もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

溶ざり浮かぶ幻想の海 夢の狭間、その道標 迷い刻む現実の碑 蜃気楼の旅路へ……

 
 QB△!(挨拶)
もうここまでいくと尊敬の念というか、仕方ないよね、別の系統樹の生物なんだから。それこそ災害とか事故にあったと思うしかない。そしてドンドンと死亡フラグを積み重ねる赤の子と、ドンドンと堕ちていくしかない青の子……そして眺めるしかないまどか。一体何処へと行こうとしてるのかこのアニメは?w(でも、今回一番酷いのはQBよりも緑の子だな。無知は無邪気よりタチが悪いw)。


・【感想】【ラノベ】俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)
(2011/02/15)
裕時 悠示

商品詳細を見る

 妹みたいな可愛い幼なじみ・千和。
「絶対やだ! やだやだっ! あんたなんかが彼とつきあうなんてぇっ!」
 銀髪お嬢サマな帰国子女・真涼。
「あら、幼なじみごときにそんな決定権があるのかしら?」

 ――おお、どうしてこうなった!?
 俺は平穏な高校生活を望んでいたのに、真涼と<秘密>を共有したためムリヤリ彼氏にされてしまった!
 ヤキモチを爆発させた千和が叫ぶ。
「あたしだってモテてやるもん!」
 何かを企み、真涼が微笑む。
「では私達がサポートしますね?」
 千和の彼氏作りになぜか協力するハメになった俺の運命やいかに!?

 裕時悠示×るろおが贈る、両手に花?のらぶ×らぶコメディ!


 これは素晴らしいジョジョパロラノベw 「ぎゅうううううっ~~とだきしめるゥ~~だきしめのお仕置きズラ!!」なんて素敵台詞をさらり吐く真涼さんのそこにシビれる!あこがれるゥ!w もうホントにこんな見え見えの釣り針に俺がクマーーー!ってぐらいキャッチなタイトルで、タイトル通りのラブコメなのだけど、キャラクターの作り込みの巧さといい、テンポのよい会話にいい、実にラノベらしさに満ちた作品。

修羅場というからには、ののしったりなじったり、問い詰めたり、空の鍋かき混ぜたり、暗い部屋でひとり糸電話したり、改行盛りだくさんのメールを送った直後に恋人をマウントポジションでメッタ刺しくらいはやらないと

 個人的には霧乃暗い部屋でひとり糸電話を押したいところだけど、この作品の場合は修羅場といってもドロドロよりもニヤニヤな修羅場ですね。"俺"を中心に"幼なじみ"と"彼女"が焼きもち焼いたり、"俺"に心地よい騒動の種をふりまいたりと、いっそここまでセールスポイントがあからさまな作品だと逆にあざとすぎて好感が持てるよw それでいて物語の骨子がしっかりとしているから軸がブレることなく、三人の関係を描いている手腕は巧み。ほんとすばらしく王道のラブコメですよ。実に今後の展望が楽しみな新シリーズですね。同レーベルで発売中の別シリーズ『踊る星降るレネシクル』も気になってきたので、これを機に読んでみようかしら。

 PS.個人的には"彼女"こと真涼さん贔屓で読んでるだけど、挿絵のお肉の前で『まて!』のポーズな"幼なじみ"チワワちゃんSD絵が可愛すぎてどうにかなりそうだw


・【感想】【ラノベ】>バカとテストと召喚獣9
バカとテストと召喚獣9 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣9 (ファミ通文庫)
(2011/01/29)
井上 堅二

商品詳細を見る

墓穴と姦計が入り乱れた対Cクラス試召戦争。Fクラスは、なんとか初日をタイムアップで切り抜け、勝負を二日目に持ち越すことに成功した。しかし、たたでさえ低い点数をさらに減らしてしまった彼らは、いきなりピンチ状態からのスタートに! しかも、明久は風邪で不在……。どうなるCクラス戦!? この劣勢を覆すことができるヒーローはいないのか!? 「それで、話ってなんだい吉井君?」(by知的眼鏡先生)勝利を信じる心と心の絆が奇跡を呼ぶ第9巻!!


 前巻から引き続き、Cクラスとの試召戦争がメイン。物語も終盤に近づいてるはずなのに、謎の新キャラがドンドンと投入されているなァ……ホントにあと数巻で終わるのか? いつもの巻に比べてラブコメ分は少なめで、シリアス分が多めの印象(あくまでバカテスって作品ににしてみればって意味で)。前巻のラストのキスで明久への想いを一段階上のステージへと押し上げた姫路さん無双。そして新登場の姫路ママがロリババァ無双w やる気になった姫路さんの心を砕く罠を仕掛けようとするCクラスに対して、姫路さんの心を折らせまいと一直線に走る明久がカッコいいなァ、ほんと。そしてそのバカを信じて賭ける雄二がカッコよすぎる。教師でなくても、たまにどこかで示し合わせてるんじゃないかと思うぐらいのソウルフルブラザーだ。つーか213Pの挿絵は明久と雄二をバカテスという作品を象徴しすぎてるベストカットだろ!、葉賀ユイ氏GJ!

 とりあえずCクラスとの試召戦争が終わったので、雄二の頭の中にある作戦が次巻以降の鍵かな。あとは姫路さんの両親が姫路さんに告げた大事な話ってのも気になる……そしてガンバレ!超ガンバレ美波! 一応魅せ場があるのに、なんか影が薄いぞw

スポンサーサイト
[ 2011/02/19 19:11 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。