もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

後悔することさえ 恐がらなくていいと つぶやいてた 心の奥で この胸を癒すように

 
 家の斜め前がニューハーフヘルスどころか……隣の住人がオカマだった罠(挨拶)
色々と運命という歯車が順調に壊れつつあるな……俺の未来どっちだよ!w


・【感想】【漫画】へうげもの(11)
へうげもの(11) (モーニング KC)へうげもの(11) (モーニング KC)
(2010/07/23)
山田 芳裕

商品詳細を見る

 表紙の上田殿のかわいらしさときたら…それはもうねぇw
己が至上とする面白き器を乙として、世に広めんとする古織様の野望は止まることを知らず破竹の勢いだったはずが……大地震によりアボーン。このときの古織様の後ろ姿に漂う哀愁が凄まじい……(FULL METAL極道の浜辺で朽ちて行くのを待つ、うじきつよし並の哀愁w)。まあ生き物は手負いの方が強いんだぜ!と、ギクシャクしていた奥方との関係も地震のいざこざにより雨降って地固まったのでよしとするか(前宗匠・利休の死以来、不仲だった細川忠興と仲直りも出来たしよかったね)。

 そして豊臣を追い落とすために、天使のように繊細に、悪魔のように大胆に暗躍をはじめる徳川様。諸大名に恩を売り、自分の足下を固めはじめる。そんな徳川様に寄り添う、僕らの柳生宗矩たん!!! 後に将軍家御流儀として柳生新陰流を天下の剣にまで押し上げる宗矩たんのツラは、政治家ってより今は人斬りってツラだなw あえて宗矩と古織様をわざわざ邂逅させたのは、後に柳生の剣を政治的手腕で天下の剣とした宗矩の生き方と、ひょうげた生き方を貫き、織部好みとして己がわびさびを天下に広めることになる古織様との対比を描きたいのかな?


・【感想】【漫画】進撃の巨人(2)
進撃の巨人(2) (講談社コミックス)進撃の巨人(2) (講談社コミックス)
(2010/07/16)
諫山 創

商品詳細を見る

 前巻のひきが凄まじかったので、どーするのこれと思ったのだけど……そーきたかッ!!

 それにしても人間を躍り食いする巨人の姿の嫌悪感は凄まじいなァ……化け物に食われるのなら諦めもできるのだけど、人と同じ姿をした化け物ってところがミソ。あとはその光景が日常ってところも。このカニバリズム的な嫌悪感を絶望とごちゃ混ぜにして読者に叩きつける手法は、ある種この作品の発明といってもいいアイデア。ほんと絶望感がすげぇーな……人間側も精鋭だと中途半端に抗えるのが、なお絶望感を煽るなァ。シグルイの虎眼流の口伝じゃないけど、欲するなら、まず与えよですよ。絶望を与えるには、まず希望を与えなきゃダメよねって話、然り、然り。今巻のラストで提示された一筋の光明が、希望の後の絶望はより強いになりそうで本当に怖いなァ。


スポンサーサイト
[ 2010/07/28 10:14 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。