もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

罰を背に浴びて 古傷が痛むから 心 傷深く 自縄自縛確実

 
 俺つばコンプ~♪(挨拶)
そして今日から俺はエルタリア住人になりますので、探さないでください。


・【感想】【エロゲ】
俺たちに翼はない -Limited Edition-俺たちに翼はない -Limited Edition-
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る

 発売したばかりだし、ネタバレ感想もなんなのでさらっと雑感風味で。
その実、お話、テーマにしても至極真っ当なモノだったりする。"それはきっと何処にでもある、ありふれた物語。"このうたい文句が穿ち過ぎだと思うぐらいには真っ直ぐなお話。まあ、それを魅せるためのアプローチが異常なだけでw
基本的に主人公達が各ヒロイン(おまえが厚生労働省か!を除く)に攻略されるお話ですね。主人公達の設定が異常なので救うより救われる方に流れていくのは自然な流れかと。
物語バランス的にみたら、テキストは冗長に思えるところもあるものの、これこそが僕らが6年求め続けた王雀孫テキストなので問題ないかと。まあ、それ散るの頃からの信者じゃなきゃ辛いところはあるかもしれません。まあ、正直LRさんのしゃべりは聞いてて、むしろこっちがDISってやりたくなったけどね。個人的にIWGP系は嫌いじゃないんだけど、さすがに登場回数が多いので、疲れたが本音か。

各章の話をすると1章は正直しんどいかもしれない。どう贔屓目にみても痛い系なんで、ここで挫折する人が多いかもしれませんね。喜怒哀楽の怒と哀がすっぽり抜けてる人間を主人公にした場合、引き籠もるための空想空間は、ある意味必然な自浄作用と頭では理解できるものの、滑稽さと痛さは表裏一体なんで読んでいてしんどくなってはきます。あえて食いつきの悪いこの話を一番始めに持ってきたのは、冒険のようにみえますが、ここの痛さで挫折するようでは、先で耐えられなくなる配慮もあるんでしょうね。

二章は王先生全開のテキスト。
ノリの軽い主人公に脇を固める魅力的なキャラたち。それ散るファンが待ちに待っていた王テキスト。
狩男マスター、紀奈子さん、ヒノエリ、タマヒヨ、カケルくんの日常会話が楽しすぎる。一番普通に恋愛エロゲ展開してるので安定感がありますね。ただ、紀奈子さんが攻略できないと言う酷いバグがありますがw

三章はさっきも言ったとおりIWGP。
エロゲ主人公的には一番理想に近いかな。武闘派で自分をハードボイルドと思ってる2.5枚目。しゃべり方うざいキャラが沢山でてくるものの、基本的にバカで気持ちのいい連中ばっかなので楽しくプレイできました。メインヒロインのホウメイこと鳳鳴は王シナリオとCV籐野らんのハイブリットフュージョンによって大変愉快な生き物になっております。ただ、アリスとコーダインが攻略できないと言う致命的なバグがありますw

四章……キチ●イ
サイコではないキ●ガイ。既存のなにものにもこのルートの主人公を形容することが出来ないって意味でも既知の外。対応するヒロインが居ないのも当たり前。コミュニケーション不全ではなくコミュニケーションが取れないんだもん。

この後、選択肢によって各ルートの主人公の個別ルートに入っていくわけですが、後半は比較的まともな流れで進んでいきますね。各ヒロインたちの可愛さも後半部分によるところが大きいと思います。
1章の明日香なんかは後半ルートに可愛らしさが開花すると言ってもいいでしょう(なにげに一番明日香が可愛いのは小鳩ルートの駄姫モードだったりするけど)。ちなみに真・ヒロインは小鳩だったりしますが、小鳩ルートは他のルートのヒロインがみんな面白可愛くて困るのが難点と言えば難点。後ろ髪を引かれる意味で。さっきから散々とこのキャラが攻略できないバグがあるとか冗談で言ってますが、そう思わずには居られないぐらいサブヒロインもメインヒロインも魅力的なんだもん。それこそ男キャラすら魅力的。

しかしまあピーキーな作りにしたもんだ。加点式でいけば100点越えるし、減点式でいけばマイナス突入するし……儲かアンチしか生み出さない作品ですよ。もし100人に採点求めたら、最終的に平均点で50点ぐらいになるじゃないかな。あと、エロゲ的なH観点からの評価は諦めてください。無理です。フェラシーンでさえ咥えるCGはないほどです。Hシーンはピロートークを愉しむものだと割り切りましょうw
西又先生の絵は個人的には苦手ですけど、まあ馴れてきましたよ。それなりに。作中でハリューが全部同じ顔ジャン!と身を張ったギャグしてましたけど、ハリュー同様に没頭すれば萌るようになってきます。
個人的にはもう満腹なぐらい愉しんだし、今年初のエロゲがこの作品で良かったと思える作品でしたね。そして何年後でもいいんで、ファンディスクを作って欲しい作品ですね。とりあえず、ざーっとした雑感なんでほとぼり冷めてからネタバレありで感想を書くかもしれません。

最後に購入を考えあぐねてる人の参考になるかどうか判りませんが、既存の作品の作風で一番近いものをあえて挙げるとしたら、それ散るではなく最果てのイマかなと思います。イマ好きな人なら作風は合うと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/02/06 22:42 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
09 | 2017/10 [GO]| 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。