もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本当の感情 隠し続けていたら 気が付けば自分でも 見失って 割り切れてるようで 割り切れない事実が この胸の奥で まだ疼いているよ

 
 新PCやっときたーーー!(挨拶)
この際だからと思い切ってSSD構成にしたり、とことんハイエンドなCPUとグラボ積んだりと金に糸目をつけなかったので、すこぶる快適なPC環境になりました……家計は火の車ですがw

・【感想】【ラノベ】花物語
花物語 (講談社BOX)花物語 (講談社BOX)
(2011/03/30)
西尾 維新

商品詳細を見る

悪マーセント趣味で書かれた小説です。――西尾維新

“薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ”
阿良々木暦(あららぎこよみ)の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河(かんばるするが)。直江津(なおえつ)高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂だった……。
<物語>は、少しずつ深みへと堕ちていく――
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
君を知り、解きはなつための物語。


 猫物語 (白) のようにありゃりゃ木さんではなく、ありゃりゃ木ラバーズメンバー視点で語られる物語(なんだありゃりゃ木ラバーズってw)。つまり今巻は神原駿河視点の物語であり、あだ名どおりガンバル駿河な物語。変態・神原が主人公……どんだけ変態物語になるんだよ? と思ったら、物語シリーズで一、二を争う真面目な物語なのがいかにも西尾維新らしい攻め方だなぁ。外部に見せかけている自分と外部が受けている印象と内面が必ずしも一致するとは限らないし、むしろ差異のない方が不自然。立ち位置が違えば悪も善に見えるこの物語のように、人間自体がそーゆう生き物なんだからしゃーないべってお話。

 花から連想するもの…卒業。つまり卒業の物語であり、かつて犯した罪から自罰・内罰を科し続ける神原駿河という少女にもたらされる救いの物語。自罰も内罰も反省ではなく後ろを顧みるだけの行為。人は前だけを見据えて進む生き物ではないように、後ろだけを顧みて立ち止まる生き物でもない。一頻り顧みて省みたのなら、やがては前を向いて進まなければならない。きっとこの物語をひと言で表現するならば踏ん切りつけるための物語だったのでしょうね。それこそ、この作品の常套句を借りるならば勝手に助かる物語。誰かに背中を押されることも、手助けされることもあるだろうけども、最終的に自分を救えるのは自分だけ。そうは言ったものの今巻に登場する神原と宿敵である彼女の差は、その時点で支えてくれる第三者が居たかどうかの差。もし神原の周りにありゃりゃ木さんやガハラさんを始めとする人たちが居なければ、悪魔になっていたのは神原だったのかもしれない。最終的に自分を救えるのは自分だけだが、その過程においてはそうでもはない。そういった人間関係に恵まれてることもその人間の運であり財産だと言うならそうとも言うけど、それじゃあ寂しすぎるよね。

 神原は今回の一連の出来事の顛末を卒業と称したけども、卒業は人生において一つの区切りでしかない。卒業の後には入学が待っているように、人は卒業と入学の人生儀礼を繰り返して生きていく。楽しいことのみならず苦い経験も、いつか思い出となって懐かしむ日がくるだろう。神原駿河にとっての青春の1ページとして。

 P.S.なんだかもう、ありゃりゃ木さんがただの性犯罪者ですよ……つか火憐ちゃんとの間になにがあったんだよ! 兄弟愛にも程があるw

 次巻はラスボスと讃えられた千石撫子が満を持して発進する囮物語 なでこメドューサ! 化を囲う囮という文字自体に千石の恐ろしさが滲み出てる気がしてならないw


・【感想】【ラノベ】IS〈インフィニット・ストラトス〉 7
IS〈インフィニット・ストラトス〉 7 (MF文庫 J ゆ)IS〈インフィニット・ストラトス〉 7 (MF文庫 J ゆ)
(2011/04/08)
弓弦 イズル

商品詳細を見る

「お願い! 私の妹と組んで!」 楯無の突然のお願いに戸惑う一夏。専用機持ちの能力向上を目的として開催される「全学年専用機持ちタッグマッチ」、その相手に4組の専用機持ちこと更識簪(さらしき・かんざし)と出場することになる。しかし、肝心の簪は一夏に誘われても「イヤ」の一点張り。業を煮やした一夏は休日に簪とデートをすることに決める。一方、タッグを断られたあげく、一夏が他の女子とデートと聞いて気が気ではないヒロイン一同。果たして簪は一夏と組んでくれるのか。しかも対戦相手は楯無と箒の強力コンビ! 恋の火花散るハイスピード学園バトルラブコメディ、美しき『姉妹たち』の第七弾!


 前巻のあとがきで作者が宣言していたとおり、あのキャラの妹キャラ登場ということで、楯無先輩の妹の更識簪が登場です。この後におよんで新ヒロインかよ! とか、今更言うのもそろそろバカバカしいけど、選択としては正しい! メインヒロイン5人では足りていなかった成分がある……すなわちそれメガネ分w 前巻のすごい引きからよくここまでのテコいれができるなァ……ってぐらい、何事もなく朴念仁ラブコメをする一夏に呆れるを通り越して尊敬の念を抱き始めたw 恋愛原子核ってよりも恋愛ブラックホールと名付けたい。そのシュバルツシルト半径捕らわれたら最後、脱出することは不可能。

 まあそれはさておき、今巻の更識姉妹の関係は物語中でも語られているとおり、篠ノ之姉妹との関係に似ている。優秀な姉に劣等感を感じる妹の心情とその和解ってのは古今東西の物語でも王道中の王道。今巻の更識姉妹の場合は上手く雨降って地固まるとなったけども、篠ノ之姉妹の場合は優秀な姉ってよりは、異能な姉だからなァ。箒の方にも語られてない壁を作ることになった要因があるようだし。ここら辺は、ようやく動き始めた束さんの動向と共に次巻以降でたっぷり語られることになりそう。しかし、まあわかってはいたことだけども、完全にすべてあんたが黒幕かよ!(この調子なら亡国機業<ファントム・タスク>にも技術提供とかしてそうだな)w

 P.S.お姉さんキャラ(千冬姉以外)で唯一、一夏を翻弄していた楯無先輩が実の妹のことで、一夏を頼るのがなんともいえない。普段完璧超人なのに不意に甘えてみせるギャップ萌えが素晴らしいと言うか……自分の武器をよく理解されてらっしゃる(簪さーーーーん和解しても敵は敵ですよーーーw)

スポンサーサイト
[ 2011/04/10 18:13 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。