もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

熱く、なる、躰、心 それに、ただ、従う、本能 強く、なる、想い、願い それに、ただ、独り、動く

 
 1ページに8回も“レイプ”とな!(挨拶)
確かにラノベは『小学生』とか『8歳』とか『幼女』とか書いても怒られない業界かもしれないが、サンキューベリーマ○コ!!サンキューベリーマ○コ!!サンキューベリーマ○コ!!オーイエースとかま○こみたいに、穴あいて”死ね”ぇえぇぇぇぇぇぇ――っっッ!!が通じる世界じゃないですよw

 なんか凄く『アンチ・マジカル 魔法少女禁止法』の期待が高まってきた! 予想の斜め上の方向でw


・【感想】【漫画】マップス ネクストシート 10
マップス ネクストシート 10 (Flex Comix)マップス ネクストシート 10 (Flex Comix)
(2010/07/12)
長谷川 裕一

商品詳細を見る

 ミュズが成長。つるぺたはにゃんな魅惑なボディも、二つの胸のふくらみはなんでもできる証拠なの♪と主張せんばかりにご成長なされました……なんで折角のロリを成長させるねん!(血涙)

 神帝ブゥアーの後継者を選ぶべく姿を現したズザンガディクス。後継者候補はファーストシート(十鬼島ゲン&リプミラ・グァイス)とネクストシート(麻生河七勇太&ミュズ)の二組。いまだ生き残りのいる銀河伝承族を差し置いて、ブゥアー自体を破壊したファーストシートやその遺伝子を継ぐネクストシートを後継者候補に選んだのは謎。両者共にブゥアーの意志を継ぐメリットがなく意志もない現状(特にゲン達にとってはメリットがあっても、選ぶことは出来ないだろう)で、この筋書きを意に沿わそうとするならば、ネクストシート側に揺さぶりをかけるしかないかな。神帝ブゥアーの正体が様々な宇宙を記録し続けてきた巨大な記録装置であり、肥大化しすぎた自分を維持するために、蒐集対象の宇宙をエネルギーに変えて吸収していた狂ったラプラスの悪魔であることは、ファーストシートであるゲン達にとって周知の事実だけども、ネクストシートの七勇太にとっては途方もない話でショックだろうなァ。更に自分がブゥアーの記録から創られた存在かもしれないと揺さぶりをかけられたものだから輪をかけてショックだろうな。この七勇太の心に刺さったトゲが、この先物語を混迷とした境地に押し上げそうな予感があると同時に、この壁を乗り越えない事には、いつまでたっても七勇太はズザンガディクスにとってレギュラーな存在でしかなくイレギュラーではあれないのでしょう。しかし七勇太は主人公として越えるべき壁が高すぎるものばかりで苦難の道だなぁ(父親とか勇者を含めて)w

 P.S.見る人が最も恐怖する姿をとるズザンガディクスを前に、俺には美女に見えるぜ!と言ったゲンの目に映った姿は……ジェンド・ラドウか? そりゃ怖いわw

 ミュズの新必殺技! エナジー・フォール・ダウンならぬソーラー・フォール・ダウン(太陽落とし)。伝統芸はいいんだけど、もはや規模がデカすぎてビメイダーの域を超えてるよなァ……ネクストシート号の兵装としてミュズ自体が必殺武器って感じか。フォール・ダウンは白兵戦に使ってこその華だと思うのだけど、お上品なミュズにリプミラの海賊戦法が真似出来ないわなw ネクストシート号に足りないものは、リプミラ号におけるスターティア(星の涙)みたいな象徴的な必殺武器だな。


スポンサーサイト
[ 2010/07/14 15:08 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。