる知性」
「音無彩名」


 その言葉通り捉えるならば、彼女はクトゥルー神話におけるアザトースに次ぐ副王・全にして一、一にして全なる者ことヨグ=ソトースである。もしかしたらその化身である、ウムル・アト・タウィルなのかもしれない(その役割的にはヨグ様より、ニャル様ってイメージなんだけど、彩名によればニャルはリトルだし)。自分がクトゥルー神話を好きなことを差し置いて、これであれば若干残されてる物語の謎も全て解決する。もう、なんでもありだからw

 "終ノ空Ⅱ"のエピソードにおいて、音無彩名は水上由岐に問い掛ける。水上由岐という存在は何処でどの時点発生したものか? 目の前にいる音無彩名という存在は水上由岐の脳が創り出した幻想ではないのか? はたまたその逆であり、水上由岐という存在は目の前の音無彩名という人間が生み出した幻想ではないのか? 自分は思考しており確かに存在すると主張する由岐に対して、彩名は「自分が思考している事、それが自己の存在証明などにはならない」と切り捨てる。さらに彼女は……

すべての存在は一つの魂によって作り出された。
偏在転生。たった一つの魂の、無限の輪廻転生


 この理論であれば、全ての事象について説明がつくと由岐に語る。確かに"全にして一、一にして全"であるならば全てが説明つくね。それがヨグ様みたいな存在なのか、ユングの集合無意識的なものであれ。音無彩名は最後の最後で物語の境界線を曖昧とする。そして曖昧になった境界線の先、由岐は消え、彩名だけが残る。終ノ空を見続けた少女は、次なる終わりを始める。 由岐が何処に行ったのか? そも存在したのかしなかったのか? 全ては闇の中であり、プレイヤーによって決定される事象となる。高島ざくろと銀河鉄道に乗るもよし、向日葵と坂道を目指すもよし、素晴らしき日々への歩みを始めるもよし。それこそ"終ノ空"を持っている人ならそれをプレイするもよし、もしくは全然別のゲームを始めるって選択肢もある。全ては彩名が語るとおり。

「すべては私達の世界…それはどこまで行っても、行っても…私達の世界」
「ここに立ち止まるのも…ここから歩き出すのも、同じく私達の世界…」


 この"終ノ空Ⅱ"はやっぱり蛇足な物語ではあるのでしょう。音無彩名の存在だってなんだっていいのでしょう、上記に挙げられた他にも、他者の作品を挙げるのもなんだけど、"俺たちに翼はない"の末弟…多重人格者が再統合を果たす時に顕れるIHS(インナー・セルフ・ヘルパー)のような救済者でもいいし、我々ことメタな視点を持つプレイヤーの化身でもいい。もちろんヨグ様でも集合無意識でも単なる思わせぶりな女学生だったでもいい。それこそウィトゲンシュタインの"論じえないことについては、人は沈黙せねばならない"ですよ。あくまでも、この物語は"幸福に生きよ!"であり、EDの"素晴らしき日々"こそがメインテーマ。"終ノ空Ⅱ"はあくまでも物語の外側から、全てを包み込む、それこそかつて発売された"終ノ空"すらも包み込む。高次元からすれば、我々が命題と思いこんでるものも、どうでもいいものなのかもしれない。だけど我々は我々の視点で見ることのできる世界を愛するしかない、その中で幸福に生きよ!の命令に従うのみである。どう捉えるかは貴方次第。まあ、こいつは素敵だ、全部台無しだ。と、わたくしめは喜びながら受け取りましたw

 長々と駄文を書き連ねてきましたが、"終ノ空"発売より、ずっとモヤモヤしていた気持ちに終止符を打ってくださったケロQスタッフに最大限の敬意と賛辞を! そして是非とも次回作の"サクラノ詩"では、"素晴らしき日々"で描かれた先にあるテーマを力強く描いて欲しいと思う。それこそ7年どころか何年でもお待ちしておりますので。


スポンサーサイト
[ 2010/04/27 18:52 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。