もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消えてゆく 過去の想い 長い旅の終止符を

 
 俺つば発売前夜…(挨拶)
あれ?ホントにでるの?嘘じゃないの?もう俺つばマダー?って言えないの?(発売されるんが不満なんかいッ!)
まあ、ここまで来たら後はもう貪るだけ、一匹のエロゲヲタとして皿まで舐め尽くす所存。


クリィミーマミ復活にファン歓喜! 太田貴子「デリケートに好きして」発売記念ライブ
 優は元気だよ~♪
懐かしすぎて鼻水出た……ちなみに俺はLOVEさりげなく


「マビノギ」シモンのランダムボックスリニューアルで新衣装登場
 ちょっとwebマネー買ってくるー!そんな安定顧客な俺。


・【感想】【ラノベ】
ベン・トー 3 (3) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-5)ベン・トー 3 (3) (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-5)
(2009/01/23)
アサウラ

商品詳細を見る

今巻も安定した面白さ。
前巻の帝王(モナーク)のキャラ立ちがイマイチだった分、今巻の双子(オルトロス)のキャラ掘り下げは丁寧にやってるので好印象。あと、いままでラブがアレなんで槍水先輩との距離をグッと縮めてみましたって感がありますね。まあヒロインとして壊れちゃってる白粉とあせびちゃんやデレのないツンな白梅さんは置いといて、著莪と槍水先輩と今回の双子(姉)あたりを絡めていけば恋愛方面でも面白くなっていく予感なので、この先の展開が楽しみ。
物語的には、双子(オルトロス)を軸に、今一度狼のあり方について顧みるってところが根底かな。かつての束縛されし動物(チェインアニマル)だった元ガブリエル・ラチェット頭目の二階堂連が、鎖から解き放たれた一匹の名も無き狼として行動してる様は前作から読み続けてる人間にとっては感慨もひとしおですね。つーか妙にキャラ立ちして主人公の洋を食ってる。二階堂のみならず名も無き狼の一人である茶髪の女なんかも妙なキャラ立ちをしはじめてるし、あらぬ方向にカッコよく、あらぬ方向に面白いのは、この作品特有の際立ち方。既存のなにものにもないイキオイを感じます。今巻のラストの月桂冠(特別な半額シールを貼られた最高の半額弁当)を巡って闘う狼たちの姿は熱くそして誇り高く読了後にある種の清々しさすら感じる。半額弁当巡って闘う話なのにカリオストロの城を観終わった後のような清々しさ。ここまで突き抜けてくれるともう言うことはない。あとはマンネリ化しないようにだけ注意して続刊以降も突っ走っていただきたい。

スポンサーサイト
[ 2009/01/29 18:44 ] ラノベ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。