もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

星たちは生まれてはまた死んで 永遠に同じこと繰り返す 次の日も次の世もまた次も 生まれては消えていく星たちよ

 
 俺の仕事は一日30時間、猫撫です!(挨拶)
ガリゴリとプレイしてるつもりなんだけど、かなり慎重に考察しながらプレイしてるので全然進まねぇーー! とりあえず開発陣の言っていた、なんとなく解ったつもりになったらいい作品って言葉は穿ちすぎな表現ってことがよくわかったw

 今週のどかギカ。
QBさんの本名がインキュベーターってことが判明した。青の子がやっぱりな展開になった。もうどうしようこの作品?w インキュベーターって……うんそうだねぇ……魔法少女の起業支援事業してるから間違いないねぇw インキュベーター=孵卵器と考えると……作品イメージのアリスからハンプティ・ダンプティが想像されるなァ。世界卵的となりうる少女を覚醒させて新しい世界を産ませるとかありそうだ。どっちにしてもQBさん邪悪。吐き気をもよおす邪悪とはッなにも知らぬ無知なるものを利用する事だってブチャラティさんも言ってたw


・【感想】【ラノベ】人類は衰退しました 6
人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

そらとぶようせいさん、あらわる!?

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は"妖精さん"のものだったりします。
そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の"調停官"であるわたしのお仕事。
季節は冬。祖父の趣味サークル「大砲倶楽部」の一員として南に向かったわたしは、「鳥人類コンテスト」の安全対策係として、岬に集まった各チームの機体をチェックすることに。
思うに……みなさん、死にそうです。
クスノキの里を同類誌のイベント会場にしてしまった友人Yと、白い部屋に密室監禁! 
さて、どちらが危ない!? ──記録、それは儚い。


 いつも通りの人退。なんだかんだと全力で鳥人間コンテストの安全対策に奔走する、"わたし"はいい娘だなァ。きっと人の命がかかってなかったら、適当にやってただろうけどw

 クスノキの里の同類誌の方はアレだ……腐だ。終末になにやってねん!人類w あくまで種として衰退しても、人がなにかを創り出そうとする心意気は衰えないみたいな綺麗事を読み取ればいいのかどうか判断に戸惑うところだが……まあそう思った方が幸せなんでそう思っておきますw 清濁併せ呑むっていうか、良いことも悪いことも、綺麗なものも醜悪なものも、とりあえずは折り合いをつけて付き合っていかないとね!みたいなロミオイズムにある意味溢れた巻でありました。つーか実のところそれほど感想書くことない巻でしたw


・【感想】【ラノベ】
花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
杉井 光

商品詳細を見る

桜は舞い散り、少女と少年は戦空を生きる 。

戦争で街を焼かれ、家も学校もみんな失ったぼく。
東京の中学校に転校する当日、ぼくを迎えに来たのは、桜色に輝く不思議な飛行兵器とそのパイロットの少女、桜子だった。
「乗れ、おまえの翼だ」――桜とリンクした戦闘機の適合者として選ばれたぼくは、桜子とともにその超兵器《桜花》のパイロットとなり、色気過多の先輩や凶暴な空母艦長に囲まれ、新しい仲間と災難続きの訓練、そして激化する戦争に否応なく巻き込まれていく。
時を止め、永遠に舞い散る桜とともに、戦空を生きる少年少女の美しくもせつない物語。


 んー、今風の杉井光で書かれた杉井光初期作品って印象。会話のテンポやセンスは杉井光テンプレ(主人公の性格が若干ネガティブだけど、これは戦争を舞台にしてるから仕方ないだろう)で、作品イメージは『火目の巫女』、『死図眼のイタカ』、『剣の女王と烙印の仔』に近い。纏ってる雰囲気は『終わる世界のアルバム』かな。なんか映像化するなら新海誠氏でよろ!みたいな儚げな雰囲気は個人的に好き。ただまあこれが1巻なのか、それともこれで完結なのかわからないけど、展開がちと駆け足すぎやしないかとも思う。なんとなく続きがある展開だけど、どう考えても、ラストはeden*とか最終兵器彼女とかイリヤの空、UFOの夏になりそうな気がしてならない。とりあえず、へーかのキャラが剣の女王と烙印の仔のミネルヴァに見えて仕方ないのだけど、烙印の仔は3巻で読むの止まってるや俺w 個人的にお気に入りは美鶴さん。蓮っ葉な大人の女性ってなんかいいよね!

 とりあえず続くと仮定して、終わりの予感が最初から感じられる物語なので、この作品が語ろうとしているせつなさがどういった地平へと流れていくか杉井氏の手腕に期待したい。

スポンサーサイト
[ 2011/02/27 22:13 ] ラノベ | TB(0) | CM(2)
>つーか実のところそれほど感想書くことない巻でしたw
やはり先生もそう思いましたかwwww
今巻の人衰は「前巻から1年も経ってるし、そろそろ繋ぎの一冊が欲しい」的なポジションって気がしてならない。
悪くは無いんだけど、突き抜けた感が足りなくて・・・・。

ネコナデーマーダー?(ォィ
[ 2011/02/28 16:40 ] [ 編集 ]
悪い言い方をすれば手癖で書いてるね。ロミオは脊髄で書くと面白くない希ガス。

猫撫は音声消して二周目中w
[ 2011/03/05 16:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
08 | 2017/09 [GO]| 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。