もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒトはきっと何よりも弱い生き物 ならばそっとお互いを支えあえばいい

 
 荒ぶるゆずのポーズですねわかります(挨拶)
やべぇーーー、荒ぶるゆずのポーズを生でみれるのだったら、なにをおいても行くべきだったぜ! いやまあ、まだのーぶる☆わーくすはプレイ途中だけどさw




・【感想】【ラノベ】子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき
子ひつじは迷わない  走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)
(2010/10/30)
玩具堂

商品詳細を見る

第15回スニーカー大賞《大賞》受賞!!
生徒の悩みを解決に導く「迷わない子ひつじの会」。そのメンバーである成田真一郎(なるたまいちろう)は、寄せられる風変わりな相談に大奔走! そんな時出会ったのが、生徒会室の隣を隠れ家にするボサボサ頭の仙波明希(せんばあき)。ダラリと本を読んでいる彼女に、なにげに相談について聞くと、毒舌だけどとても的を射ていて――!?
実は生徒たちに「子ひつじの会」が広まったのは、この仙波の活躍があってこそだった!!


 過去のスニーカー大賞作品を顧みると、涼宮ハルヒシリーズ、シュガーダークシリーズと尖った作品ばっかりのイメージだった。それらに比べるとこの"子ひつじは迷わない"は普通の印象を受ける。物語の基本的構成も、悩みをもった生徒が「迷わない子ひつじの会」に相談を持ちかける→生徒の相談内容を聞く(議事録形式)→「迷わない子ひつじの会」のメンバーがあーだこうだと悩みを考察する→子ひつじ会メンバーの成田真一郎が隣の文芸部幽霊部員の仙波明希相談する→仙波明希が解明する→解明された内容を元に成田真一郎が幕を下ろす→オチという名のエピローグ(以下繰り返し)。ある種、典型的な"安楽椅子探偵"のテンプレといえる。

 しかしてこの作品が本当に凡庸なのか?と、聞かれれば否と答えますね。その実、この普通さが異常とさえ言える。メインキャラクターの一人一人を個別で見たとしたら個性としては相当に強烈なのに、物語に収まると自己主張しすぎない……予定調和のようにスッポリと在るべきところに収まっている。木を隠すなら森の中、異常を隠すなら異端の中ですよ。ぶっちゃけるとこの作品はエゴの塊なのである。これが西尾維新作品ならば"100%エゴで書かれた小説です…。"ってキャッチが付くぐらいのエゴです。そしてこの作品の一番異常なところはエゴ丸出しなのに普通なところなのである。異常をあえて普通に帰結させる……これを意識してやっているところがこの作品の最大の非凡だと思う。

 大なり小なりエゴいキャラ達の中で象徴的な存在が主人公の成田真一郎こと"なるたま"くんでしょうね。ひと言で彼を顕すなら"お節介"なヤツ。ただし彼の"お節介"を例えるならば、衛宮士郎クラスの名前を出さないとダメでしょうね。いわばバトらない衛宮士郎でセイギノミカタ。魔術も聖杯も人の生き死にもない世界において、これほど厄介な存在もないだろう。一体おまいは何と戦っているのだ? 仙波明希曰わく……

――思いやりというのは多分、人は解り合えないという事実を認める勇気を持って、それを尊重することなんだと思うわよ。わたしは


 然り然り、これまたエゴ丸出しの意見ではあるけども、真実の一端を担っている言葉だと思う。しかし、そんなことは"なるたま"くんも理解している。している上で、届かないと思っていても、届くかもと思って星に手を伸ばす。根本的には人は解り合えないかもしれないけども、もしかしたら今回は、今回に限っては解り合えるかもしれないと諦めきれない。

人一倍、失敗する痛みを知っているのに、恐れているのに、自分が動くことで良い結果を得られるかも知れないと思えば、自制できない。時折得られる幸福な結果は、それだけ彼にとって魅力的なものなんでしょうけど、結局は失敗ばかりして傷ついていく。
――ほとんど病気よ。見ていられない


 全ては自分の満足ですよ。なるたまくんは仙波明希が導き出した答えを場合によっては歪める。彼女の導き出した内容を理解した上で、持ちうる情報と状況を元に自分が一番良いと思う解決策を取る。それが例え真実を歪めることになろうとも、誰もが傷つく失敗に繋がる危険性を孕んでいても。それでも彼は大団円を目指す……その光景を美しいと感じた自分の気持ちは本物で、自分がそれを曲げてしまったら過去に得られた幸福な結果さえも嘘にしてしまうから。ほんとエゴ丸出しである。仙波明希がなるたまくんに感じる敵愾心や嫌悪感はよくわかるよw その歪な生き方にイライラする気持ちもよくわかる。そしてそれ以上にそんな生き方だからこそ、見てられないのに目が離せない。鮮烈な生き方は場合によっては見ている他者の瞼を灼くのです。うん、ほんとにタチが悪いw(憎しと思えど、完全に憎みきれない彼の生き様とパーソナルはほんとタチが悪いなぁ)。

 ここら辺の心の機微から次巻以降、なるたま、仙波明希、佐々原三月の関係がどんな風に固まって変わっていくのかは実に興味深い。そして"迷わない子ひつじの会"の設立者である生徒会長・竹田岬の動向も気になるところ。この人がなにを持って"迷わない子ひつじの会"なるものを設立したのか? ただ"面白そう"だったからのような気もしますが、隠された真意があるようなないような(腹芸が得意そうなキャラが多いしな、この作品の上級生)。妙な作品でしたけど、個人的には大賞受賞が納得な1冊でした。次巻も楽しみ。

スポンサーサイト
[ 2011/01/10 17:06 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
03 | 2017/04 [GO]| 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。