もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思いを思われ結ばれていく キセキ 離さないこのまま ずっと君を

 
 いつの間にか新作の告知が(挨拶)
 前に発売された『夏ノ雨』が面白かったので、新作『your diary(仮)』も期待大。纏ってる空気の色は『夏ノ雨』に近い印象を受けるのだけど、夏ノ雨自体もビジュアル的に纏ってるイメージに対して、実際はカラっとしたお話だったので、外見からだけでは判断できない。とにかく情報待ちですね。
 

・【感想】【漫画】ヨスガノソラ (1)
ヨスガノソラ (1) (角川コミックス・エース 282-1)ヨスガノソラ (1) (角川コミックス・エース 282-1)
(2010/05/26)
水風 天

商品詳細を見る

 アニメ化も決定してノリにノってるヨスガのコミカライズ作品。穹メインで押してくるかな?と思ったら、穹メインなのは間違いないのだけど、意外に瑛と一葉の関係なんかも丁寧に描いてるのにびっくりしたと共に好感が高い。メインが穹とハルの近親という禁じられた恋である以上、他者との関係と理解は避けては通れない道というか……この二人の場合は二人だけの世界で完結出来る道もあるのだけど、あくまでも誠実に他者の理解を得る道を選ぶことになるわけなので、理解者たる身近な人間の背景を掘り下げることは大切な事。縁の空とはよく言ったもので縁で繋がった空の元でを生きる大切な人達を蔑ろにはできないですからね。誰よりも穹を大切にするハルだけども、生来の生真面目さや誠実な性根から社会性を完全に廃絶して二人の関係を押し進められないというか、結局は穹に自分だけが居ればいいなんて寂しいことを思ってほしくないってのがあるのでしょう。穹はホント……そこら辺どーでもいいと言うか、ハルがそうしたいなら従うみたいなところがあるんで。

 ヨスガノソラって作品は、穹ゲーと言われるだけあってほんとそこら辺がネチっこく嫌らしくドロドロとして描かれてる。結局なところ、どんなに言い繕ったところでこの作品は兄妹が堕ちる物語であり……穹がハルを最後の肉親という絆を逆手にとってハルの全てを自分のものにする話といえる。ハルが拒めないことを知った上で、ハルという鳥の片羽と片目を奪い取り、ハルという枝に絡みつき比翼連理を成す。この穹の業を何処まで表現できるかが、このコミカライズ成否の鍵でしょうね。この穹とハルの関係については知らない人が聞いたら、オーバーに誇張してるんじゃないのと思うかもしれませんが、これでも控え目に言ってるつもりですよ。そういった意味では、原作を知らないよりも、おおよそ裏事情の隅々まで知っている人間の方が色々と楽しめると言うか、どうするんだろうとワクワクしますね。ちょっと、この略奪愛というか搾取愛劇というかキレイなものも多すぎるとグロテスクになるのね(cv門脇舞以)的な、この物語を表現するのは大変だと思うよ……w

 とりあえず今巻は穹のハル好き異常度を印象づけて、次巻から徹底的に攻勢をかけるって感じですかね。幼馴染みメガネの逆レイープ話をコミックでそのままやるかどうかは不明だけど、1巻で確執は語られてるのでソフトタッチな形にはなるかもしれないですけど伏線回収はするでしょうね。穹にとってメガネは敵でしかなく、自分がハルを完全に掌握してメガネのことをどーでもいいと思えるようになるまでは続く暗い戦いだからなァw(そーいった意味では、メガネも物語的に負わされてる役目は、穹だけを悪者にしないというか……ユーザーからの悪意を一身に引き受けるためのサクリファイスなのだから、なんだか泣けてくる。でも、メガネ死すべし!w)。

 あー、それとひと言だけ言いたいッ!! やひろさんすら登場してるのに……駄メイドがどこにも登場しない? どーゆうことよw


・【感想】【漫画】信長協奏曲
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)
(2010/03/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る

 一巻読んだときには、ありっちゃありかなァ……。でも雑なタイムスリップものだなァ……ぐらいの印象しかなかったのですけど、2巻で化けた。現代の人間が戦国時代にタイムスリップして織田信長と成り代わる……確かにあらすじだけ聞けばありふれた作品なんですけど、現代ゆとり世代を戦国時代へというワードが加わるだけで目新しのはアイディアの勝利。普通なら未来から来た人間だから、未来を知ってて過去をそのように導くって展開になるんだけど……元々、歴史に興味がなく信長のことをよく知らない、ゆるいというかマイペースな主人公・サブローは飄々と信長を演じ続ける。まるで後の歴史に語られる信長がそうであったかのように。1巻ではそこら辺のキャラ像を掴みかねてたところがあったのですけど、2巻でサブローの周りの人間関係も固まってきて面白くなってきましたね。なによりなんだこのネオ・斎藤道三像!w 戦国時代なのに学生服と警官の制服でなされる信長と道三の会合は漫画史に残る珍シーンだと思うw 2巻ラストで桶狭間の戦いが始まったので、これからサブローは織田信長として一躍戦国時代のスターダムにのし上がることになるんでしょうけど、正史ではないけど正史って縛りを武器にどのように調理していくのかは興味深い。


スポンサーサイト
[ 2010/06/01 13:30 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。