もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もしもこの世界の全てが背を向けようとも 君に届けたいよ 希望の旋律は君の中にある

 
 そら戦争もしたくなる!(挨拶)
これは死亡フラグならぬ生存フラグとして積極的に日常会話で使っていきたい台詞だな。


・【感想】【ラノベ】“文学少女”見習いの、卒業。
“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る

もうひとつの"文学少女"の物語の、終わりと、はじまり。

「わかったでしょう? 邪魔よ」親友の瞳から、そう告げられた菜乃。しかも心葉は、そんな瞳とつきあうという! 仰天する菜乃の前に、さらに、瞳の過去──人を死なせたと噂された3年前、彼女の側にいた人物が姿を現す。瞳に何か起こっているなら、引くわけにはいかない! 心を決め、動きはじめた菜乃に、心葉は1冊の本を差し出し……。瞳が抱く秘密とは? そして、迫る心葉との別れと、菜乃の初恋の行方は──。


 心葉と遠子先輩が離ればなれになった後の空白の時間を、日坂菜乃という陽だまりのような少女の目を通して語られてきた“文学少女”見習いシリーズもついに完結。

 前巻は菜乃の親友の瞳が心葉にキスをしていたショッキングな引きで終わりましたが、まあ遠子先輩一筋の心葉と、どうにかってわけもなく、案の定な展開でした。瞳にまつわる物語は実に既刊の"文学少女"シリーズ色に近い展開で、流石の貫禄というか安心して読めました。実のところこの巻メインは瞳にまつわる物語ではなく、"サヨナラのための短い物語"と銘打たれた表題作でもある短編の『“文学少女”見習いの、卒業。』であります。シリーズを追ってきた人には周知の事実ですが、日坂菜乃という少女が心葉に抱いている恋心が実ることはありません。今は離ればなれですけど、心葉には遠子先輩がいるからです。そして菜乃が好きになった心葉は、遠子先輩と出逢い、共に過ごしてきた心葉であり、遠子先輩よりも先に菜乃が心葉に出逢っていればなんてifには意味が無く、自分の大好きな人の心に別の誰かが住み着いてることは仕方がないこと。

学園の木にリボンを結ぶと、願いごとが叶うそうです。なので、わたしもチャレンジしてみようと思います。


 このジンクスは心葉と菜乃の通う学園に伝わるジンクス。かつての文学少女も信じてチャレンジしたジンクス。だけどもこのジンクスは"誰にも見られずリボンを結ぶと願いごとが叶う"といった前提のジンクス。菜乃はそのジンクスを知った上で、心葉の前でリボンを結ぶ……自分の願いが叶わないことを知った上で無理でもあきらめたくはない彼女の決意の顕れ。なんの約束も交わされなかった二人の間にある、振り返れば愛おしい思い出のひとつ。“文学少女”見習いの知らない心葉を“文学少女”が知っているように、“文学少女”が知らない心葉との思い出……“文学少女”見習いの菜乃だけの大切で愛おしい思い出。

今のわたしには、この物語のラストシーンから"希望"を読み取ることができます。その後に続く素晴らしい"未来"を想像できます。だから、わたしは大丈夫です。


 そしてこれは大嫌いの台詞で始まり、大好きの台詞で締めくくられる、とても綺麗で幸せな片想いの終わりの物語。結ばれぬまま昇華された恋心の物語であり、物語の終わりは新しい物語の始まりでもある再生の物語。この菜乃の想いが切なくて切なくて泣けてくる。この切なくて哀しくはあるけども、やっぱり喜びと愛おしさに満ちていた初恋に別れを告げて前に進む菜乃は、麻貴が言ったとおり、きっと将来"イイ女"になるでしょうね。がんばれ、“文学少女”見習い!


・【感想】【漫画】ましろ色シンフォニー (2)
ましろ色シンフォニー (2) (角川コミックス・エース 265-2)ましろ色シンフォニー (2) (角川コミックス・エース 265-2)
(2010/09/25)
みなづき ふたご

商品詳細を見る

 ふむん……いきなり展開が駆け足になったかと思えば……2巻で完結しちゃった……。

 愛理√一直線で、他のヒロインのエピソードもスルーしちゃったもんんだから、物語が薄っぺらくなっちゃたなァ……ってのが正直な印象。その実、愛理のエピソードも大枠しか描いてないのでダイジェストを読んでるような感じに……。ましろ色の面白いところはなんでもない日常の描写や、恋人関係になった後の二人の相手を好きでたまらないもどかしい心の機微。なんつーか原作を形容するならば"こいびとどうしですることぜんぶ"で、漫画版を形容するなら"こいびとどうしですることいちぶ"そんな感じw どうしてこうなったのかはわからないけど、原作ファンからすれば実に残念な結果になったコミカライズですね。

スポンサーサイト
[ 2010/09/22 23:59 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。