もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

優しさは時々 残酷だから 求める程 こたえを見失う

 
 引っ越し終了(挨拶)
家電一新したので諭吉が飛ぶようになくなったけど、ネット環境も整って心機一転。本棚とかまだ届いていないのでスッキリしすぎてるけど落ち着いた空間となりました。まあ、住んでる場所の斜め前がニューハーフヘルスで、隣がゲイバー、真っ正面がラブホって環境はどうしようもないがな! なんでそんな場所選んだの? その方が面白いからッ!!としか答えようがないw


・【感想】【ラノベ】フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)
フルメタル・パニック!11  ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)
(2010/07/17)
賀東 招二

商品詳細を見る

 ミスリルたちの すごい 死亡フラグ。やはり最終章ってこともあって、敵も味方もバリバリと死亡フラグを量産してるなァ……って印象。悲しいけれど、これって戦争なのよね。そんな中、セクハラ・イケメンの生存フラグが立ちつつあるのだけは、いい知らせかなァ(まだ生きてるかどうかはわからないけど)。

 メリダ島に巨大なTAROS(オムニ・スフィア転移反応)を建造して、それにより誤った歴史の修正、歴史改変を最終目的とするアマルガムとかなめ。ASやラムダ・ドライバなどの本来あってはならないブラックテクノロジーと、それにより不幸になってしまった人達の人生。全てをやり直せるならばは、魅力的な提案だけども……その歴史で生きてきた何も知らない人達の人生すらも無慈悲に気づかれることなく奪うということ。本来のかなめであれば絶対に許すはずのない行為を押し進める現在のかなめと、ささやく者としてウィスパードにオーバーテクノロジーをささやいている未来のかなめとは思惑が違うように思える。オーバーテクノロジーをバラまいたことすらも、この歴史改変を止めようとする意図に感じるのだけど、どうだろうか?(こうなってくると、かなめはホント特異点的存在だな)。なによりせっかくいい感じになってきたオノDと恭子の人生をリセットするなんて許せないw

 最終決戦に向けて振り切れたというか開き直った感のあるテッサに比べ、未だ迷いというかかなめと相対することに脅えてる節のある宗介。いざって時は女の子の方が思い切りがいいってのもあるけども、相良宗介という人間は迷いながら前に進んでいくタイプなので、いっぱい悩んで宗介だけしか出せない答えを導いて欲しい(残された時間はそんなにあるわけじゃないけど)。それがこの物語を最上のEDに導く唯一の道に思える。

 なにはともあれ、この戦うボーイ・ミーツ・ガールも残すところあと一冊。賀東氏ならなにかやってくれるはずって期待感もあるし、なによりこの作品はどこまでもボーイ・ミーツ・ガールだという安心感がある。物語がどのような地平に着地しようとも受け入れる準備は万全。実に最終巻が楽しみ。


スポンサーサイト
[ 2010/07/27 12:40 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)
>その方が面白いからッ!!

さあ面白そうと思ったなら一刻も早く体験して、そのレポートをこのblog上にうpするんだ!
[ 2010/07/27 23:57 ] [ 編集 ]
うちは二次元専門blogなんで、三次元ノーモア
[ 2010/07/28 08:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。