もっ~と!大人のジャーマン

吹き矢3級の戯言雑記 (リンクは御自由にどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

確かなものは何も ここには無いと解った うつろうこの世界 何を信じて生きればいい?

 
 真マジンガー衝撃 Z編の今後の展開に望むこと!(挨拶)
とりあえずですね、番組後半にDr.ヘルがマジンガーZを解析して作り上げたデビルマジンガーを登場させて、Dr.ヘルの息子・不動明がパイロットして搭乗。兜甲児操るマジンガーZと激闘を繰り広げる。こんな展開でどうですかね今川監督? どうも…もう豪ちゃんマジン・サーガの続き描く気なさそうだから…orz


陵辱系ゲームソフト、製造・販売が禁止に ~コンピュータ・ソフトウェア倫理機構
 はぁ…こんな感じに世間が騒いでるし国からもお願いされちゃったからとりあえず販売禁止にしよっか? はぁ、そーすっねぇ、しょうがないですねぇ……ノリ的にはこんな感じではあるけど。声高らかに反対しても、やぶ蛇になりかねないし、他メディアへの波及とかを考えると、長いものには巻かれろ的対応に成らざる得ないのか。アーベルの中の人が言うように"決してマジョリティではないだろうから、世間と折り合いを付けていくしかない"と言うのは確かにあるんでしょう。今回の動きについても、そもそものソフ倫の行政指導や逮捕者を出さないという自主規制団体の理念に則った処置ではあるので反対はし難かったってのもあるんでしょうね。腹の内では色んな思いが渦巻いてるだろうけど……。
とはいっても、とりあえず具体的な規制のガイドラインが決まるまでは現状静観ってところなかな? 規制の内容次第によっては、反対意見を出すメーカーとかも出てきそうではあるけど、時代のニーズに合わせて形態を柔軟変えていくことは商売にとって必須スキルであり、それが出来ないようでは滅びるしかない。個人的にはそこまでバカな業界ではないと思っているし信じてもいるので、それほど混乱もなく収まるところに収まるのではないのかと思っている。最終的には陵辱系という言葉と名称だけが表舞台からは消えて表現の幅は狭まるものの、依然として残っていくのではないかと思っている(多少、楽観的ではあるけども)。
あと、ソフ倫がダメならメディ倫に移行ってもあるかもしれないけど、少なくともメディ倫にもなんらかの波及はあると思う。(そもそも、そんなに簡単に移行できない世の柵もあるけど)。

今回の一番の害悪は、とりあえず臭い物に蓋をするだけの処置を取らざる得ない方向に圧力をかけた国の偉い人ですね。陵辱系ゲーを禁止しただけで、性犯罪が無くなると思ってるならそーとうおめでたい脳構造だ。そもそもが変な話ではある、中古陵辱ゲーを輸入して、お宅の国は性的暴力を助長してます今すぐ改めなさい!と言った余所の国の人権保護団体のクレームに一々と反応する方がどうかしてる。じゃあ逆に誰かが海外の無修正ポルノなどを仕入れて(違法行為ではあるけど)、お宅の国の性描写は日本に比べて乱れているのでモザイクをいれなさい!と抗議したところで、まかり通るのかよ?と聞きたい。国レベルでの要請でもあるまいし外圧とか以前の馬鹿馬鹿しい話。まあ、中古とはいえ国内販売を前提とした倫理基準の作品を、簡単に海外の人間が購入できるAmazonのシステムもどうなの?と言いたいところではあるけど。なんらかの安全弁ぐらいもうけろよ。そこら辺も踏まえて、ぶっちゃけ対外的な処置ならば海外輸出についての規制を設ければいいだけの話なのになんでこんなに大事にするかねぇ。
今回の一連の事件は陵辱系ゲームソフト、製造・販売が禁止といった結果よりも、対外的な面目躍如のために、なんでもホイホイと規制すればいいと勘違いしてる人たちのあり方が問題。嫌な言葉だけど思想侵略とかは今回のような出来事の延長線上にあることじゃん。嘆かわしい。


・【感想】【エロゲ】
花と乙女に祝福を 初回版花と乙女に祝福を 初回版
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る

 感想と言うよりは雑感。最初に思ったことは……おとボクと恋楯は偉大だったなァ…と。
けして花と乙女に祝福をのデキが悪いと言うわけではないのだけど、先達の作品群を前に後発組としての進化的なものはみられず、良くも悪くも女装潜入作品テンプレ通りな作風。主人公があまりにも精神的に女の子すぎて、せっかくのおにんにんキャラの持ち味が殺されているところも一因してるかな。主人公の声がまきいづみさんってのも、ある意味違和感の一端を担っているのかもしれない。(双子の妹はGJなんだけど)。ここまで来るといっそ百合ゲーにしちゃいなYO!と思ってしまう。それと深く考えちゃいけないとは思うんだけど、病弱な双子の妹の代わりに変装して、女子校に通うってのはいいんだけど……主人公は自分の学校に行かなくてもいいのかねぇ?それともNEETか? そこら辺の説明がある種清々しいぐらいまったく無いのもどーかとw
ジャンル的に鉱脈が掘られ尽くされたところがあるのかもしれませんが、コレ!といったオリジナリティが欲しかったなぁと思う次第。

スポンサーサイト
[ 2009/06/03 12:08 ] ゲーム | TB(0) | CM(5)
まぁ、陵辱系ゲーに対しての規制は多少出てくるだろうけど、コミケをはじめとした表現の場が存続する限りは、無くなくなりはしないだろうねw
[ 2009/06/04 00:26 ] [ 編集 ]
 まあ陵辱ゲーについては多少致し方ないところもあったと思う。
結局、メーカー側から反対意見が出なかったも、少なからず規制されても仕方ないなって意識と思いがあったってところもあるでしょうから。どれだけ言葉を飾ったところで道徳的にイリーガルはイリーガルですから。

ただ今回の問題はある程度必要悪なところまでに波及してしまいかねないことと、なんでもかんでも規制規制でおっしゃられてる表現の場自体が無くなってしまいかねないことなんですよね。
そういった意味では、今回の事件事態も悪いことばかりではなく、手遅れになる前に見直すことができたと、とらえるこもできますね。創作は自由で素晴らしい表現の場ではありますが、自由自律って言葉があるように自らを律さないことにはそれこそ自由ではなく暴力です。それでは規制だけすれば済むと思ってる人達の思うつぼです。
制作者も消費者もそこら辺のことを今一度考え直さなければいけない時代になってきたのでしょうね。
[ 2009/06/04 02:43 ] [ 編集 ]
とはいっても
ロリータモノも規制が掛かって数年したら、うやむやのうちに元通りに。
そういったところは日本ゆるゆるなんですよね、そのうちまた良くなるさ。
また、ダブルスタンダートなことを平気で言うのは、彼等らしい思考ではありますが。
それはさておき、一番被害をこうむると思われる黒細工の行方や如何に!w
[ 2009/06/04 14:35 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです。

>デビルマジンガーを登場させて、Dr.ヘルの息子・不動明がパイロットして搭乗。
俺も1話見た段階でその展開になるんじゃないかと思いましたw
ZマジンガーではDr.ヘルはヘルギガンテスだし、マジン・サーガの展開はありうると思いますねw
真マジンガー衝撃 Z編は本当に面白いです。

>陵辱系ゲームソフト、製造・販売が禁止に
なんか、日本禁煙学会の「スカイ・クロラの喫煙シーンについて」を思い出しましたね。
http://d.hatena.ne.jp/kaien/20080819/p3

まあ、スカイクロラは「キルドレ」と称される不老不死の「こども」がタバコ吸ったり、酒を呑んだり、娼婦を買ったり、戦闘機にのって人を殺すアニメなんだけど、禁煙学会は「タバコの件以外ではすぐれた映画」と言ってるんだよね。
まあ、そのときはタバコだけが問題でいいのかよwって爆笑したんだけど。

今回の「陵辱系ゲームソフト、製造・販売が禁止」も同じで問題はそこだけなのか?って話になりますよね。
そこを突き詰めて全部ダメってなると表現の自由が無くなるし、かといって放置すれば表現の自由がエスカレートしすぎて社会的に問題のある作品があふれかえるし、非常に難しい問題だと思います。

個人的にはなるようにしかならないと思いますが、これを機会に様々な立場の人が様々な意見を言って現状を見直す一歩になればいいと思います。

などと言いつつ、デスクトップのアイコンを見直すとエロゲのアイコンが55個もあった(汗
これ、どうしようw
[ 2009/06/04 21:30 ] [ 編集 ]
ふきにゃ
光宗さん
黒細工は演出上なところがあるので、そこまで規制されるとキツイところがあるのかなぁ。まあアプローチ変えて出来ないことはないでしょ。

天京院さん
真マジンガー衝撃 Z編は往年の豪ちゃんファンからすれば楽しすぎる作品。マジンサーガネタも良いけど、盲目の黒人空手家に兜甲児が肩車されて戦うバイオレンスジャック・マジンガーも見たい気がするw

たしかにスカイクロラは煙草だけの問題じゃないけどw
あっちがその他について高い評価を受けるれるのはアングラじゃないからってところもあるんでしょうね。言い訳にはならないけどアングラ気質のエロゲではそこら辺の評価を偉い人たちに一切期待できない。ある意味、最初から好意的な眼でみてないと敷居は高いジャンルではありますから。まあほんとにおっしゃるとおり見直す時期にきてたのでしょうね。
[ 2009/06/06 20:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ふきにゃ

Author:ふきにゃ
エロスとカオスと人外ロリをこよなく愛するマシーネン・アーリア人。

ついったー
<
カレンダー
07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
お買い物メモ
アソシエイトじゃないよ。単なる買い物メモ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。