もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嘘と真実2つに1つの事 賭けでも迷わないで 扉叩けばいい

 
 俺つばアニメ化だ、と……(挨拶)
絵的なものは僕たち西又絵に訓練されたファンなら大丈夫、些末な問題だw 色々とアニメ化するにあたって難しい問題はあるんだけど、伊藤誠Pなのでやってくれるはず。駄姫の可愛らしさに期待しつつ、俺的ノベルゲ最高ランクの告白シーンに認定している"黒豚と穿山甲"があるかないかが鍵だと思っているw


・【感想】【漫画】罪と罰(9)
罪と罰(9) (アクションコミックス)罪と罰(9) (アクションコミックス)
(2010/11/27)
落合 尚之

商品詳細を見る

エチカを思うと胸が潰れる……
正に地獄の苦しみだよ
でも この苦しみはたまらなく甘美だ
それに耐えることはこの上ない喜びだ


 ……いやさァ、女子校生のどたまを鉈でカチ割っておきながら、辿り着いた答えがソレかよと言うか……言いたいことはそれだけか! 不謹慎極まりないけど爆笑してしまったw

 さてとミロクさんがエチカと死ぬまで生きると決意した一方で、エチカさんの方は方で大変な目にあっているわけで、原典『罪と罰』においてエチカのモチーフであるソーニャは"信仰心"という揺るぎないものを持っていたに対して、エチカさんは持たない。だから迷いながら自問自答を繰り返す。自分の献身について、それがエゴなのかどうなのかを。

傷を恐れないということと傷つかないってことは同じじゃないからな
限度を超える傷を受ければやはり人間は壊れてしまうよ
あんたの勇気がただの向こう見ずなのか誇り高い真の不屈なのか
それを確かめてみたいんだ

自分を犯した男の嫁になるなんてマゾもいいところだ
だが全てを投げ打つことで全てを支配する……
それがマゾヒズムの真髄だ
あんたの旦那はあんたの支配に押し潰されて破滅した
これはあんたの復讐だったのか?

あの女は寄生虫だ
不幸の臭いを嗅ぎ当てて哀れな男に取り憑いてはその誇りを吸い尽くす…

エチカの愛は暴力だ…
容赦なく人を追い詰める…


 まあなんつーか、言われたい放題ですよエチカさんw 確かに彼女の愛は重い、重いどころか痛い。彼女が亡き夫のキクオやミロクに願った"目を背けずに見てほしい"という言葉は嘘でもなんでもなく本心であり真実なのでしょう。でもね、目映すぎる光は相手の瞼を灼くのですよ、それも暗闇の底にいる住人にとってはなおのこと。彼女にはそれが解らない、解らなかった。

あんたには歪んだ思想もややこしい思惑もない
シンプルな気持ちから出たあんたの献身が………
今のところ誰ひとり幸せにしてないのは何故なんだろうな?


 首藤(スヴィドリガイロフ)のこの言葉が、エチカの柔らかい場所に突き刺さる。それはそうですよね……エチカの夫だったキクオが、弱すぎて人を傷つける人間だったとしたら、エチカは強すぎて人を傷つける。彼女を折れず曲がずの名刀のごとくたらしめている、彼女自身の生命力が強固すぎるから。エチカも含めてみんながみんな口を揃えて言うように、"それしか生き方を知らない、そうしか生きられない"のだから。もうこれはどうしようもない、だって生物としての根源みたいなものです。

人間は誰でも不安や恐怖を克服して、安心を得るために生きる。名声を手に入れたり 人を支配したり、金もうけをするのも安心するためだ。結婚したり 友人をつくったりするのも安心するためだ。人のために役立つだとか 愛と平和のためにだとか、すべて自分を安心させるためだ。安心を求める事こそ人間の目的だ。


 結構な頻度で自分が引用する"ジョジョの奇妙な冒険"におけるDIO様のお言葉ですが、この言葉は真理だと思います。この罪と罰の作品に登場する人物は全てがこの言葉に当てはまる行動原理で動いている。奪われた誇りを取り戻すため、力を行使するべき資格を有する証明をするために殺人を犯したミロクも、献身という名の"無償の愛"を振りまくエチカも、それこそ首藤すらも……。今巻ラストでミロクが取ろうとしている行動の選択次第で、この言葉の向こう側が垣間見れそうな予感がします。果たして"愛を装って傷つけ合うことしか出来ないなら喜んで傷つく"とエチカの愛を受け止めることを決意したミロクが、彼女の献身という"無償の愛"に意味を与えることができるのか? 一方通行の愛情を双方向の愛へと昇華できるのかは、完結巻である次巻の課題。そして罪と罰の果てに待ち受けている境地とはなにか、実に楽しみでならない。


・【感想】【漫画】よつばと! 10
よつばと! 10 (電撃コミックス)よつばと! 10 (電撃コミックス)
(2010/11/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

 またーりといつも通り。強いて言うならば……復ッ活ッ ダンボ復活ッッ ダンボ復活ッッってことですね。


・【感想】【漫画】3月のライオン 5
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
(2010/11/26)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

まぁ 脳が体の中で一番の「大食らい器官」だからな
――しかもブドウ糖しか栄養に出来なくて…
将棋なんて その脳だけをフル回転させてる訳だからな


 つまり直訳すると……"シュークリーム分が足りない"でよろしいか?

お互いにお互いが相手のことを力いっぱいブン回しても壊れないおもちゃだと思っているからな


 つまり直訳すると……"棋士とは所詮、駒を交えたところでわかり合うことのできぬ不器用な人間"ってことでよろしいか?

 結論:おとなげないですね。そーですね。そして香子ねぇーさんがあらぬ方向にデレていく!w

スポンサーサイト
[ 2010/12/01 13:20 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。