もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頭に父を 住まわせて 殺しの標的兄を追う 木枯らしににた 口笛は 死神のうたう 子守唄

 
 なんか延々とナイトウィザード―The ANIMATION―を観る休日(挨拶)
柊をみてるとなんか世の中の煩わしいこと全部がどーでもよくなる。さがる男でも頑張ってるんだから俺も頑張ろうって気になってくるw


・【感想】【ラノベ】ケモノガリ 3
ケモノガリ 3 (ガガガ文庫)ケモノガリ 3 (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
東出 祐一郎

商品詳細を見る

いま、“クラブ”の真実が紐解かれ始める!
罪無き人を狩る“クラブ”がこの世には存在する。罪無き人を狩る“ケモノ”がこの世に蔓延っている。世界は相も変わらず騒がしい。どこかで戦争が始まり人が殺されたという。事故が起こって人が殺されたという。おそらくその報道の九割ぐらいは、事実がありのまま晒け出されているのだろう。だが、残る一割は、ひょっとしたら──違うのかもしれない。人を狩ることに喜びを見出した権力者(ケモノ)と、彼らの手先となって動く娯楽提供者(エンターティナー)による仕業なのかもしれない。それが、この僕──赤神楼樹の敵である。


 赤神楼樹の次なる相手は人の知性とケモノの力を併せ持つ怪物イヌガミ。ケモノガリvs.イヌガミの対決は死闘には違いなけれど、この作品では初めてと言っていい、赤神楼樹にとって楽しいと思える戦い。お互いに忌むべき望まざると同時に望んだ力を尽くして戦う一人と一匹の姿は悲しいと同時に気高い。ケモノを狩るケモノガリにとって言葉通りのケモノとの戦いが初めて楽しいと思える戦いなのは皮肉だけど。そしてもう一つの戦い、クラブの調停者アストライアとケモノガリとの戦い。この戦いに恐怖と同時に楽しさを感じ始めているのは楼樹にとっては危険な兆候。彼はケモノではなくケモノガリでなくてはいけない。彼の中の押さえなければならない最後のタガ、ケモノガリとなるべく緩めた手綱だけど、完全に緩めてはいけない殺人者の資質。殺して殺して殺し尽くしてきた楼樹に中に少しずつ積もり始めた濁り、殺人を重ねるほどに、戦うステージが上がる度に膨れあがっていく殺人衝動。この楼樹の奥深くに眠る殺人鬼の才能を完全解放すれば、これから先の修羅の道を生き延びることは多少容易くなるだろ……だけど楼樹にとってケモノになってケモノを狩ることは敗北。あくまでもケモノガリとして理不尽を理不尽で断罪しなければならない。完全な殺人鬼のような災害となってしまっては罪は裁けない。アストライアとの戦いはこれからの戦いの前哨戦でありながら、彼が彼であるための警鐘だったのでしょうね。

 そしてもう一人、今巻のラストのラストで覚醒するバケモノ。まったくもって東出氏らしい絶望の形。まだ名前のない生まれたばかりの彼女がこれから物語にどのような暗雲をもたらすのかは次巻以降の楽しみとして、今巻のラストで楼樹に起こりかけた変化が完全に成されていたら、彼女のような存在になっていたのでしょうね(もしくはそれすらも凌駕するバケモノに)。つーかおまいはどんなハカイダーだよ! 頭に父を住まわせて殺しの標的~♪かよ!w

 今巻も掛け値なく面白かったんだけど、次巻以降の展開にワクテカが止まらないといった意味では、種蒔きの巻だった印象がありますね。次巻は次期ローマ教皇最有力候補vs.ケモノガリとトンデモ方向に加速するみたいなので、今巻蒔かれた種と共に、物語がどのように変容していくのか楽しみ。ローマってことは観光地だから、もしかしたらの彼女との邂逅がありそうな予感もする。

 PS.そいや今巻に登場したイヌガミといい、アストライアの多節剣いい、なにかを思い出すなァ……と思ったら、あー、ジェヴォーダンの獣だ!w

スポンサーサイト
[ 2011/02/20 21:55 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)
こちらは人衰をもうちょいで読み終わるトコ。
今回のロミオ氏も安定くぉりちぃ。
ケモノガリも早く読みたいところ。
それにしても・・・ケモノガリをまともに読んでる人が先生と私くらいしか周りに居ないのが悲しい・・・。
これ本当にもっと評価されていいのに・・・。
[ 2011/02/21 12:22 ] [ 編集 ]
ケモノガリはもっと読まれるべき!そして映画バトルランナーはもっと評価されるべき!(関係ねぇーよw)
[ 2011/02/27 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。