もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おまえ 感じる鼓動胸のなかに宿る魂は 今を解き放てよ 月夜に光るその刃

 
 ゆきあつさん、成長しためんまのワード食いつきすぎ!(挨拶)
あーもう、ゆきあつカワイイなぁw めんまが成長していると聞いて、即座に「美人か?」と聞き返す、ゆきあつさんマジパネェw 流石に幽霊めんまの存在を認めはじめた面々だけど、端からみてると妄想とリアルシャドーであるw

 そしてその頃、俺つばでは駄姫ことプリンセスわたらないさんがマウントパンチで恋人をたこ殴りしていた……ガチで妄想をブチ壊した彼女に”幻想殺し”の称号を与えたいと思うw


・【感想】【ラノベ】"半熟作家と“文学少女”な編集者
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫)
(2011/04/30)
野村 美月

商品詳細を見る

”文学少女”シリーズ、最後の物語。
新しい担当編集の天野遠子嬢は、清楚な美人だった。――が、いきなり本棚の前でグルメ批評を始めるわ、ほんわかにこにこと容赦なく原稿を修正してくるわ、売れっ子高校生作家たるオレが、どうしてこうも振り回される!? そんな時届いた脅迫状じみたファンレター。そこにはまだ刊行される前の小説の内容が書かれて……って差出人は、まさか!? 高校生作家雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、物語や文学を食べちゃうくらい愛する”文学少女”の、最後の物語。


 正真正銘”文学少女”シリーズの最終巻。少しだけ進んだ未来の話であり、ちょっとだけ”文学少女”のその後の姿を知りたいという読者の欲求に答えてくれたボーナストラック的な印象が強い。色んな意味で空回りしている半熟作家こと雀宮快斗くんと、天然な”文学少女”が織りなす物語なので、ライトでおポンチな雰囲気を受けますが、心葉とは違うタイプのようで根っこの部分はよく似ている”半熟作家”と”文学少女”の関係は、在りし日の心葉と遠子先輩を見ているようで微笑ましい気分になりますね。

 そんな感じにライトでほんのりとノスタルジーを感じる作風の本書ですが、作者がこの物語をシリーズの最後に決めてたと公言するだけあって、ラストのラストでのギミックは素晴らしものでした。挿話集などでほとんどのキャラの伏線を回収したのに、一人だけ宙ぶらりんだった彼女の物語をここで繋げるとわ!(彼女の物語は彼女の物語で、これ以上なく綺麗に閉じてはいましたけど)。最後に物語を広げることにより、この上なくこの物語は閉じられたんだなぁと……多少は感傷的な気持ちになってしまいましたが、”文学少女”との出逢いで”半熟”の文字が取れ、一人前の作家の道を踏み出した快斗くんと、時が流れて”見習い”の文字が取れたかつての”文学少女”見習いの二人が、これから生み出していくであろう物語を幻視するのが、この物語なりの最後の贈りものなんでしょうね。

 なにはともあれ、これで”文学少女”シリーズも完結。野村美月先生、長い間お疲れ様でした。


・【感想】【ラノベ】"アクセル・ワールド〈8〉運命の連星
アクセル・ワールド〈8〉運命の連星 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈8〉運命の連星 (電撃文庫)
(2011/06/10)
川原 礫

商品詳細を見る

「着装…“ザ・ディスティニー”」“ISSキット”に侵された“シアン・パイル”ことタクムへ、自分の思いを伝えるべく対戦を挑んだハルユキ。しかし、破格の力を得たタクムの前に、為す術もなく倒れる。体力ゲージが残り数ドットとなったハルユキだが、謎の山吹色のアバターの誘いを起点に、“加速世界”最強の強化外装をジェネレートする。「…それが、“災禍の鎧”本来の姿かい?」光の力を得た“クロウ”と、闇の力に染まった“パイル”、二人の心意が強く共鳴し合い、そして、激突した。それぞれの想いが絡み合い、ひとつの大きな物語へと収束したその先にあるものは―。


 ああん……またいいところで引き……
いいところで引いても、翌週に続きが読めるジャンプ漫画じゃないんだから、もう少し気持ちのいい読了感で終わらしてくれてもいいのにと思わなくもない。特に二冊連続(引きって意味じゃ三冊連続)で似たような引きで終わったものだから、余計に感じますね。

 タクムとハルの戦いは、前巻であれだけヤキモキさせられたわりには、あっさりした感じで幕を閉じたといいますか、チユリを含めた三人の絆を深めるためのカンフル剤だったのだなぁと思わされました。この一連の幼馴染み騒動の真意は、心意のマイナス面の結晶というべき憎悪の象徴に囚われたハルを、タクムとチユリが解放するための前振りなんでしょうね。ハルに救われたタクムが、今度はハルを救うみたいな(まあ次巻への持ち越し課題だけど)。

 前巻同様“加速世界”の秘密に近づく重要ワードやネタが随所に散りばめられており、全貌が明らかになるにつれてキナ臭く黒いイメージを受けるブレイン・バーストですが、今巻に登場した、己の心傷と向き合い、それを乗り越えた先にある心意技の第二段階のような希望が織り込まれている点も見逃せない。どうもGM自体が、ブレイン・バーストをどのように扱うか? どのような方向性に向かわせるかは、必要最低限の指針以外はプレイヤーに委ねている気がしますね。まあそれにしても八神はムリゲだけどなw

 今巻で特筆すべきは、アッシュ・ローラーのひと言といいますか。アッシュ・ローラーフラグが色んな意味で立ちすぎていることでしょうね。次巻の展開次第だけど、アッシュには黒のレギオンに加入してほしいなぁ……そしてあれだけリアルを勿体ぶってる以上……正体はカワイイ女の子であってほしい。希望としてはおとなしい系の女の子で、地味な自分を変えたいって願望から、あんなファンキーなバーストリンカーになっちゃたみたいなベタ展開でたのむ! そしてレギオン全女の子がハルユキ好き好きフラグを実現するしかない! そらタクムも劣等感抱くわw

 ここ数巻は幼馴染み三人組との絆の物語が多い関係で、黒雪姫先輩の出番が少ないので、先輩も出番の際には、ここぞとばかりハルにアグレッシブ・ラブラブアタックをかましてくるあたりが、いぢらしいやらなんやらで、微笑ましいw ガンバレ! 黒雪姫先輩超ガンバレ!

 P.S.アッシュのことがあったといえ、あれだけの意志力をもったハルがあっさりと”災禍の鎧”の発現を許してしまったのは、嬲られるアッシュの姿がサフラン・ブロッサムの最期の状況に似ていることも無関係じゃないんだろうなァ。


スポンサーサイト
[ 2011/06/18 16:19 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
06 | 2017/07 [GO]| 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。