もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そうよ 約束は 「守らなきゃいけないもの」なんかじゃなくて きっと 約束は 「守ること決めた時」大切になるの

 
 みなさんお怒りのようで…(挨拶)
それより遙か以前に単品DVDを全巻(王位争奪戦まで、もちろん新品)を買ってしまった、わたくしめの怒りはどこにお持ちさせていただけばよろしいだろうか?メイビアの付き人よろしく、48の殺人技宇宙旅行で冥王星あたりまで投げ飛ばせばよろしいか?(月が邪魔する)
でも、後悔なんかしてないよ……宇宙野武士の軍師ヤマカーンの活躍が見れるのはアニメだけだから! バッファローマンの義兄弟ダーティーバロンの活躍が見れるのはアニメだけなんだからねッ!(ツンデレ化)


まさかの独身(30)ルートも!? PSP『とらドラP!』のイベントCGなど最新情報っ!!
 ちょっくら、とらドラ!の為に新型PSP買ってくるー!(買うぜぇ~!超買うぜぇ~!)
つーか記事のタイトル……ゆりちゃんいぢめ過ぎだろう。希望の後の絶望はよりでかいんだぜ。
しかしながら世間では、ゆりちゃんにはいつまでもそのままで居て欲しい的風潮があるのはなぜだろう。集合的無意識とかアカシックレコード的レベルで刻み込まれてるような。(だからこその独身。故に独神!)


熱血硬派くにおくん 音楽集
 !!!!!これは……
熱血硬派くにおくんと言えば今でも鮮明に覚えてるのが、ゲーセンで苦労してやっと最終面に行ったと思ったら、さぶ(ボス)のチャカで撃たれて即死アボーンしたこと。当時幼かった僕に、暴力はより巨大な暴力によって淘汰されるといふ大切なことを教えてくれた作品でもありました。
とりあえず購入したら2面の音楽を聴きながら、"750cc(ナナハン)ブチかまされたときと 同じだ―――だったらイケるぜ!!! "とか柴千春ごっこをしたいと思う。


エロゲにおける売上と評価の格差2008 - 売上≠評価、評価≠売上 -
 ふむん。意外に自分の評価と近いデータに驚いた。
必ずしも、売れる作品=高評価なわけでもなく、高評価な作品=売れる作品でもないと言うのはこの業界に付きまとうジレンマみたいなところがありますね。

このデータによると漆黒のシャルノスが人気の割に売れなかったことになるけど、ライアーって会社を考えるといつものことのような気がします。高評価でありながら売れてないって意味では、姉妹ブランドraiL-soft霞外籠逗留記なんかもそうですね。ここら辺はソフトハウスの宣伝不足ってより経営方針的な感じがします。宣伝費広告費などにお金をかけずとも、良い物を作って次作、次々作と確実にリピータを獲得する。固定客相手の商売な感じがします。

ここで注目すべきは、G線上の魔王るいは智を呼ぶコンチェルトノートあかべぇライン(姉妹ブランド含む)の作品群ですかね。G線上なんかは売り上げと人気の差異がほとんどなく予想通りな結果です。これは過去作(るーすぼーい&有葉ライン作品)の評価の積み重ねが実を結んだ結果と言えるでしょう。るい智、コンチェルについては処女作ではないものの、ソフトハウスのネームバリュー的にはマイナーで未知数なところがあったので、評価は高いものの、売り上げでは二の足を踏んだところが見受けられますね(それでもどちらも売上50位に入ってるのだから凄いと言えますけど)。両メーカー共に、2008年の頑張りによって、2009年は売り上げと評価の差異が減るデータになると思います(もちろん次回作以降のデキによりますけど)。
ここら辺の加速度的な勢いって意味では、あかべぇのラインは驚異ともいえますね。今年もこの勢いを維持して頑張っていただきたいところ。(でも、頑張りすぎて、おっぱいがいっぱいセットみたいなクリスマステロルは勘弁な!)

個人的にスマガは驚きの売れてなさとも思えますが、ニトロラインはそんなものなのかね?
固定客が多いって意味ではライアーと近いけど、ニトロは宣伝・広告はハンパじゃないんだけどねぇ。必ずしも高評価と高い営業力が売り上げに結びつくわけではない例ですね。老舗だけあってニトロ自体の固定客層が現状で飽和してるのかもしれません。単純に時代は燃えより萌えなのかもしれませんが。(スマガのライター下倉バイオ氏は、カルネヴァーレ→スマガと確実にランクアップしてるので、次回作以降報われてほしいですね)。

差異のない安定した作品を見るならば、超昂閃忍ハルカ 11eyes -罪と罰と贖いの少女-ef - the latter tale. てとてトライオン!で、メーカー的にも過去に高評価な作品を生み出してますし、宣伝的にも安定してた結果が実を結んだ気がします。(もちろん作品が良かったことが第一にありますけど)。

逆に売れてるけど、人気のない作品だと、つよきす2学期春色桜瀬が圧倒的。春色桜瀬については、まったく知らないのでなんとも言えませんが、つよきす2学期については記事元に書いてるとおり、コアなファン層から見離された結果でしょうね。完全に見限られないのは、この業界のファン層の優しさ(ひょっとしたら、もしかしたら)もあるんでしょう。
君が呼ぶ、メギドの丘も売り上げに対して評価が低いですけど、年末発売ってこともありデータは安定してない気もします。まあどちらかって言えば、差異は広がる方向に移行しそうな感じがしますね。キツイ言い方をすれば、既存のビックタイトル以外(ToHeartなど)のリーフ作品離れが始まりつつあるのかもしれません。
Maple Colors 2なんかも、発売が年末だった為、まだ変動するでしょうけど、それほど大きな変動はないでしょうね(売り上げが上がる方向には伸びると思う)。

FORTUNE ARTERIALについては流石と言うかなんと言うか……
やはりオーガストはメーカーがユーザーに対して真摯な態度で接していると言うか、作り込みとかはやっぱりハンパじゃないと思います。まあシナリオが飛び抜けてすばらしいかと言えば、それはまた別の話。八月ファンはよく訓練されてると揶揄されますが、そう揶揄させるメーカーの力と姿勢は素晴らしものだと思います。

ちなみに個人的2008年ベスト作品を挙げると、スマガ、るいは智を呼ぶ、ef - the latter tale.、とっぱら -ざしきわらしのはなし-、霞外籠逗留記がベスト5で、次点でてとてトライオン、コンチェルトノート、Maple Colors 2あたりですかね。傾向的に売れてはないけど、評価の高い作品が多いですね。

スポンサーサイト
[ 2009/01/19 13:35 ] 雑記 | TB(0) | CM(5)
>八月ファンはよく訓練されてると揶揄されますが

なるほど。
当時、八月の処女作(バイナリィ)と第二作(プリホリ)でヒロインが鳥居花音様だったのに飛びついて、以降の作品も花音様を起用してくれるに違いないと信じてた矢先に第三作(はにはに)のキャスティングを見て幻滅した俺は八月を早々に見限って正解だったわけですね。
未だに実家に八月の開放届いてるけど
[ 2009/01/19 21:14 ] [ 編集 ]
いあ、はにはにの頃ぐらいだと鳥居キャノンはアレじゃね?ぶっちゃけ鳥居側がノーモアじゃん!w 
八月については、あれは一種の固有結界だね。なんだかわからないけど買っちゃう!くやしいっ!みたいな。
[ 2009/01/19 21:48 ] [ 編集 ]
『キン肉マン』のコンプリートDVDは買うか買うまいか悩んで予約締め切り過ぎて諦めてたけど、50%offなら考えてみようかなと思ってみた。
キンケシも欲しいし…
[ 2009/01/19 22:36 ] [ 編集 ]
思いつき 勢い任せ えこひいき
だって ゆでだもの
みつお。
[ 2009/01/20 13:26 ] [ 編集 ]
OK!みんなの肉マン好きはよく判った。
思いつきはゆでに対しては褒め言葉だぜw

そして俺もキンケシ欲しかった…orz
[ 2009/01/20 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。