もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二人でみつめた その色は変わらぬ朱 つかませておいて 手を離した

 
 2010年げいむ乱舞界ベスト10投票が始まったようで(挨拶)
3/12まで投票を受け付けていますので、我こそはと思う方は、ルールを遵守の上でこぞって投票してください。

 丁度いい機会なので、自分のベスト5もこれを機に発表。


5.まじのコンプレックス / light
まじのコンプレックスまじのコンプレックス
(2010/08/27)
Windows

商品詳細を見る

 まじコンだけと言うよりは『神様のりんご』三部作全体での評価。『さかしき人にみるこころ』から始まって、『まじのコンプレックス』でかしましい三人娘シリーズも完結かと思うと感慨深い。嘘屋佐々木酒人氏の独特のテキストは確かにクセがあるものの、言葉遊びに溢れた独特の味わいがある文だと思う。またシリーズ通して描かれているそれぞれのテーマはブレることなく力強い(些か力強すぎて雰囲気と乖離してるところもあるけど)。三部作それぞれ掲げているテーマは違いますけども、全てのシリーズに共通して言えることは、第二作『どんちゃんがきゅ~』の主題歌"神様のりんご"の一節でしょうね。

神さま 人を愛する気持ちは
どこから来るのでしょうか?
ひとつの出会いがこれほどまでに
この心を狂おしく変えるものでしょうか?

 この女の子の気持ちをストレートに描いている。もうデレを越えてドロってぐらいには化学変化しちゃうヒロイン達の一挙一足全てが可愛らしい。可愛いから正義ですよ。とにかく単品ロープライス作品が売りな作品ではあるのだけど、『さかしき人にみるこころ』から順を追って『まじのコンプレックス』、までプレイして欲しい作品ですね。





4.リアル妹がいる大泉くんのばあい / ALcotハニカム
リアル妹がいる大泉くんのばあいリアル妹がいる大泉くんのばあい
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る

 妹好きなお兄ちゃん達に贈る兄妹讃歌の物語。テーマはまがう事なき兄妹。18禁ゲームなので当然にインセスタス・タブーがつきまとうわけですが、そちらに重を置くのではなく、あくまで兄と妹、兄妹という在り方についてを描いている作品。そして残念ながらも、この業界を去りゆくことを決意されたおるごぅる氏なりの全てのお兄ちゃんに捧ぐ妹讃歌であると同時に、みんな!エロゲーやろうぜ!という、全てのエロゲーマーに捧ぐエールの作品。

・リアル妹がいる大泉くんのばあい 感想


3.君の名残は静かに揺れて / ユニゾンシフト:ブロッサム
君の名残は静かに揺れて 初回版君の名残は静かに揺れて 初回版
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る

 名目上はファンディスクなんだろうけども、その枠には収まらない作品。強いて言うならばスピンオフ作品。広義的な意味での"愛"について語られた物語であり、世界に愛は存在するという愛の存在証明の物語。ただしその愛を愛する者に悟られてはいけない、悟られないことこそが愛情である、哀しくも美しい愛の形。まさか外伝的なスピンオフ作品でここまでのものが仕上がるとは、完全に予想外だった。こんな嬉しい予想外なら大歓迎ですけどね。

・君の名残は静かに揺れて 感想


2.黄昏のシンセミア / あっぷりけ
黄昏のシンセミア 初回限定版黄昏のシンセミア 初回限定版
(2010/07/22)
Windows

商品詳細を見る

 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』同様に兄妹讃歌であると同時に、こちらはもう少しインセスタス・タブーに踏みこんだ作品。兄妹の在り方そのものよりも、リア妹が広義的な兄妹をテーマにしてるなら、シンセミアは皆神兄妹であること自体がテーマ。兄妹としてだけでなく、皆神孝介が皆神さくやと、皆神さくやが皆神孝介と積み上げてきた絆こそがテーマ。古の昔から脈々と受け継がれる罪と約束さえもを打ち破る、二人の揺るぎない絆こそがテーマの物語。二人が兄妹だから惹かれ逢ったのではない、二人が皆神孝介で皆神さくやだから惹かれ合った物語なのでしょう。

・黄昏のシンセミア 感想


1.素晴らしき日々 ~不連続存在~ / ケロQ
素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版
(2010/03/26)
Windows

商品詳細を見る

 ただ一言テーマは"幸福に生きよ"。この一言を語るために、この一言を悟るが為の遠大な遠回りの物語。しかしそれは、全ての鴉は黒いという全称命題は1羽でも黒くない鴉が居れば覆るが、全ての白鳥が白いことを証明するのに、何羽白い白鳥を捕まえてこようとも証明にはならないように答えのない命題。それでも答えのない事柄を明晰化するべく人は生きて行かなければならない、あたりまえの物語。あたりまえ故に見失ってしまう物語。些か過激な描写の多い作品だけど、本質はただそれだけを語るために描かれた物語と言って過言ではない。ある意味、尖りすぎていて、万人に薦めがたい作品ではあるのだけど、語られるテーマは至極単純な、単純故に難しい"幸福に生きよ"の一言のみ。ほんとにピーキーな作品だけども、このような作品が稀に出てくるからエロゲは止められない。

・素晴らしき日々 ~不連続存在~ 感想


 総括すると実に5~3位までが、ロープライス作品だったり、短編だったりと小粒な作品を挙げてことに驚いた。年々集中力が低下しているのか長編をプレイする体力が低下してきたのかな? と思うと同時に、業界もロープライス、ミドルプライスの量が増えてきてるように思える。今の娯楽が溢れているオタ事情を考えると、長編よりも短編、中編の方が時代に合っているのかしれませんね。

スポンサーサイト
[ 2011/02/17 12:18 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。